薬剤師が使うべき退職代行は法律事務所

近年の話題の退職代行ですが、薬剤師でも使うか検討している人もいるでしょう。

今回は薬剤師で退職代行を使用する場合の注意点をまとめてみました。

薬剤師は退職トラブルが少なくない職種

薬剤師は退職にまつわるトラブルは少なくありません。

その理由の一つに高年収で人出不足でもあることが挙げられます。

高年収であるため、企業側は十分な貢献をしてくれてない状態で退職されるのを嫌がります。また、中途で雇う場合には年収に応じて手数料がかかるため、中途で補充するのも企業としては避けたいという点があります。

そして薬剤師は現状も非常に人手が不足している職種であるため、代わりを確保するのにもかなりの労力を要します。

このような背景があり、薬剤師は退職の意思を示しても、すぐにやめられないケースも多く、その結果、退職に際してトラブルになるという事もあるという状況です。

薬剤師の退職代行は必ず弁護士資格のある業者に

前述のような理由から、薬剤師の退職においても退職代行を利用するのは選択肢の一つとなります。

ただし、退職代行を利用するにあたり、必ず注意しておきたい点があります。

それは、必ず弁護士が担当する退職代行業者を利用することです。

退職代行業者の中には、弁護士の資格がない人が担当者となる業者もあります。

退職がスムーズに行く場合は、弁護士でなくても問題ないケースもありますが、前述の通り、薬剤師は退職に際してトラブルになるケースが少なくない職種です。薬剤師の人件費は金銭的な面でも企業側に大きな負担があるため、退職が簡単に行くと考えるのは危険です。

もし退職に際してトラブルが発生した場合、対処できるのは弁護士の資格がある人です。

仮にトラブルが発生しなかった場合でも弁護士に任せておいたほうが、法律面等で後々メリットがあるとうケースもあるため、必ず弁護士資格を持った担当を当ててくれる業者を選ぶようにしましょう。

法律事務所に依頼するのが安心

薬剤師の退職代行においては、前述の通り弁護士資格がある担当者を当ててくれる業者を選ぶようにしますが、一見すると弁護士が担当しているのかわからないケースもあります。

そうゆう意味では、「法律事務所」として標榜している業者に依頼するのが安心でしょう。

代表的なものとして「汐留パートナーズ法律事務所」があります。

近年、退職代行にも力を入れている法律事務所であり、退職代行以外の法律案件も扱っているため、弁護士さんの経験という点でも安心できます。

退職代行の費用は一般的に5万円前後であることが多いですが、汐留パートナーズ法律事務所の着手金は税込で54,000円となるため、高くも安くもないという価格ですが、法律の専門事務所にお願いするということを考慮すると、比較的良い費用感と言えそうです。

悩むなら登録だけでもしておくと良い

退職に関して悩んでいる場合や、業者の選択に迷う場合は、登録だけでもしておくことをお勧めします。

というのも、実際に話を聞いてからのほうが実感がつかみやすいですし、電話での軽い相談であればまず費用を請求されることはありません(少なくとも今回紹介している業者は法律全般の業務をしている業者なので安全です)。

また、大変な状況が続いてしまって、ストレスや疲労がピークに達した状態になると、退職代行に登録する気力すらも失ってしまう可能性があります。

退職代行に登録しておくことで、自分がストレスや過労で倒れてしまう前に、速やかに退職という選択肢を持つことができます。

登録フォームを入力するのは1分程度ですので、心の余裕がある今のうちに下記のリンクから登録だけしておくようにしましょう。

 汐留パートナーズ法律事務所 公式登録サイト→退職代行サービスプロモーション

コメント

タイトルとURLをコピーしました