カロナールの服薬指導|使用間隔やロキソニンの併用など

カロナールの服薬指導についてまとめてみました。

カロナールの服薬指導|何の薬ですか?

ずばり解熱鎮痛剤ですね。

痛みをとったり熱を下げたり。

NSAIDsとは作用機序が異なる。痛みを閾値をあげて痛みに作用。体温調節中枢に作用して熱を下げる。現在はCOXの関わりはあまりないという考えが主流のよう。

❕付録:薬剤師クイズ 〜疑義照会が必要かも〜❕

70代男性、以下の継続処方あり。

Rp.1)ジャヌビア50mg 1錠
分1 朝食後     30日分
Rp.2)アジレクト1mg 1錠
分1 朝食後     30日分
Rp.3)アミティーザ24μg 2cap
分2 朝夕食後    30日分

主訴)
・便秘はまだ続いている。薬続けて様子みるよ。
・腰も痛い状態が続いてて、整形で痛み止めのカプセルが追加になった。
・最近トイレに起きる回数が多くて。尿が出るのも少し時間がかかるかな。

上記の患者さんで疑義照会が必要な可能性があります。

カロナールはロキソニンと併用していい?

気軽に良いとは言えない。

しかし、実際に併用される処方は見かける。片方が頓服であれば疑義する必要はない気がする。両方とも頓服でなく内服扱いであれば、一度疑義をかけるのが良いでしょう。

当然、患者さん自身の判断では併用しないよう注意喚起する。最近は市販でもよくロキソニンを使う人がいるし。

しかし、実際にはカロナールと他のNSAIDsが併用されて副作用が出やすくなるという報告はあまりない気がする。市販薬にはアセトアミノフェンとイブプロフェンが配合されているものがあるし。。。

結論として、医師の処方による場合は、両方内服の場合は念のため疑義をかける、片方が頓服であればそのまま、併用可と患者さんに伝える。自分の判断で併用しようとしている場合は、おすすめできない旨を伝える。このくらいが良さそうでしょうか。

ちなみにカロナールとロキソニン、どちらの添付文書にも重要な基本的に注意に「他の消炎鎮痛剤との併用は避けることが望ましい。」の記載があります。

カロナールの使用間隔はどれくらい空ける?

添付文書では4〜6時間間隔とされている。上気道炎の頓服の場合は原則1日2回、ただし、実際は1日3回もよく見る。

患者さんには広めにとって6時間くらいを目処に、最低4時間と伝えるのが良いかも。

カロナールは空腹時でも使用できる?

できるが、空腹時の投与さは避けることが望ましいと添付文書に記載あり。ただ、作用機序を考えるとCOX関係ないなら胃を荒らさない気がする。少なくともNSAIDsよりは空腹時でも問題ないはず。

消化器症状として、悪心・嘔吐、食欲不振等は報告あり。

カロナールとアセトアミノフェン製剤の併用

正直これはかなり迷う要素がある。できれば見なかったことにしたいケースも。。。

PL顆粒、ピーエイ錠、SG顆粒、カフコデ、トラムセットなどなど。

疑義した上で投薬するのが当然セオリーですが、、、PLとカロナールとかね。。。もうね。。。

患者に併用禁忌です!!!なんて説明するわけにいかないし。まぁ総投与量をみて臨機応変に対応というところでしょうか。

 

より詳しい情報はポータルサイトでも

今回の記事のような、薬剤師の専門情報はネット検索でもなかなか見つからなかったりします。

より詳しくまとまった情報は、薬剤師のポータルサイトを活用するのも選択肢です。

無料で使える大手の薬剤師ポータルサイトだとm3.com日経DIの2種類が有名どころですね。

m3.comは業界ニュースの他にも、薬剤師掲示板の機能があり、通常のネット検索では見つからないような情報、他の薬剤師の考えなども知ることができます。

閲覧だけでも勉強になりますが、もちろん自分で質問をして回答をもらうこともできます。

m3例

上記はm3.comの薬剤師掲示板の一例です。

日経DIも業界ニュースが読みやすい形で配信されています。こちらは薬剤師掲示板の機能はありませんが、処方薬辞典など使いやすいコンテンツがあります。

ちなみに登録完了までは、1〜2分かかるので、正直少し面倒くさいです。勤務先とかも入力する必要があるので。

しかし、今やらないと後ではもっとやる気にならないので、メリットを感じる場合は今、登録しても良いでしょう。

デメリットとしては、ニュースメールとかが来るようになります。登録するメールアドレスはご注意ください。

勤務先情報を登録しますが、勤務先に電話とかがかかってきたり、本人確認が来ることはないでその点は安心してください。

薬剤師掲示板が便利/m3.comの登録ページへ移動する

 

スポンサーリンク
11 抗炎症・アレルギー
ヤクサキ 薬剤師その先へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました