登録販売者の転職はハローワークと転職サイトどちらが良い?

4. 登録販売者

今回の記事では登録販売者の転職の際に、ハローワークと登録販売者転職サイトのどちらを使うと良いか、という点についてまとめています。

登録販売者の転職の際にどちらを利用するか迷う場合など参考にしてみてください。

ハローワークはどんな特徴がある?登録販売者の転職でのハローワーク

ハローワークは公共職業安定所と呼ばれる厚生労働省が管轄を行っている施設の総称です。

会社を自らの考えの中で辞めた人やリストラなどにより退職を強いられてしまった人など、求職に関するサポートを担う機関です。求職中の賃金を保証する目的で失業保険の給付を行ったり、職業相談を受けることができます。

登録販売者の転職でハローワークを選択する際には、求職申し込みを施設に対して行うことで職業紹介や履歴書の書き方のレクチャーなど、施設が用意しているサービスを活用することが可能です。

なお、退職をした人の場合は雇用先から離職票を受け取ることになるので、これを受け取ったら速やかに手続きを済ませれば失業手当の給付および職業紹介の形で活用することが可能になります。

ハローワークを利用するメリットとデメリット

ハローワークを使って登録販売者の求人を探すメリットには、職員と直接対面で相談ができることが挙げられます。

施設内に設置されている端末を使い応募したい会社を見つけたときなど、相談窓口にいる職員と話をして応募ができるようになっています。

デメリットとしてはハローワークが取り扱っている求人は紹介状を貰わないと応募することができない点などがあります。ただし、手続きを済ませておけばいつでも紹介状を書いて貰うことは可能です。

登録販売者転職サイトはどんな特徴がある?

登録販売者転職サイトは登録販売者の求人に特化している転職サイトを意味します。

一般的な転職サイトの場合は、様々な業種のお仕事を掲載してあるのでその中から登録販売者の仕事だけを絞り込むと求人の数が少ないケースもあります。

その点、登録販売者転職サイトには登販の求人に特化しているため、登販資格の求人の数は一般的な転職サイトよりも多めです。

また、転職サイトを運営しているエージェントは求人を出しているドラッグストアや薬局に精通しているケースが多いので、ミスマッチになるような転職を防げるメリットもあります。

サイトの利用は基本的に無料であり、求人に応募したいときなどは担当者の方を介してドラッグストアや薬局などにコンタクトを取ってもらえ、サイト内で応募ができるといった仕組みを持ちます。

登録販売者転職サイトを利用するメリットとデメリット

転職サイトを利用するメリットとして、求人票だけではわからない内部の情報を教えてもらえたりすることが挙げられます。

実際に働いてみないとどのような人がその職場で働いているのか、具体的な情報は分かりません。

しかし、転職サイトの担当者の方によっては、職場の雰囲気や昇給の有無、昇給がある場合にはどのくらいアップするのか、などの直接は聞きにくいような情報も担当者から教えてもらえるケースもあります。

また、基本的には自宅にいながら利用できるたるためハローワークのように何度も通う手間もありません

転職サイトによっては同時に何件かの案件を同時進行で進めてくれたりするため、非常に対応もスピーディです。

デメリットは多くはありませんが、担当者の方もなるべく転職を成功させたいため電話含めたこまめな連絡が来るケースもあります。

在職中であったり転職の決心が決まりきってない時は、このこまめな連絡がわずわらしく感じる可能性がありますが、基本的にはデメリットはほとんどないと言えるでしょう。

どちらか迷う場合は登録販売者転職サイトがおすすめ

ハローワークを使うべきかそれとも登録販売者転職サイトを使うべきか迷ったときには、登録販売者転職サイトを利用するのがおすすめです。

ハローワークの場合は様々な業種の職業相談ができる反面、施設まで足を運ばないと紹介状を書いて貰うことできませんし、混雑している時間帯に出かけると待たされる時間も長くなりがちです。

ネットを使って求人検索はできても基本的に応募するときにはハローワークまで出向かないとなりません。

一方、登録販売者転職サイトは自宅で仕事探しができると同時に応募もその場でできるなどのメリットをもあります。

また、近年は求人を出すドラッグストアや薬局側も転職サイトを重視しており、良い求人が集まりやすくなっています。

質の高い求人を揃える登録販売者転職サイトも増えているため、まずはこれらの転職サイトを利用してみるのがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました