02 事務・調剤報酬・レセプト

漸増・漸減投与の調剤料、レセプト請求について

漸増投与、漸減投与の際の調剤料、レセプトについて注意点をまとめました。 同じ成分であれば1剤として計算 平成28年4月より、同一成分であっても同一剤型が複数ある場合は「その数にかかわらず1剤として算定する」とされています。 したがって...
03 循環器

納豆は血液をサラサラにするけどワーファリンの効果は阻害する

患者さんから相談されることがありますが、上記のタイトルって確かに矛盾がありますよね。 納豆自体で血液をサラサラにするけど、同じ血液をサラサラにするワーファリンを使っている時に納豆を食べるとその効果を阻害する。確かに、理論的な人が考えると、...
03 法規・ルール

湿布薬の制限について|1処方で70枚を超えるものはコメントを

湿布薬の枚数制限についてまとめてみました。 湿布薬は1処方あたり70枚まで すでに周知の事実だと思いますが、こ存じの通り湿布薬は70枚という制限が定着しています。具体的には2016年の診療報酬改定で導入された制限です。 この70枚まで...
17 漢方

ツムラ漢方薬|1日量が7.5gでないイレギュラーなもの|9g、15g、10.5gのものは

ツムラの漢方薬について、1日量が7.5g出ないイレギュラーなものをまとめてみました。 ツムラの漢方薬はほとんどが1日量7.5g ツムラの漢方はご存知の通り、ほとんどが7.5g/日となっています。 ただ、たまに9gや15gなどのイレギュ...
01 薬剤師実務

粉砕・半割の可否|ムコダイン、ポリフル、カロナールなど

粉砕や半割についてきになる薬をまとめました。 ムコダインの粉砕・半割 特にムコダイン500は錠剤が大きい。割と患者さんに割って飲んでいいかとか聞かれますよね。 ムコダインはフィルムコーティング錠なので、粉砕はおすすめできない。ドライシ...
03 法規・ルール

疑義照会の記録と書き方

疑義照会の記録と書き方についてまとめてみました。 疑義照会の内容は処方箋、調剤録、薬歴に 疑義照会は薬剤師法第24条に明記されている疑わしい点を確かめる行為であり、薬剤師の義務となりますが、これの記録に関しても定められており、処方箋、調...
02 事務・調剤報酬・レセプト

服薬情報等提供料の算定要件と点数|タイミングや様式、電話の可否、同意取得とかかりつけの可否など

服薬情報等提供料の算定要件と点数、タイミング、様式、電話の可否、同意取得、かかりつけの可否などをまとめてみました。 服薬情報等提供料の算定要件と点数 服薬情報等提供料は30年の改定で点数が見直され、医療機関からの求めがあった場合は30点...
02 事務・調剤報酬・レセプト

外来服薬支援料の算定要件、算定事例など|一包化加算との兼ね合い、レセプト請求のポイントなど

外来服薬支援料は、地域支援体制加算の要件にも組み込まれ、重要度が増してきている加算ですが、他の加算よりも曖昧な点も多く、自由度も高いものであり、実際に算定する際に迷うケースも多くあります。 今回は外来服薬支援料について、算定要件と点数、算...
02 事務・調剤報酬・レセプト

服用薬剤調整支援料の概要と注意点、コツなど

服用薬剤調整支援料は平成30年4月の改定で新たに診療報酬として新設された項目です。 この服用薬剤調整支援料の概要、注意点などをまとめてみました。 服用薬剤調整支援料の算定要件 服用薬剤調整支援料の定められている内容は以下の通りです。 ...
15 皮膚科

ヒルドイドの一般名とジェネリック

薬剤師なら一度は調剤するだろうヒルドイドですが、以外とジェネリック変更、一般名処方で迷うケースがあるので整理してみました。 ヒルドイドの種類 ヒルドイドの種類は現在全部で5種類あります。 ・ヒルドイドソフト軟膏0.3%(発売:1996年7...
タイトルとURLをコピーしました