薬剤師クイズの解答06-02 20200319

吸入薬の中でも対象薬が限られています。どの薬が対象の範囲外でしょうか。

Q. 2020年改定で新設の吸入薬指導加算において、対象ではない吸入薬は?

A. オルベスコ(デバイス:インヘラー)
B. エクリラ(デバイス:ジェヌエア)
C. リレンザ(デバイス:ディスクヘラー)
D. アノーロ(デバイス:エリプタ)

解答:C. リレンザ(デバイス:ディスクヘラー)

吸入薬指導加算の算定要件は「喘息又は慢性閉塞性肺疾患の患者であって」となっています。

インフルエンザ治療薬のリレンザやイナビルは加算の対象外となるようです。

薬剤師のための「学べる医療クイズ」

他にも薬剤師向けのクイズをやりたい方は、m3.comの「薬剤師のための「学べる医療クイズ」」が実践的でオススメです。

Q.肺炎の初期に投与すべきでない抗菌薬は? 

A.ペニシリン
B.セフェム
C.ニューキノロン
D.クラリスロマイシン

Q.アレジオンLX点眼液とアレジオン点眼液の異なる点は?

A.濃度が2倍になり、1回の点眼が1滴で良くなった。
B.濃度が2倍になり、点眼回数は半分の1日2回で良くなった。
C.濃度が2倍になり、従来通りの1日4回点眼でより高い効果が得られるようになった。
D.濃度はそのままだが、粘稠性を高めることで1日2回の点眼で良くなった。

Q.同じ有効成分の薬の組合せで適応症が異なるのは?

A.アムロジンとノルバスク(アムロジピン製剤)
B.リフレックスとレメロン(ミルタザピン製剤)
C.ペンタサとアサコール(メサラジン製剤)
D.ボノテオとリカルボン(ミノドロン製剤)
E.シングレアとキプレス(モンテルカスト製剤)

などなど、実務で使える知識を得ることができます。

閲覧には会員登録が必要ですが、無料で登録できるため、会員でない人は登録してから閲覧してみてください。

新規の会員登録の場合は以下の情報を入力します。

<m3.comで登録する情報>
・好きなログインID、パスワード、氏名、生年月日、性別、メールアドレス
・医療資格(「薬剤師」を選択)
・勤務先名と都道府県

クイズ以外にもm3.com利用のメリットをまとめると以下の通り。

<m3.com登録メリット>
無料で利用可能
・薬剤師16万人以上が登録
・業界の最新ニュース・コラムを閲覧可能
・薬剤師掲示板が利用可能
・3.comポイントを貯めるとamazonギフト券などと交換可能
<デメリット>
・メルマガが来るようになります(ただし、受信拒否は可能)。
・無料なので、その他には特にデメリットはありません。

m3.comの公式サイトへ→m3.com 公式登録ページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする