薬剤師クイズの解答

疑義照会が必要かも

Rp.1)ジャヌビア50mg 1錠
分1 朝食後  30日分
Rp.2)アジレクト1mg 1錠
分1 朝食後  30日分
Rp.3)アミティーザ24μg 2cap
分2 朝夕食後 30日分
 主訴)

・便秘はまだ続いている。薬続けて様子みるよ。

・腰も痛い状態が続いてて、整形で痛み止めのカプセルが追加になった。

・最近トイレに起きる回数が多くて。尿が出るのも少し時間がかかるかな。

解答)

気になるのは、整形の痛み止めですね。

カプセルと言うと近年ではリリカ、サインバルタの可能性もあります。

問題はサインバルタだった場合。

パーキンソン病治療薬のアジレクトは脳内のモノアミン総量増量のリスクから、SNRIとは併用禁忌であり、サインバルタも該当します。

整形で追加になった「痛み止めのカプセル」の詳細を確認した上で、必要に応じて疑義照会が必要でしょう。

新しい薬剤であるアジレクトはパーキンソン病の患者さんには比較的使いやすいとされている薬剤ですが、併用禁忌が多く飲み合わせには注意が必要な薬剤です。

また、サインバルタは以前は精神科の薬でしたが、近年は整形領域でも処方が増えているため、注意が必要な薬の一つです。腰痛以外でも、糖尿病性神経障害などにも使われるため、気をつけていきたいですね。

薬剤師のための「学べる医療クイズ」

他にも薬剤師向けのクイズをやりたい方は、m3.comの「薬剤師のための「学べる医療クイズ」」が実践的でオススメです。

m3.comのサイトメニューから、「ニュース」→「薬剤師コラム・特集」を選択すると「薬剤師のための「学べる医療クイズ」」が閲覧できます。

Q.骨粗鬆症を合併する患者に推奨される降圧剤はどれか?

A.ベニジピン(コニール)
B.トラセミド(ルプラック)
C.トリクロルメチアジド(フルイトラン)
D.エナラプリル(レニベース)

Q.併用や長期連用時の副作用に注意が必要な漢方薬は?

A.葛根湯
B.大建中湯
C.呉茱萸湯
D.八味地黄丸

Q.ニフェジピン服用中にグレープフルーツ1個食べた際の影響は?

A. 果実であれば影響しない
B. Cmaxが1.1倍
C. Cmaxが1.4倍
D. ジュースと同様、Cmaxが1.9倍

などなど、実務で使える知識を得ることができます。

閲覧には会員登録が必要ですが、無料で登録できるため、会員でない人は登録してから閲覧してみてください。

m3.comの会員でない場合は登録してから閲覧

m3.comの会員でない場合は、会員登録を済ませると解答を閲覧できます。

新規の会員登録の場合は以下の情報を入力します。

<m3.comで登録する情報>
・好きなログインID、パスワード、氏名、生年月日、性別、メールアドレス
・医療資格(「薬剤師」を選択)
・勤務先名と都道府県

なお、職場のパソコンや共用のパソコンで、登録履歴や閲覧履歴、ログインIDなどの記録が残ることを避けたい場合は、ブラウザの機能であるシークレットモードを利用した登録もできます。

関連記事:職場のパソコンで履歴を残したくない場合はシークレットモードで

 

m3.comに登録すると「学べる医療クイズ」以外にも以下のようなメリットがあります。

<m3.com登録メリット>
無料で利用可能
・薬剤師16万人以上が登録
・業界の最新ニュース・コラムを閲覧可能
・薬剤師掲示板が利用可能
・3.comポイントを貯めるとamazonギフト券などと交換可能
<デメリット>
・メルマガが来るようになります(ただし、受信拒否は可能)。
・無料なので、その他には特にデメリットはありません。

上記のようなメリットがあるので、薬剤師であればこのタイミングで登録を済ませておくのがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました