転職先を確定させる前にやっておくべき3つのこと

今回は転職活動において、転職先を確定させる前にやっておきたいことをまとめました。

①転職先の職場をこっそり視察に行く

これはぜひやっておくのがおすすめです。

面接の際に実際に職場を見学する機会があるケースもありますが、その場合は見学される側も構えており、普段の業務実態を見れない可能性があります。

また、閉局時間が決められていても、実際はそれより遅くまで開けているなんてことも少なくありません。

転職先の職場をこっそり訪問し、普段の職場の雰囲気や閉局時間通りに店舗が閉まっているかなどを確認しておくのが良いでしょう。

②知人などから転職先の情報を集める

薬学部時代の友人などで薬局業界に詳しい人がいれば、必ず転職先候補の会社の評判を確認しておくようにしましょう。

実際の業務に従事している人でなければ知らない業界情報などを知ることができる可能性があります。

実はあそこはブラック企業であるとか、知人が体調不良で退職したのを知っているなど、思わぬ情報を得られる可能性があります

転職を考えていると事情を話せば大抵の人はもっている情報を教えてくれるので、連絡の取れる知人がいれば転職先を確定させる前に情報を集めることを心掛けましょう。

③さらに好条件の転職先がないか最終チェック

今の転職先候補よりもさらに好条件の転職先がないか確認しておくのも重要です。

転職してから、実はあっちの職場の方が条件が良かったと後悔しないために、今の転職候補先の求人条件が本当に適切な水準のものかチェックする意味でも非常に重要です。

好条件の求人確認に使えるサイト

今の転職先候補と比較するため、好条件の求人を確認するサイトとして向いているのがファルマスタッフです。

その理由として以下の点が挙げられます。

  • 求人情報が5万件以上であり、求人件数が業界トップクラス

ファルマスタッフは求人情報が業界トップクラスの多さであるため、幅広い求人を比較することができます。

  • 母体が大手の日本調剤であり、特に調剤薬局の好条件の求人を多く取り扱っている

ファルマスタッフの母体は調剤薬局会社の大手である日本調剤であり、高い信頼性があります。また、特に調剤薬局やドラッグストアの求人で好条件のものが多いです。

  • 勧誘が強引という感じはないため、とりあえず登録だけする場合に適している

他の薬剤師転職サイト同様、登録後に電話面談を行いますが、それ以降はメールだけの連絡を依頼すると、そこまで勧誘が積極的にはきません。他の転職サイトのようにとにかく電話攻めにあうという心配はないでしょう。

薬剤師の転職サイトというと、マイナビ薬剤師リクナビ薬剤師、m3.com運営の薬キャリなどの方が知名度が高いかもしれませんが、ファルマスタッフはこれらのサイトと比較しても、求人件数や求人の質は劣らず、むしろ勝っている点もあります。また、勧誘が強引でない点から、とりあえず登録だけして、求人情報の比較をしたいという場合にも向いています。

担当者に、転職先が決まりかけているが、他にも良い条件の会社がないかチェックをしたい、と直接伝えても問題ありません。

ファルマスタッフの登録方法

他の薬剤師転職サイトと同様、登録ページから基本情報を入力するだけです。

当然、無料で利用することができ、登録も簡単に終わるので、転職先を確定させる前に登録だけして求人情報の最終チェックをするようにしましょう。

ファルマスタッフ登録ページ→薬剤師の求人・転職のことならファルマスタッフ

タイトルとURLをコピーしました