2. 薬剤師の仕事

薬剤師の仕事についてまとめていきます。

02 事務・調剤報酬・レセプト

服薬情報等提供料は電話の相談・問い合わせで算定できる|同意の取り方は

服薬情報等提供料について電話の相談・問い合わせについてと、同意の取り方について確認していきます。 服薬情報等提供料は電話の相談・問い合わせで算定可能 服薬情報提供料ですが、電話の相談や電話の問い合わせでも算定は可能と解釈できます。 ...
03 法規・ルール

メトホルミンの一般名とジェネリック|メトグルコとグリコラン

今回は注意したい一般名シリーズのメトホルミンについて。 先発はメトグルコとグリコランですが、実はこの2つ結構違う点があるんですよね。 一般名の違いとジェネリックについて確認していきます。 メトホルミン製剤の先発はメトグルコとグ...
03 法規・ルール

頓服の回数制限や上限などについて|レセプトは切られる?

頓服薬の回数など、頓服の周辺のルールについてまとめてみました。 頓服薬の回数の上限に関するルール 頓服薬の回数上限に関しては、現状も明確な制限や上限はない、というのが結論のようです。 旧厚生省の通知で、「屯服薬は、1日2回程度を限...
03 法規・ルール

減数調剤の処方箋の内容と算定できる加算などについて

2018年より導入された減数調剤の制度ですが、まだ浸透しきっているとは言い難い状況であり、減数調剤の処方箋が突然来るとビックリしますよね。 今回は減数調剤について確認しておきます。 減数調剤の法的な根拠|処方箋の記載内容 減数調剤について...
02 事務・調剤報酬・レセプト

漢方薬の食後の処方はレセプト通る?個別指導は?

漢方薬でたまに見る食後処方について、レセプトや個別指導などを確認していきます。 漢方薬で食後の処方が来た場合は疑義照会する? 結論としては用法の範囲外なので疑義照会するのが正解と言えるでしょう。 ツムラの葛根湯を例にすると、用法用量は以下...
03 法規・ルール

薬局で領収書と明細書を患者さんに渡すのは義務?

薬局で投薬すると、領収書やら明細書やら渡すものが多く出てきますが、これらを要らないという患者さんも少なくありません。 そもそも領収書や明細書を渡す法的根拠は何でしょうか。 ということで、領収書やら明細書について掘り下げていきます。 領収...
03 法規・ルール

基礎的医薬品は変更調剤ができる?リンデロンの例と2020年の主な具体例

処方箋が来てジェネリックか先発なのか調べようと思ったら、どっちの区分も掲載されていないケースがたまにありますよね。 局方品というケースもありますが、中には基礎的医薬品であるケース(リンデロンVGなど)もあります。 平成28年度薬価改定か...
02 事務・調剤報酬・レセプト

同日に同一医療機関からの処方箋を2回持ってきた場合の受付回数や調剤基本料は?2020年版

たまにあるケースとして、一人の患者さんが同じ医療機関から1日2回処方箋を出してもらうパターンです。 このケースの場合の処方箋の受付回数や調剤基本料について確認していきます。 基本的には受付回数を1回とする 結論として、同一医療機関から同日...
02 事務・調剤報酬・レセプト

妥結率とは?薬局の妥結率の意味をわかりやすい内容で|計算方法と提出、調剤基本料の減算についても

薬局における妥結率について、わかりやすい内容で確認していきます。 計算方法や提出、調剤基本料のペナルティなどについてもまとめました。 薬局における妥結率とは?その意味をわかりやすい内容で言うと そもそも妥結率ってなんだろうと思う薬剤師も多...
02 事務・調剤報酬・レセプト

外来服薬支援料は一包化から抜くときは算定できる?

今回は外来服薬支援料について、一包化から抜くときも算定できるかという点を確認していきます。 外来服薬支援料は一包化から抜くときは算定できるか 結論として、算定しない方が良いと思われます。 理由として、令和2年3月5日保医発0305第1号の...
タイトルとURLをコピーしました