薬剤師の転職で企業の臨床開発職に就くには?新薬の開発の職種に就く裏技はあるか

企業の職種の中でも新薬の開発に携わる臨床開発職は人気の職種の一つです。

薬剤師の転職で臨床開発職になるための方法などについても考察してみました。

企業の臨床開発職とはどの様な仕事か

臨床開発職は、未承認の新薬の治験を進めて、有効性や安全性を確認し、新薬を世の中に送り出す仕事を担います

新しい薬は患者さんが待ち望むものであることもあり、企業の中でも非常にやりがいのある魅力的な職種の一つと言えます。

具体的な仕事として、以下の様なものがあります。

・開発企画業務:治験の計画を立てたり、全体の進捗の統括など

・モニター業務:各医療機関への治験の依頼や説明、ここの症例データの収集など

・データマネジメント業務:収集した症例データのクリーニング、コーディング、再確認の依頼など

・統計解析業務:収集したデータの効果や副作用の解析など

・安全性管理業務:副作用データの収集、必要に応じて当局への報告、現場への注意喚起など

・ライティング業務:治験の結果の文書作成、当局提出資料の作成など

・チェック関連業務:治験の手順のチェックや、文書のチェック業務など

・当局対応業務:当局との折衝や文書の提出、スケジュールの調整など

新薬の治験は非常に多くの費用がかかる業務であり、企業の中でも比較的多くの人員がさかれている部門と言えます。

未経験の薬剤師が臨床開発職に転職できるか

前述の様に比較的多くの仕事がある臨床開発職ですが、新薬の開発という企業の中でも花形の仕事である職種のため、企業内でも非常に人気の高い職種となります。

他の部門からの異動希望も少なくないと考えられるので、社内からの人員補充でもあまり困らないでしょう。

開発職は同職種間の転職も比較的活発です。このため、社外から人員を補充する場合も、開発職の経験者が採用される可能性が高いでしょう。

また、開発職は新卒でも人気の職種であるため、欠員が出ても新卒で補充するケースも十分に考えられます。

以上のような点から、開発職を未経験である薬剤師の方が、臨床開発職に転職できる可能性は高くありません

薬剤師免許が必須の職種でもありませんので、薬剤師以外の優秀な人材も集まっている職種です。

未経験の転職組が入り込む余地はあまりないのが現状です。

未経験の薬剤師が開発職に就く裏技は

では、未経験の薬剤師が企業の臨床開発職に就くにはどうしたら良いでしょうか。

裏技的な手法の一つとして、比較的開発職に近い職種に転職して、そこから社内の異動で開発職に就く、という方法があります。

未経験の薬剤師でも転職できる企業の職種はいくつかありますが、その中でもPMS(post marketing surveillance:市販後調査)関連の職種が挙げられます。

PMS部門は決して人気が高いとは言えない職種ではありませんが、ある程度現場の薬剤師の知識や経験も活かせる職種です。そして、臨床開発部門と近い位置関係にある職種です。

PMS関連の職種とは、具体的には企業のGPSP部門もしくはGVP部門のことです。

GPSP部門は調査の企画、データ収集、データマネジメント、統計解析、ライティング、チェック業務、当局対応など、多くのことが臨床開発業務と重なります。

GVP部門は副作用情報の収集、解析、報告などの他、薬のRMP(リスクマネジメントプラン)を作成しますが、このRMPの作成には臨床開発部門と共同で作業をします。

これらの仕事内容の詳細については以下の記事を参考にしてください。

薬剤師の転職で企業に行きたい|MR以外で狙い目の職種はPMS部門

この様な点から、PMS部門は臨床開発職と多くの関わりがあり、社内でも臨床開発職に異動しやすい部門です。

企業によっては、同じ部門として区切られているケースもあり、そのような場合は、部署長の一存で新薬開発の仕事に回してもらえる可能性もあります。

以上の様に、未経験の薬剤師が企業の臨床開発職に就く方法として、PMS部門にまずは転職するという手法があります。

企業への転職を狙うならマイナビ薬剤師

企業への転職を狙う場合は、転職サイトとしてマイナビ薬剤師を利用するのが良いでしょう。

その理由として、以下の点があげられます。

①経営母体が圧倒的な大手企業であり高い信頼感がある

②薬剤師の企業求人が多い

①については、あまり説明は必要ないでしょう。マイナビを知らない人の方が少なく、高い信頼感があり、利用する上で心配することはあまりありません。リクナビも同じくらい知名度がありますが、内定辞退の件があったので、今はマイナビの方が良いでしょう。

そして、②が特に重要であり、薬剤師が企業に転職する上で利用するべき転職サイトは、薬局やドラッグストア以外の企業の求人が多いサイトです。

どんなに素晴らしい転職サイトでも企業の求人が少なければ、企業に転職できる可能性は低くなってしまいます。

その点、マイナビ薬剤師は、ほぼ全ての職種の求人を扱っているマイナビが母体の会社です。薬局やドラッグストア以外の求人も多く集まってくる転職サイトであり、企業に転職したい薬剤師には最も向いている薬剤師求人サイトと言えるでしょう。

人気求人は非公開のケースが多い|登録は今すぐしておく

薬剤師から企業に転職したいという希望者は意外と多いです。

したがって企業の求人は人気が高いのですが、この様な人気求人は非公開求人としてるケースも多く、転職サイトに登録しないと知ることができないようになっています。

また、非公開求人は人気が殺到するため、すぐに埋まってしまう傾向があります。

企業の非公開求人となると、求人数も多くないため、早めに登録をしておいて、求人が出されたタイミングですぐに申込める状態にしておく必要があります。

仮に今すぐの転職を希望しない場合でも、登録だけはしておいて、希望の求人がいつきても良い様に備えておきましょう。

マイナビ薬剤師公式登録サイト→マイナビ薬剤師

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする