登録販売者の転職の注意点まとめ

4. 登録販売者

この記事では登録販売者における転職時の注意点についてまとめています。

これから転職を考えている人などは参考にしてみてください。

自分の中でスケジュールをきっちり決めておく

より良い転職をするにはスケジュールをしっかり決めておく必要があります。

特に注意する点として退職日と入職日であり、これは自分の中でしっかりと決めておく必要があります。

退職日ははっきり決めておかなければ引き止められてズルズル働くことになる可能性もあります。人手不足や人材確保の悩みを抱えているドラッグストアや薬局は多いので、引き止められることは少なくありません。

自分で明確に退職日を伝えて変更しないように気をつけておかないと、新しい職場に移るギリギリまで働くことになったり、思うように転職活動を進められなかったりする恐れもあるため自分の中ではっきりさせておきましょう。

入職日に関しても新しい職場にしっかり伝えられるようにはっきりと決めておく必要があります。

曖昧なことを伝えると働く意識が低いと思われたり、転職の採否にも影響する可能性があるためしっかり伝えられるよう決めておきましょう。もちろん新しい職場の意向もあるため、入職日はある程度融通を利かせられるスケジュールにしておくことも意識しましょう。

条件面は優先順位をつけて決めておく

転職において給与や休日などの条件面も重要ですが、これらの優先順位も自分の中ではっきりさせておきましょう

自分の望む条件が全て叶う職場が見つかることが最も理想的ですが、全部希望通りになることはほとんどありません。そのため、優先する条件を明確にしておくことが転職成功のカギとなります。

あらかじめ決めておきたいことは、給与面や勤務時間、休日などの待遇面、勤務地や職場の雰囲気などです。効率的に進める例としては、紙などに書き出した後に自分が最も重視したいものから順番に番号を振っておき、転職先を探すときは優先順位が高い条件を満たすことができるかどうかチェックするのも良いでしょう。

大切な部分を蔑ろにしてしまったり、咄嗟に正しい判断ができなかったりすることを防ぐためにも、あらかじめ整理しておくことが大切だと言えます。

職場見学をできる場合は積極的に行く

職場見学をできるのであれば、積極的に見学させてもらうのが良いでしょう。

どこも似たような雰囲気だろうと考えたり、募集情報で何となくイメージが分かる気がするということも多いでしょう。また、忙しくて行く気になれない、せっかくの休みを潰したくないなどと考える人もいるはずです。

しかし、実際に職場見学を行うと実際に働くイメージが湧きやすいのがもちろん、自分の中の転職に対する意識も変わってくる可能性があります。

1日も早く転職したいと思えるようになるかも知れませんし、逆に今の職場も悪くないかもと思いとどまる可能性もあります。

何れにしても職場見学に行くことで転職のステップを一つ進められる可能性があります。

あまり気が乗らないという場合でもとりあえず申し込み、行動してみるのがおすすめです。

情報収集を積極的にやっていく

転職サイトなどを利用する場合でも受け身になりすぎず、自分なりの情報収集をしっかりするのも重要です。

求人情報は毎日のように新しいものが掲載されたり、掲載が終了したりしています。最初に軽く情報収集をしておいたからそれで良いと考えず、転職先が決定するまでには積極的に収集を続けていくべきです。

条件に関して分かりにくい書き方になっているケースもあるかもしれませんが、自分の中で都合の良いほうに解釈してはいけません。他の求人サイトに違った書き方がされていないか探してみたり、どうしても分からない部分は問い合わせて聞いたりすることも大切です。

情報収集不足や勘違いによって、希望に合わない場所に転職することになる人もいます。未来の自分のためにきちんと情報を集め、納得できる転職になるようにしておきましょう。

登録販売者の転職サイトを積極的に活用する

近年では登録販売者の転職でも専用の転職サイトを利用するのが一般的となっています。

幅広い業種の募集が掲載されている一般転職のサービスを利用する人もいますが、登録販売者の専門サイトのほうが求める情報を手に入れやすくなり、担当者の方も登録販売者転職が専門となるため、転職活動で心強いサポートが得られます

担当者のサポートだけでなく、登録販売者転職サイト内には志望動機や自己PRの書き方、面接の対策、さらに実務で役立つようなコンテンツなども充実しているケースが多いです。

自分の転職の成功率を少しでも上げるため、積極的に登録販売者転職サイトも活用するようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました