ヒルドイドの一般名とジェネリック

薬剤師なら一度は調剤するだろうヒルドイドですが、以外とジェネリック変更、一般名処方で迷うケースがあるので整理してみました。

ヒルドイドの種類

ヒルドイドの種類は現在全部で5種類あります。

・ヒルドイドソフト軟膏0.3%(発売:1996年7月8日)
・ヒルドイドクリーム0.3%(発売:1954年10月1日)
・ヒルドイドローション0.3%(発売:2001年7月9日)
・ヒルドイドゲル0.3%(発売::1988年10月1日)
・ヒルドイドフォーム0.3%(発売:2018年9月13日)

一番馴染みがあるだろうソフト軟膏は意外と3番目の発売、次に使われているだろうヒルドイドローションも割と新参者の4番目、最近はあまり使われなくなったクリームが一番の古株です。

そしてヒルドイドゲル、今使う人いるのかな。

ヒルドイドフォームはジェネリックより後に出てきた製品。1本あたりの量が92gでいろいろと物議を醸し出す要因を作っている曲者。

現在、ヒルドイド製品は上記のような5種類ですが、メインで使われているのがソフト軟膏と、ローションといったところでしょう。

ヒルドイドの一般名

ヒルドイドの一般名はヘパリン類似物質、というのは割と周知の事実ですね。類似物質ってなんだよって話もありますが、それはとりあえず置いておきます。

問題は剤型の部分まで含めた際の一般名であり、厚労省が公開している「処方箋に記載する一般名処方の標準的な記載」(https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/shohosen_180401.html) からピックアップすると以下のようになります。

一般名コード 一般名処方の標準的な記載 該当するヒルドイド製品
2649950M1ZZZ 【般】ヘパリン類似物質ゲル0.3% ヒルドイドゲル
3339950M1ZZZ 【般】ヘパリン類似物質軟膏0.3% ヒルドイドソフト軟膏
3339950N1ZZZ 【般】ヘパリン類似物質クリーム0.3% ヒルドイドクリーム
3339950Q1ZZZ 【般】ヘパリン類似物質外用液0.3% ヒルドイドローション
3339950R1ZZZ 【般】ヘパリン類似物質スプレー0.3% ヒルドイドフォーム

まぁまとめてみると、ここまでもそこまで複雑ではないですね。ローションは外用液、ソフト軟膏は軟膏となっているので特に紛らわしくないです。

ただ、これをジェネリックで調剤するときは少し注意ですね。

ヒルドイドのジェネリック変更、一般名記載の場合も

ヒルドイドの処方のジェネリック変更、一般名記載の場合のジェネリック調剤は少し注意が必要です。

ヒルドイド製品、一般名(基剤の構成成分)、該当するジェネリック医薬品は以下の通りです。

ヒルドイド製品名 一般名(基剤の構成成分) ジェネリック医薬品
ヒルドイドソフト軟膏 ヘパリン類似物質軟膏
(油中水型(w/o))
・ヘパリン類似物質油性クリーム「日医工」
・ヘパリン類似物質油性クリーム「テイコク」
・ヘパリン類似物質油性クリーム「ニットー」
・ヘパリン類似物質油性クリーム「ニプロ」
・ヘパリン類似物質油性クリーム「アメル」
ヒルドイドクリーム ヘパリン類似物質クリーム
(水中油型(o/w))
・ビーソフテンクリーム
・ヘパリン類似物質クリーム「YD」
・ヘパリン類似物質クリーム「SN」
・ヘパリン類似物質クリーム「ラクール」
・ヘパリン類似物質クリーム「アメル」
ヒルドイドローション ヘパリン類似物質外用液 ・ビーソフテンローション0.3%
・ヘパリン類似物質ローション0.3%「YD」
・ヘパリン類似物質ローション0.3%「ニットー」
・ヘパリン類似物質ローション0.3%「ニプロ」
・ヘパリン類似物質ローション0.3%「ラクール」
ヒルドイドゲル ヘパリン類似物質ゲル ・ビーソフテンゲル0.3%
・ヘパリン類似物質ゲル0.3%「アメル」
・ヘパリン類似物質ゲル0.3%「テバ」
・ヘパリン類似物質ゲル0.3%「トーワ」
ヒルドイドフォーム ヘパリン類似物質スプレー ・ヘパリン類似物質外用スプレー0.3%「日医工」
・ヘパリン類似物質外用スプレー0.3%「サトウ」
・ヘパリン類似物質外用スプレー0.3%「YD」
・ヘパリン類似物質外用スプレー0.3%「ファイザー」
・ヘパリン類似物質外用スプレー0.3%「PP」
・ヘパリン類似物質外用スプレー0.3%「TCK」
・ヘパリン類似物質外用スプレー0.3%「テイコク」
・ヘパリン類似物質外用スプレー0.3%「ニットー」
・ヘパリン類似物質外用スプレー0.3%「ニプロ」
・ヘパリン類似物質外用スプレー0.3%「日新」・ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%「PP」
・ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%「ニットー」
・ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%「日本臓器」

注意点は、ヒルドイドでいうソフト軟膏とクリームの違い。ジェネリックは共に「クリーム」の名称が使われています。ソフト軟膏に該当するのが油性クリーム、クリームはそのままクリームです。この二つの違いとして基剤の構成成分があり、ソフト軟膏(油性クリーム)が油中水型(w/o)、普通のクリームが水中油型(o/w)となります。一般名処方の場合、ヘパリン類似物質軟膏でもジェネリックで調剤する場合は「油性クリーム」となるので注意が必要です。

また、「ヘパリン類似物質スプレー」の一般名できた場合、通常のスプレーと泡状スプレーの両方がある点も注意が必要でしょう。現在は通常のスプレーが一般的ですが、従来泡タイプで使ってきた患者さんの場合は、泡タイプを希望している可能性があります。その他、後述のg数にも注意が必要となります。

ヒルドイドフォームのジェネリックとg数

ヒルドイドフォームは1本あたり92gという中途半端な量になっています。このため、ヒルドイドフォームをジェネリックに変更する場合、全量も100gに変更する必要がある(現在ジェネリックは100gが一般的)ため、疑義照会が必要となります。実質、ヒルドイドフォームは変更できないようなもんですね。

また、一般名の場合も同様の注意が必要です。

「ヘパリン類似物質スプレー 100g」の一般名できた場合は、これはジェネリック医薬品で調剤、逆に「ヘパリン類似物質スプレー 92g」できた場合は、これは一般名ですが先発のヒルドイドフォームを調剤しろといっているようなものですね。

ヒルドイドローションのジェネリック変更も注意が必要

ヒルドイドローションをジェネリックに変更するときも注意が必要ですね。

ヒルドイドローションと、ビーソフテンをはじめとしてジェネリックのローションは全く使用感が異なります。

ヒルドイドローションは乳液に近い感じ、ビーソフテンなどのローションは化粧水に近い感じがあります。

なお、ジェネリックであるヘパリン類似物質ローションのうち、「ラクール」のものは白色のローション剤であり、比較的ヒルドイドローションに近い感じがあるため、ヒルドイドローションから変更しても違和感が少ないでしょう。

また、たまにあるのが、一つに処方箋に「ヘパリン類似物質外用液」が2個書いてあるパターン。

これ、記載ミスってこともまれにありますが、結構医師が意図して処方しているケースがあります。片方はヒルドイドローション、もう一方は化粧水タイプのビーソフテンローションもしくはヘパリン類似物質ローションを一つずつというケースです。もし出会ったら、患者さんに意図を確認してみましょう。大体はそれで解決、それでもわからなければ疑義で確認するのがベターですね。確認せずにヒルドイドローション2本渡すのはナンセンスですし。

薬剤師クイズ:疑義照会は3箇所?

60代男性、上気道炎の処方。

Rp.1)PL配合顆粒     3g
分3 毎食後        5日分

Rp.2)クラリス錠200   2錠
分2 朝夕食後       5日分

Rp.3)メジコン錠15mg   3錠
分3 毎食後          5日分

Rp.4)アレロック錠5    2錠
分2 朝食後・就寝前    5日分
 

主訴:

・風邪をこじらせてしまった。他のクリニックで葛根湯とアレグラ、フラベリックっていう薬をもらってたけど治らなかった。

・風邪とは別だけど、最近トイレに起きる回数が多くて。尿が出るのも少し時間がかかるかな。先生からはとりあえず薬なしで様子見るよう言われた。


併用薬:

整形外科:サインバルタ20mg(1cap朝食後)、トラムセット(2T朝夕食後)
内科:ネキシウム20mg(1cap夕食後)、ベルソムラ15mg(1T就寝前)

上記の患者さんの処方について、3点ほどの疑義照会するべき事項があります。皆さんはわかりますか?

解答はこちらの記事→薬剤師クイズの解答

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする