点眼液の冷所保存一覧のまとめ

点眼液に関して冷所保存が必要なものをまとめました。

冷所保存が必要な点眼液

冷所保存が必要な点眼液の一覧は以下の通り

一般名(成分名) 代表的な製品名 保存する温度
ジクロフェナクナトリウム ジクロード 10℃以下
ラタノプロスト キサラタン 2〜8℃
トラボプロスト トラバタンズ 1〜25℃
ラタノプロスト/チモロール ザラカム 2〜8℃
ピレノキシン カタリン 溶解後のみ冷所
グルタチオン タチオン 溶解後のみ冷所
セフメノキシム ベストロン 溶解後のみ冷所

冷所保存が必要な点眼液の詳細

上記の内容に関して、ジクロード、キサラタン、トラバタンズ、ザラカムについては基本は開封前の保存について。開封後は室温で良いとされている。

ジクロードの開封後は「室温(1〜30℃)で保存してもかまいません。」(ジクロード くすりのしおり

キサラタンの開封後は「開封後は、専用の袋に入れ、光を避けて室温(1〜30℃)で保存することもできます」(キサラタン くすりのしおり

トラバタンズの開封後は「開封後は、保存袋に入れて室温で保存してもかまいません。」(トラバタンズ くすりのしおり

ザラカムの開封後も「開封後は、専用の袋に入れ、光を避けて室温(1〜30℃)で保存することもできます」(ザラカム くすりのしおり

一方、溶解系のものは、溶解した後に冷所が必須となります。

カタリンKの溶解後は「顆粒溶解後は冷所(1〜15℃)に遮光して保存し、3週間以内に使用してください。」(カタリンK くすりのしおり

タチオンの溶解後は「溶解後は必ず添付の点眼袋にいれて冷所(1〜15℃)に保管し、4週間以内に使用してください。」(タチオン点眼 くすりのしおり

ベストロン点眼用の溶解後は「粉末溶解後は冷所(1〜15℃)に保存し、7日以内に使用してください。」(ベストロン点眼用 くすりのしおり

ところでトラバタンズの配合剤であるデュオトラバはなぜが開封前も室温保存になっています。この理由ですが、実はトラバタンズも室温であまり問題ないということみたいです(メーカーさんに教えてもらいました。)。実際にジェネリックのトラボプロスト点眼液0.004%「ニットー」は室温保存になってますし。。。

ただ、その理論でいくとキサラタンのジェネリック(ラタノプロスト点眼液0.005%)もどうなんだろうと。。。メーカーによって室温と冷所が分かれていますね。本当は室温でもあまり問題ない気がしますが、そこは念のため添付文書に従いましょう。

開封後の使用期限の目安は1ヶ月

冷所の話から少しそれますが、点眼薬は開封後の使用期限についてもたまに聞かれます。

正式には添付文書やくすりのしおりを確認するのが確実ですが、どの点眼も概ね1ヶ月としているものが多いです。

ベストロンやカタリンは溶解しているので少し例外ですが、その他の目薬は開封後はおおよそ一ヶ月を目安に考えておく様にすれば良いでしょう。

調剤報酬改定2020の詳細は薬剤師ポータルサイトでも

2020年4月から新しい調剤報酬がスタートとなります。

より詳細な情報を確認したい場合は薬剤師のポータルサイトなどでわかりやすく解説しています。

大手の薬剤師ポータルサイトだと以下の2種類が有名どころです。

m3.com:エムスリー株式会社が運営
日経DI:株式会社 日経BPが運営

どちらも会員登録をすると基本は無料で利用できますので両方に登録するのがおすすめです。

m3.comは業界ニュースの他にも、薬剤師掲示板の機能があり、個々の加算の具体例や、現場の薬剤師が疑問に思うことなどが日々議論されています。

閲覧だけでも勉強になりますが、もちろん自分で質問をして回答をもらうこともできます。

日経DIも業界ニュースが読みやすい形で配信されています。薬剤師掲示板の機能はありませんが、処方薬辞典などこちらも使いやすいコンテンツが無料で使えます。

m3.comで登録する情報>
・好きなログインID、パスワード、氏名、生年月日、性別、メールアドレス
・医療資格(「薬剤師」を選択)
・勤務先名と都道府県

日経DIで登録する情報>
・メールアドレス、パスワード、氏名、生年月日、性別
・医療資格(「薬剤師」を選択)
・勤務先名、住所、連絡先
・国家資格取得年 等

どちらも無料で簡単に登録できるので試してみてください。

m3.comの登録ページはこちら

日経DIの登録ページはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする