閉経後乳癌治療薬のアロマターゼ阻害薬の一覧と使い分け

閉経後乳癌治療薬のうち、比較的外来でも処方される頻度が多い、アロマターゼ阻害薬についてまとめました。

閉経後乳癌治療薬アロマターゼ阻害薬の一覧

閉経後乳癌治療薬として使用されているアロマターゼ阻害薬の一覧は以下の通りです。

一般名・成分名 主な製品名 国内発売年
アナストロゾール アリミデックス 2001年
エキセメスタン アロマシン 2002年
レトロゾール フェマーラ 2006年

いずれも発売から10年以上経過しており、ジェネリック医薬品も発売済みです。

年単位で継続するため、経済的な面も考慮する必要がある薬と言えます。

全て1日1回1錠が用法用量となります。アロマシンのみ、食後が指定されています。

いずれも規格は1種類のみ。

薬価はアリミデックス1mgが403.6円、アロマシン25mgが384.7円、フェマーラ2.5mgが505.9円となっています。

アロマターゼ阻害薬の作用機序

閉経後の乳癌の発生や成長の原因となるエストロゲンは、主にアンドロゲンから変換されて生成される。

アンドロゲンからエストロゲンに変換する際の変換酵素がアロマターゼであり、これを阻害することで、閉経後の乳癌の発生や成長を抑制する。

アロマターゼ阻害薬で骨粗鬆症が問題になりやすい理由は

エストロゲン自体が骨量を保つ働きをしている。

アロマターゼ阻害薬の使用により、アンドロゲンから変換されるエストロゲンが減少すると、骨量のバランスが崩れ、骨粗鬆症を引き起こしやすくする。

なお、アロマターゼ阻害薬と骨粗鬆症治療薬のSERMの併用は、福岡県薬剤師会のQ&Aだと推奨されないとされている(福岡県薬剤師会)。

その他、有名な副作用はほてりやのぼせなどのホットフラッシュ。血液中のエストロゲンが少なくなることにより、体温調節がうまくできなることが原因。

アロマターゼ阻害薬の使い分け

分類すると、アロマシン(エキセメスタン)はステロイド型で、アリミデックス(アナストロゾール)とフェマーラ(レトロゾール)は非ステロイド型。

アロマシンの方はステロイド系の副作用が懸念されるが、実際の頻度を見てみると、アリミデックス、フェマーラとそう変わらない。

効果も特に差がないという論調が一般的。

強いて挙げると、アリミデックスは相互作用の注意喚起が全くないので、その点は特徴の一つと言えるかも。

使い分けはおそらく処方医の好みの部分が大きい。

実際に処方されるのはやはりアリミデックス(アナストロゾール)が一番多い感触がある。

調剤報酬改定2020の詳細は薬剤師ポータルサイトでも

2020年4月から新しい調剤報酬がスタートとなります。

より詳細な情報を確認したい場合は薬剤師のポータルサイトなどでわかりやすく解説しています。

大手の薬剤師ポータルサイトだと以下の2種類が有名どころです。

m3.com:エムスリー株式会社が運営
日経DI:株式会社 日経BPが運営

どちらも会員登録をすると基本は無料で利用できますので両方に登録するのがおすすめです。

m3.comは業界ニュースの他にも、薬剤師掲示板の機能があり、個々の加算の具体例や、現場の薬剤師が疑問に思うことなどが日々議論されています。

閲覧だけでも勉強になりますが、もちろん自分で質問をして回答をもらうこともできます。

日経DIも業界ニュースが読みやすい形で配信されています。薬剤師掲示板の機能はありませんが、処方薬辞典などこちらも使いやすいコンテンツが無料で使えます。

m3.comで登録する情報>
・好きなログインID、パスワード、氏名、生年月日、性別、メールアドレス
・医療資格(「薬剤師」を選択)
・勤務先名と都道府県

日経DIで登録する情報>
・メールアドレス、パスワード、氏名、生年月日、性別
・医療資格(「薬剤師」を選択)
・勤務先名、住所、連絡先
・国家資格取得年 等

どちらも無料で簡単に登録できるので試してみてください。

m3.comの登録ページはこちら

日経DIの登録ページはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする