抗うつ薬の種類と一覧|作用機序の違い、使い分けについても

抗うつ薬の種類と一覧をまとめました。作用機序の違いや使い分けについても確認していきます。

抗うつ薬の種類と一覧

主な抗うつ薬の種類と一覧は以下の通り。

最近はもっぱらSSRI、SNRI、NaSSAが使われている印象。

昔から薬を使用している人や本当に専門の先生が処方する場合は、三環系や四環系、トラゾドンも使われている印象。あとは自己負担が少ない方が良いという理由の人もたまに。

分類 一般名・成分名 主な製品名
SSRI フルボキサミン デプロメール
ルボックス
パロキセチン パキシル
セルトラリン ジェイゾロフト
エスシタロプラム レクサプロ
SNRI ミルナシプラン トレドミン
デュロキセチン サインバルタ
ベンラファキシン イフェクサー
NaSSA ミルタザピン リフレックス
レメロン
三環系抗うつ薬(第一世代) イミプラミン イミドール
トフラニール
クロミプラミン アナフラニール
アミトリプチン トリプタノール
ノルトリプチリン ノリトレン
トリミプラミン スルモンチール
三環系抗うつ薬(第二世代) ロフェプラミン アンプリット
アモキサピン アモキサン
ドスレピン プロチアデン
四環系抗うつ薬 マプロチリン ルジオミール
ミアンセリン テトラミド
セチプチリン テシプール
トリアゾロピリジン系抗うつ薬 トラゾドン デジレル
レスリン

❕付録:薬剤師クイズ 〜疑義照会が必要かも〜❕

70代男性、以下の継続処方あり。

Rp.1)ジャヌビア50mg 1錠
分1 朝食後     30日分
Rp.2)アジレクト1mg 1錠
分1 朝食後     30日分
Rp.3)アミティーザ24μg 2cap
分2 朝夕食後    30日分

主訴)
・便秘はまだ続いている。薬続けて様子みるよ。
・腰も痛い状態が続いてて、整形で痛み止めのカプセルが追加になった。
・最近トイレに起きる回数が多くて。尿が出るのも少し時間がかかるかな。

上記の患者さんで疑義照会が必要な可能性があります。

抗うつ薬の作用機序

抗うつ薬は主にシナプス間隙のセロトニン、ノルアドレナリンなどのモノアミン濃度を高めることで発揮される。

SSRIはセロトニンを、SNRIはセロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害することで抗うつ作用を発揮する。

NaSSAはα2自己受容体遮断、α2ヘテロ受容体遮断によるノルアドレナリン、セロトニン遊離の増加、5-HT2及び5-HT3受容体の阻害による、5-HT1受容体の活性化によって抗うつ作用を発揮する。

三環系も基本的にはセロトニン、ノルアドレナリンの再取り込み阻害、四環系はα2受容体の阻害とノルアドレナリンの再取り込み阻害。

トラゾドンはセロトニンの再取り込み阻害と5-HT2受容体の遮断作用。

抗うつ薬の使い分け

近年は基本的にSSRI、SNRI、NaSSAが第一選択的に使われている。

SSRIとSNRIの使い分けは正直箇々の先生の感覚的なところよる場合が多い気がする。

NaSSAも好みという話もよく聞くが、とある文献では抗ヒスタミン作用もわずかにあるため、鎮静を要するケースが向いているという話もあるようです(文献1)。

三環系は少し副作用が多い印象。四環系は効果がいまひとつという感じ。トラゾドンは睡眠薬も兼ね備えている印象。これらで副作用の問題が大きくなく効果もよければ、あえてSSRI、SNRI、NaSSAに変える理由もない。薬価も安いし患者側にもメリットがある。

SSRI間の使い分けとして、フルボキサミンは禁忌に注意が必要、パロキセチンは離脱症状に注意、セルトラリンはバランスが良い、エスシタロプラムはより純粋にセロトニンのみがターゲットになるという感じ。フルボキサミンの禁忌は特にチザニジン(テルネリン)、ラメルテオン(ロゼレム)に注意が必要

SNRI間の使い分けはミルナシプランは少し作用が弱い、デュロキセチンは結構いろいろなところに作用する、近年整形領域でも使用される印象、ベンラファキシンはしっかり効く印象。

文献1:抗うつ薬の使い分け ドクターサロン57巻6月号(5. 2013)

より詳しい情報はポータルサイトでも

今回の記事のような、薬剤師の専門情報はネット検索でもなかなか見つからなかったりします。

より詳しくまとまった情報は、薬剤師のポータルサイトを活用するのも選択肢です。

無料で使える大手の薬剤師ポータルサイトだとm3.com日経DIの2種類が有名どころですね。

m3.comは業界ニュースの他にも、薬剤師掲示板の機能があり、通常のネット検索では見つからないような情報、他の薬剤師の考えなども知ることができます。

閲覧だけでも勉強になりますが、もちろん自分で質問をして回答をもらうこともできます。

m3例

上記はm3.comの薬剤師掲示板の一例です。

日経DIも業界ニュースが読みやすい形で配信されています。こちらは薬剤師掲示板の機能はありませんが、処方薬辞典など使いやすいコンテンツがあります。

ちなみに登録完了までは、1〜2分かかるので、正直少し面倒くさいです。勤務先とかも入力する必要があるので。

しかし、今やらないと後ではもっとやる気にならないので、メリットを感じる場合は今、登録しても良いでしょう。

デメリットとしては、ニュースメールとかが来るようになります。登録するメールアドレスはご注意ください。

勤務先情報を登録しますが、勤務先に電話とかがかかってきたり、本人確認が来ることはないでその点は安心してください。

薬剤師掲示板が便利/m3.comの登録ページへ移動する

 

01 精神
ヤクサキ 薬剤師その先へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました