ドラッグストアから調剤薬局への転職の志望動機・転職理由と例文

1. 転職・職場

志望動機・転職理由の例のうち、ドラックストアから調剤薬局へ転職するケースです。

同じ店舗業間の転職であり、こちらも比較的多いケースと言えます。

専門性の高い処方薬を専門に扱える点が魅力

ドラッグストアから調剤薬局に転職するパターンで最も志望動機・志望理由になり得るのは、市販薬をメインとして扱う業務から、より専門性の高い処方薬をメインとして扱う業務に変わる点でしょう。

調剤併設のドラッグストアで調剤にも関わっている、というケースもあるかと思いますが、調剤専門の薬局に転職すれば多くの時間で処方薬を扱うことになるでしょう。

薬の専門家である薬剤師として、より専門性の高い処方薬をメインとして扱いたいという点をアピールしましょう。

転職候補先が不安な場合

転職候補先に不安がある場合は、念のため、客観的な意見も聞くのが良いでしょう。

もし特定の転職サイトを使って、転職候補先を見つけている場合、その転職サイトの担当者だと、デメリットの部分を説明してくれていない可能性も有ります。

そのような中で客観的な意見を聞く方法は、別の転職サイトの担当者に、現在の転職候補先の職場の待遇が業界の水準とずれてないか、その会社の悪い噂などがないかを確認する方法です。

例を挙げると、調剤の転職先で意見を聞くとしたら、調剤の登録件数が多いファルマスタッフがおすすめです。→ファルマスタッフ

正直、面倒くさい方法ですが、転職先を決めてから後悔するよりは、先にやっておいたほうが安心して転職を進めることもできるため、少しでも不安がある場合はおすすめです。

薬のことに集中してより高度な知識を身につけられる

ドラッグストアでは市販薬以外にも生活雑貨なども取り扱うことが多く、薬にかかわらない時間が多い、薬の知識を広げる時間がない、などといったこともあり得るでしょう。

薬剤師として、薬のことをもっと知り、専門的な知識を身につけたいという点もアピールポイントと言えるでしょう。

ドラッグストアでの経験も大いに活かせる点をアピール

ドラッグストアからの転職の場合、接客の技術や市販薬の知識は、転職後そのまま調剤薬局でも活かせる経験や知識と言えます。

これらのことを活かしつつ、薬剤師としてさらに専門的な技術や知識を身につけていきたいという形でアピールしましょう。

ドラッグストアから薬局へ転職の志望動機・転職理由の例文

上記のようなポイントを抑えた志望動機・転職理由の記載例を挙げてみます。

 

私はドラッグストア勤務を通じて、多くの患者さんと触れ合い生活の助けや健康の維持に貢献してまいりました。

しかし、ドラッグストアで取り扱う医薬品はいわゆる市販薬の一般用医薬品であり、より専門性の高い医療用医薬品にも関わっていきたいと思い、今回の転職を考えるに至りました。

調剤薬局の薬剤師として、専門性の高い薬剤を患者さんに確実に届けることを通じて患者さんの健康維持に貢献したいという思いを持っております。そのために、より多くの知識を身について、調剤の技術についても学んでいきたいと考えております。

また、ドラッグストア時代に身につけた患者さんとのコミュニケーション能力や、一般用医薬品の知識についても多いに活かしつつ、患者さんに最適な医療を提供できるよう努力していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました