登録販売者で働くのがつらいと思う理由と解決方法

4. 登録販売者

今回の記事では登録販売者が辛いと感じる原因と原因別の解決策の例をまとめています。

今の仕事が辛いと悩んでいる場合などは参考にしてみてください。

上司や同僚との人間関係が辛い

人間関係の問題はどの職場でも最も起こり得る悩みと言えます。

登録販売者の仕事は日々の業務をスムーズにこなしていくためにも上司や同僚との役割分担など関係性が非常に重要となります。

多くの登録販売者が働くドラッグストアや薬局などの職場は男性も一定数いるものの、女性の比率も多く女性社会となっているケースも少なくありません。限られた空間での仕事で同僚との相性が悪いとトラブルが発生する恐れがあります。

またシフト性で仕事をする場合はよく組む同僚と相性が悪いと仕事に行くことが辛くなってしまうといったケースがあります。

多くの人が経験する辛さであり確実な解決法がありませんが、職場で信頼できる同僚を一人でも見つけると状況を改善できるケースも少なくありません

信頼できる同僚経由で人間関係が改善するケースや、悩みを聞いてもらうだけでも気持ちが楽になることもあります。

職場の人間関係は必ずしも全員と仲良くなる必要はありませんが、ある程度自分から積極的にコミュニケーションを取り、気が合う同僚を見つける努力はする価値が高いと言えます。

お客さんや患者さんとの接し方がわからない

登録販売者の方でも中にはもともと人と接するのが得意でなく、お客さんや患者さんと思うようにコミュニケーションが取れないという人もいると思います。

また、人とコミュニケーションを取るのが得意だと思っていた人でも、いざ仕事してお客さんや患者さんと接してみると、一人一人どうやって接していけばいいのかわからず悩んでしまうというケースも少なくありません。

接客業に豊富な経験がある人だったとしてもお客さんや患者さんは一人一人異なる対応が必要となることもあり、どれだけ経験を積んでも時に悩ましく思えるケースもあります。

こういった悩みはまず上司や同僚など、職場の仲間に相談をしてみてアドバイスをしてもらったりするのが一般的ですが、その他にも意外と多いのが時間が解決してくれるケースです。

お客さんや患者さんはふとしたきっかで態度が変わったり、そもそも急に来店・来局しなくなるケースもあります。コミュニケーションがうまく取れなかった人とも少しずつ話せるようになるということも少なくありません。

もちろん登録販売者としての知識を増やし成長し続けることは必要ですが、時には肩の力を抜いて時間が解決してくれるのを待ってみるのも良いでしょう。

自分の知識やスキルが不足していると感じる

登録販売者は高いレベルで知識やスキルが求められる職種の一つです。

登録販売者の試験に合格しても実際の現場レベルでは知識が不十分なケースがほとんどです。

また、コミュニケーションスキルやお客さんや患者さんが抱える問題を解決できるようなスキルも必要とされます。

これらが不足していて登録販売者が辛いと感じるケースもありますが、このパターンでは日々の勉強で少しずつ解決できる可能性も十分あります

知識やスキルは急には向上するものではありませんが、日々の業務で自分の課題となる部分を見つけ、それを一つずつクリアしていくことで改善できることも多いので継続して取り組んでいくことを意識しましょう。

一方で、明らかに自分のスキル以上の成果を求められるようなケースでは、上司や責任者レベルの人と話し合う必要がある場合もあります。

このケースでは自分の努力だけでは改善できないので、自分の知識や能力が不足しているだけなのか、それとも無理難題を押し付けられているのかを冷静に見極めることも忘れないようにしましょう。

仕事量が多すぎる、体力的に厳しい

登録販売者の仕事は少なからずお客さんや患者さんの健康に影響を与える仕事であり、ルーチンワーク的なものやイレギュラーな対応が必要なことなど、やるべきことや対応するべきことは多くあります。

他の職種と比べて大変かどうか一概には比較できませんが、少なくとも楽な仕事とは言えないでしょう

店舗によっては従業員数が十分に足りていないことで、1人が休むだけで店舗が回らなくなり有給などの申請がしづらくなるなど、十分な休みがとれないことで体力的にも続けていくのが辛いと感じる登録販売者も少なくありません。

このような場合、まずは自分の仕事量が適切なのか客観的な意見をもらうのも重要です。

例えば違う職場で働いている登録販売者さんと意見交換したりすると自分の職場環境がどうなのか、と言った点を客観的に知ることが大事です。

客観的に考えて明らかに仕事量が多いと感じる場合は、正直に上司に伝え環境改善を訴えるのも一つの方法です。

また、必要性が低い業務を見直してみたり、効率性を考えた提案なども立場にかかわらずやっていくことも心がけるようにしましょう。

意外と同僚も同じ意見だったという可能性もあるため、自分のできる範囲でやってみるのも良いでしょう。

ある程度アクションをとっても全く改善できない場合は転職を考える

仕事環境の改善をするために、上司に相談をするなどある程度アクションをとっても状況が全く改善できない場合は転職を考えるのも一つの方法です。

店舗の方針やしきたりを急に変えるの現実的には難しいケースも多いです。また、人間関係の悩みが解決できないからといって必ずしも自分が悪いわけでも、登録販売者に向いていないわけでもありません。

近年では登録販売者の資格を生かせる職種も増えており、自分が何を本当にやりたいのか見つめ直すきっかけとして転職を考えるのも悪くないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました