抗ヒスタミン薬の効果時間の比較と一覧|第2世代の抗ヒス薬・抗アレルギー薬の効果発現時間と持続時間

花粉症シーズンなどは、患者さんからも抗ヒスタミン薬の効果時間について聞かれることありますよね。その対策で効果時間がわかるものまとめて一覧で比較してみました。

なお、効果の強さとか服薬指導のポイントは以下の記事の方を参考にしてください。

抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬の使い分けと服薬指導|患者さんにどう説明する?

第二世代の抗ヒスタミン薬の効果時間の一覧

第二世代の抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬で近年使われるものをまとめました。

情報のソースはインタビューフォームですが、インタビューフォームに記載がないもので他に情報があったものは括弧書きでそれを掲載しました。

一般名(成分名) 主な製品名 効果発現時間 効果持続時間
フェキソフェナジン アレグラ 60分
ロラタジン クラリチン 2時間 14時間
デスロラタジン デザレックス
エピナスチン アレジオン (30分) (24時間)
エバスチン エバステル 4時間 24時間
ベポタスチン タリオン 30〜60分 12時間
セチリジン ジルテック 40分〜1時間
小児:4時間
24時間
レボセチリジン ザイザル 1時間 32時間
オロパタジン アレロック (70分)
ビラスチン ビラノア 1.5時間 24時間
ルパタジン ルパフィン 15分〜 24時間後に69%

第二世代の中でも少し古いものでアゼラスチン(アゼプチン)、メキタジン(ゼスラン・ニポラジン)、オキサトミド(セルテクト)、ケトチフェン(ザイザル)、エメダスチン(ダレン、レミカット)とかありますが、近年はメインは上記の表のものが多いかと思いますので省きました。また、番外編としてエメダスチンを含むアレサガテープ、フェキソフェナジンと塩酸プソイドエフェドリンを含むディレグラもありますが、今回は外しておきます。

❕付録:薬剤師クイズ 〜疑義照会が必要かも〜❕

70代男性、以下の継続処方あり。

Rp.1)ジャヌビア50mg 1錠
分1 朝食後     30日分
Rp.2)アジレクト1mg 1錠
分1 朝食後     30日分
Rp.3)アミティーザ24μg 2cap
分2 朝夕食後    30日分

主訴)
・便秘はまだ続いている。薬続けて様子みるよ。
・腰も痛い状態が続いてて、整形で痛み止めのカプセルが追加になった。
・最近トイレに起きる回数が多くて。尿が出るのも少し時間がかかるかな。

上記の患者さんで疑義照会が必要な可能性があります。

抗ヒスタミン薬各薬剤の情報の正確性は

同じインタビューフォームの情報でも、効果時間については記載の方法がまちまちであり、安易には横並びにできない情報だと思います。

デザレックスなんかはインタビューフォームには動物実験の結果が記載しており、ここからは30分〜1時間で効果が現れ始めるとも読み取れますが、横並びの効果時間として記載するのは抵抗がありました。ただ、その成分特性的にロラタジンよりも効果発現が遅くなることはないと考えて良い気がします。

アレジオンもインタビューフォームに記載がありませんが、市販薬のアレジオンのメーカーであるエスエス製薬のwebサイトに効果時間の情報があります。臨床データに基づいているのか不明な面はありますが、製薬会社が公式に公表している情報なのである程度信憑性がありそうです。市販薬といえど同じ成分なので、処方薬の効果時間も同じと考えて良いでしょう。

抗ヒスタミン薬の主役候補であるアレロックもインタビューフォームに効果時間の記載がありませんでした。文献を探すと、ヒスタミン皮内反応に対する抑制試験をやった結果があり、これだと70分効果から効果が見られたことが示唆されています。(参考文献:山田 秀和ほか, 皮膚の科学4(5), 2005)同文献に持続時間は特に記載がないですが、体感的も半日くらいはある感じ。1日2回の薬ですしね。

ルパフィンの記載はちょっと他とテイストが違うというか。。。15分て本当かよと思っていますが、少なくとも発現まで遅くはないんでしょうね。持続時間も抑制率が24時間後に最大69%という話。効いているという表現ではない。

抗ヒスタミン薬の効果時間の考察

前述の通り、多少差はあれど、どれも1,2時間すれば効いていくるのがほとんど。エバステルが発現時間が4時間となっているが、これも体感的には4時間前でも全く効いていないということはない気がする。

持続時間についても個々の薬剤の尺度が異なっていることがあるため、インタビューフォームに記載されいる時間を額面通りに受け取るべきではないが、1日2回使用のものは半日程度、1日1回のものは1日効果が持続するという程度の認識で良いかも。

ただ、1日1回の薬剤は実際には途中で効果が切れるのを実感するという患者さんの声も結構聞くことがある(デザレックスしかりザイザルしかり)。そうゆう意味では1日2回使用する用法を持つ薬剤は、一見回数が多くてデメリットにも思えるが、1日2回使うことで効果を持続させられるのがメリットという見方もできるのかも。

結論として、患者さんに伝えるとしたら、効果発現時間は早ければ1時間以内、大抵は1,2時間以内で実感できる、持続時間は1日2回のものは半日程度、1日1回のものは1日近く効果が持続する、で丸めて説明して、もう少し詳しく知りたい患者さんの場合は、個々のデータを持ち出すくらいがちょうど良いかもですね。

より詳しい情報はポータルサイトでも

今回の記事のような、薬剤師の専門情報はネット検索でもなかなか見つからなかったりします。

より詳しくまとまった情報は、薬剤師のポータルサイトを活用するのも選択肢です。

無料で使える大手の薬剤師ポータルサイトだとm3.com日経DIの2種類が有名どころですね。

m3.comは業界ニュースの他にも、薬剤師掲示板の機能があり、通常のネット検索では見つからないような情報、他の薬剤師の考えなども知ることができます。

閲覧だけでも勉強になりますが、もちろん自分で質問をして回答をもらうこともできます。

m3例

上記はm3.comの薬剤師掲示板の一例です。

日経DIも業界ニュースが読みやすい形で配信されています。こちらは薬剤師掲示板の機能はありませんが、処方薬辞典など使いやすいコンテンツがあります。

ちなみに登録完了までは、1〜2分かかるので、正直少し面倒くさいです。勤務先とかも入力する必要があるので。

しかし、今やらないと後ではもっとやる気にならないので、メリットを感じる場合は今、登録しても良いでしょう。

デメリットとしては、ニュースメールとかが来るようになります。登録するメールアドレスはご注意ください。

勤務先情報を登録しますが、勤務先に電話とかがかかってきたり、本人確認が来ることはないでその点は安心してください。

薬剤師掲示板が便利/m3.comの登録ページへ移動する

 

スポンサーリンク
11 抗炎症・アレルギー
ヤクサキ 薬剤師その先へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました