ヒルドイドの一般名とジェネリック

薬剤師なら一度は調剤するだろうヒルドイドですが、以外とジェネリック変更、一般名処方で迷うケースがあるので整理してみました。

ヒルドイドの種類

ヒルドイドの種類は現在全部で5種類あります。

・ヒルドイドソフト軟膏0.3%(発売:1996年7月8日)
・ヒルドイドクリーム0.3%(発売:1954年10月1日)
・ヒルドイドローション0.3%(発売:2001年7月9日)
・ヒルドイドゲル0.3%(発売::1988年10月1日)
・ヒルドイドフォーム0.3%(発売:2018年9月13日)

一番馴染みがあるだろうソフト軟膏は意外と3番目の発売、次に使われているだろうヒルドイドローションも割と新参者の4番目、最近はあまり使われなくなったクリームが一番の古株です。

そしてヒルドイドゲル、今使う人いるのかな。

ヒルドイドフォームはジェネリックより後に出てきた製品。1本あたりの量が92gでいろいろと物議を醸し出す要因を作っている曲者。

現在、ヒルドイド製品は上記のような5種類ですが、メインで使われているのがソフト軟膏と、ローションといったところでしょう。

ヒルドイドの一般名

ヒルドイドの一般名はヘパリン類似物質、というのは割と周知の事実ですね。類似物質ってなんだよって話もありますが、それはとりあえず置いておきます。

問題は剤型の部分まで含めた際の一般名であり、厚労省が公開している「処方箋に記載する一般名処方の標準的な記載」(https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/shohosen_180401.html) からピックアップすると以下のようになります。

一般名コード 一般名処方の標準的な記載 該当するヒルドイド製品
2649950M1ZZZ 【般】ヘパリン類似物質ゲル0.3% ヒルドイドゲル
3339950M1ZZZ 【般】ヘパリン類似物質軟膏0.3% ヒルドイドソフト軟膏
3339950N1ZZZ 【般】ヘパリン類似物質クリーム0.3% ヒルドイドクリーム
3339950Q1ZZZ 【般】ヘパリン類似物質外用液0.3% ヒルドイドローション
3339950R1ZZZ 【般】ヘパリン類似物質スプレー0.3% ヒルドイドフォーム

まぁまとめてみると、ここまでもそこまで複雑ではないですね。ローションは外用液、ソフト軟膏は軟膏となっているので特に紛らわしくないです。

ただ、これをジェネリックで調剤するときは少し注意ですね。

ヒルドイドのジェネリック変更、一般名記載の場合も

ヒルドイドの処方のジェネリック変更、一般名記載の場合のジェネリック調剤は少し注意が必要です。

ヒルドイド製品、一般名(基剤の構成成分)、該当するジェネリック医薬品は以下の通りです。

ヒルドイド製品名 一般名(基剤の構成成分) ジェネリック医薬品
ヒルドイドソフト軟膏 ヘパリン類似物質軟膏
(油中水型(w/o))
・ヘパリン類似物質油性クリーム「日医工」
・ヘパリン類似物質油性クリーム「テイコク」
・ヘパリン類似物質油性クリーム「ニットー」
・ヘパリン類似物質油性クリーム「ニプロ」
・ヘパリン類似物質油性クリーム「アメル」
ヒルドイドクリーム ヘパリン類似物質クリーム
(水中油型(o/w))
・ビーソフテンクリーム
・ヘパリン類似物質クリーム「YD」
・ヘパリン類似物質クリーム「SN」
・ヘパリン類似物質クリーム「ラクール」
・ヘパリン類似物質クリーム「アメル」
ヒルドイドローション ヘパリン類似物質外用液 ・ビーソフテンローション0.3%
・ヘパリン類似物質ローション0.3%「YD」
・ヘパリン類似物質ローション0.3%「ニットー」
・ヘパリン類似物質ローション0.3%「ニプロ」
・ヘパリン類似物質ローション0.3%「ラクール」
ヒルドイドゲル ヘパリン類似物質ゲル ・ビーソフテンゲル0.3%
・ヘパリン類似物質ゲル0.3%「アメル」
・ヘパリン類似物質ゲル0.3%「テバ」
・ヘパリン類似物質ゲル0.3%「トーワ」
ヒルドイドフォーム ヘパリン類似物質スプレー ・ヘパリン類似物質外用スプレー0.3%「日医工」
・ヘパリン類似物質外用スプレー0.3%「サトウ」
・ヘパリン類似物質外用スプレー0.3%「YD」
・ヘパリン類似物質外用スプレー0.3%「ファイザー」
・ヘパリン類似物質外用スプレー0.3%「PP」
・ヘパリン類似物質外用スプレー0.3%「TCK」
・ヘパリン類似物質外用スプレー0.3%「テイコク」
・ヘパリン類似物質外用スプレー0.3%「ニットー」
・ヘパリン類似物質外用スプレー0.3%「ニプロ」
・ヘパリン類似物質外用スプレー0.3%「日新」・ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%「PP」
・ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%「ニットー」
・ヘパリン類似物質外用泡状スプレー0.3%「日本臓器」

注意点は、ヒルドイドでいうソフト軟膏とクリームの違い。ジェネリックは共に「クリーム」の名称が使われています。ソフト軟膏に該当するのが油性クリーム、クリームはそのままクリームです。この二つの違いとして基剤の構成成分があり、ソフト軟膏(油性クリーム)が油中水型(w/o)、普通のクリームが水中油型(o/w)となります。一般名処方の場合、ヘパリン類似物質軟膏でもジェネリックで調剤する場合は「油性クリーム」となるので注意が必要です。

また、「ヘパリン類似物質スプレー」の一般名できた場合、通常のスプレーと泡状スプレーの両方がある点も注意が必要でしょう。現在は通常のスプレーが一般的ですが、従来泡タイプで使ってきた患者さんの場合は、泡タイプを希望している可能性があります。その他、後述のg数にも注意が必要となります。

ヒルドイドフォームのジェネリックとg数

ヒルドイドフォームは1本あたり92gという中途半端な量になっています。このため、ヒルドイドフォームをジェネリックに変更する場合、全量も100gに変更する必要がある(現在ジェネリックは100gが一般的)ため、疑義照会が必要となります。実質、ヒルドイドフォームは変更できないようなもんですね。

また、一般名の場合も同様の注意が必要です。

「ヘパリン類似物質スプレー 100g」の一般名できた場合は、これはジェネリック医薬品で調剤、逆に「ヘパリン類似物質スプレー 92g」できた場合は、これは一般名ですが先発のヒルドイドフォームを調剤しろといっているようなものですね。

ヒルドイドローションのジェネリック変更も注意が必要

ヒルドイドローションをジェネリックに変更するときも注意が必要ですね。

ヒルドイドローションと、ビーソフテンをはじめとしてジェネリックのローションは全く使用感が異なります。

ヒルドイドローションは乳液に近い感じ、ビーソフテンなどのローションは化粧水に近い感じがあります。

なお、ジェネリックであるヘパリン類似物質ローションのうち、「ラクール」のものは白色のローション剤であり、比較的ヒルドイドローションに近い感じがあるため、ヒルドイドローションから変更しても違和感が少ないでしょう。

また、たまにあるのが、一つに処方箋に「ヘパリン類似物質外用液」が2個書いてあるパターン。

これ、記載ミスってこともまれにありますが、結構医師が意図して処方しているケースがあります。片方はヒルドイドローション、もう一方は化粧水タイプのビーソフテンローションもしくはヘパリン類似物質ローションを一つずつというケースです。もし出会ったら、患者さんに意図を確認してみましょう。大体はそれで解決、それでもわからなければ疑義で確認するのがベターですね。確認せずにヒルドイドローション2本渡すのはナンセンスですし。

調剤報酬改定2020の詳細は薬剤師ポータルサイトでも

2020年4月から新しい調剤報酬がスタートとなります。

より詳細な情報を確認したい場合は薬剤師のポータルサイトなどでわかりやすく解説しています。

大手の薬剤師ポータルサイトだと以下の2種類が有名どころです。

m3.com:エムスリー株式会社が運営
日経DI:株式会社 日経BPが運営

どちらも会員登録をすると基本は無料で利用できますので両方に登録するのがおすすめです。

m3.comは業界ニュースの他にも、薬剤師掲示板の機能があり、個々の加算の具体例や、現場の薬剤師が疑問に思うことなどが日々議論されています。

閲覧だけでも勉強になりますが、もちろん自分で質問をして回答をもらうこともできます。

日経DIも業界ニュースが読みやすい形で配信されています。薬剤師掲示板の機能はありませんが、処方薬辞典などこちらも使いやすいコンテンツが無料で使えます。

m3.comで登録する情報>
・好きなログインID、パスワード、氏名、生年月日、性別、メールアドレス
・医療資格(「薬剤師」を選択)
・勤務先名と都道府県

日経DIで登録する情報>
・メールアドレス、パスワード、氏名、生年月日、性別
・医療資格(「薬剤師」を選択)
・勤務先名、住所、連絡先
・国家資格取得年 等

どちらも無料で簡単に登録できるので試してみてください。

m3.comの登録ページはこちら

日経DIの登録ページはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする