登録販売者の主な転職先|ドラッグストア以外では何がある?

4. 登録販売者

今回の記事では登録販売者の資格を活かして働くことができる転職先についてまとめました。

登録販売者の資格を活かしながら従来と異なった新しい職場を考えている場合など参考にしてください。

調剤薬局事務

登録販売者の転職先として、定番のドラッグストア以外では調剤薬局事務も人気の転職先です。

メインは処方箋の受け取りから処方入力の作業となりますが、近年はOTCを取り扱っている調剤薬局も非常に多くなっているため、これらの販売も担うことになります。

調剤薬局事務をやる上ではもちろん登録販売者の資格は必須ではありませんが、近年は事務に登録販売者の資格を推奨する調剤薬局チェーン店も多く、登録販売者の資格を持っていると給与面などでの待遇が良くなったり、優先的に採用してもらえるケースも多いです。

薬剤師さんが調剤している待ち時間に患者さんから簡単な健康相談など受けられるケースもあり、登録販売者の資格を生かせる場面は多くあります。

調剤薬局事務のその他の仕事として、レセプト処理や処方薬の納品・検品、調剤補助の業務を担うケースもあり、ドラッグストアできなかった経験を積めることも多く店舗数も多いため魅力的な転職先の一つと言えます。

コンビニエンスストア

最近ではコンビニでも登録販売者の活躍の場が広まっています。

大手コンビニの中でも医薬品を取り扱うチェーン点が増えており、医薬品を取り扱っている店舗では当然登録販売者を募集しています。

通常のコンビニ店員さんよりも時給や月給が高く設定されているケースが多く、給与面を重視する場合は悪くない転職先と言えます。

中には一般的なコンビニ業務の一部も兼務する必要がある店舗もありますが、人と接するのが好きな人は向いている職種とも言えます。

実際に医薬品を扱っているコンビニはまだ一部の店舗のみですが、今後はさらに増加してくることが予想され身近な転職先になる可能性があります。

スーパー・家電量販店など

スーパーや家電量販店も、今では登録販売者の転職先と言えます。

スーパーや家電量販店でも医薬品のブースを設けている店舗が増えており、これらの店舗では登録販売者を採用しているケースが多くあります。

コンビニと同様、他のスタッフよりも給与面で優遇されているケースも多いため、身近なスーパーや家電量販店などで働きたい場合は求人をチェックしてみるのも良いでしょう。

スーパーや家電量販店で働くメリットとしては福利厚生が充実していることが多い点も挙げられます。

社員割などでスーパーや家電量販店で買い物をできるのは他にはないメリットと言えるため、検討してみるのも良いでしょう。

製薬会社

他の職種とはやや異なりますが、製薬会社についても登録販売者の転職先の候補と言えます。

OTCを製造・販売している製薬会社であれば、登録販売者の資格を持っている点はプラスであり、営業職などで転職している人もいます。

ドラッグストアや薬局での働き方とは大きく異なり、いわゆるサラリーマン的な職種なので向き・不向きも分かれるところですが、今までと違ったことをやってみたいという人には魅力的な転職先です。

注意したい点として、製薬会社は求人自体が少ない点とライバルが多く採用されるまではややハードルが高いと言えます。

また、登録販売者としての実務期間に製薬会社で働いている期間は含まれないため、この点も注意しましょう。

独立するケースも|ドラッグストアなどを自分で開業するケースもあり。近年はフランチャイズ形式も増えており開業のハードルは下がっている

最後に紹介するのが転職として独立するパターンです。

ドラッグストアや薬局などを自ら開業して経営者として働くといったやり方などがあります。

登録販売者として積んだ経験を生かしつつ、自分の裁量で色々なことを決めていくため、自分で考えながら仕事をしたいという人には向いている選択肢と言えます。

独立と聞くと敷居が高いように感じますが、近年はフランチャイズ形式の業態も多く開業のハードルは下がっているといえるでしょう。

実際に登録販売者から経営者として独立している例も決して少ないわけではなく、高い意思を持っていれば十分転職における一つの選択肢と言えるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました