製薬会社(メーカー)・一般企業から調剤薬局への転職の志望動機・転職理由と例文

志望動機・転職理由の例のうち、製薬会社(メーカー)・一般企業から調剤薬局へ転職するケースです。

いくつかあるケースの中でも比較的多いパターンであり、志望動機・転職理由についても比較的書く内容が多いケースです。

ポイントは実際の患者さんと触れ合えること

このパターンで調剤薬局に転職するメリットの一つは、実際の患者さんと触れ合うことができるという点でしょう。

製薬会社や一般企業にいる場合は、実際の患者さんと話すようなケースはほとんどないと言えます。この点は志望動機・志望理由としてアピールするポイントと言えるでしょう。

転職候補先が不安な場合

転職候補先に不安がある場合は、念のため、客観的な意見も聞くのが良いでしょう。

もし特定の転職サイトを使って、転職候補先を見つけている場合、その転職サイトの担当者だと、デメリットの部分を説明してくれていない可能性も有ります。

そのような中で客観的な意見を聞く方法は、別の転職サイトの担当者に、現在の転職候補先の職場の待遇が業界の水準とずれてないか、その会社の悪い噂などがないかを確認する方法です。

例を挙げると、調剤の転職先で意見を聞くとしたら、調剤の登録件数が多いファルマスタッフがおすすめです。→ファルマスタッフ

正直、面倒くさい方法ですが、転職先を決めてから後悔するよりは、先にやっておいたほうが安心して転職を進めることもできるため、少しでも不安がある場合はおすすめです。

実際の医薬品に触れられる点も強調

製薬会社・一般企業の仕事では、実際の医薬品そのものに触れるケースというのは意外と多くありません。自社の製品であっても医療機関の納入は卸会社を通して行われるのが一般的であり、自社の製品であっても実物を見たことがない、なんてことも少ないでしょう。

この点についても、調剤薬局であれば毎日必ず実際の医薬品に触れるため、実際の薬を通して患者さんの健康に貢献することがより実感しやすいと言えます。

自社以外の製品も取り扱えることはメリット

製薬会社の場合ですが、自社の医薬品だけを取り扱うのが一般的です。他社の製品については競合品としてふれることがあっても、中心はあくまで自社製品です。

この点も調剤薬局にて勤務すれば、どこのメーカーであっても平等に取り扱うことができるというメリットがあます。医師に処方提案をする際も本当に患者さんのためになりそうな製品を提案できるでしょう。

製薬会社(メーカー)・一般企業からの薬局へ転職の志望動機・転職理由と例文

上記のようなポイントを抑えた志望動機・転職理由の記載例を挙げてみます。

 

私は製薬会社時代から医薬品を通じて患者さんの健康に貢献したいと考えており、実際に現在の職を通じて一定の貢献をすることができたと考えております。

しかし、現在の職場では実際に患者さんと触れ合う機会は多くなく、患者さんとの触れ合いをより多く持ちたいと考え、今回の転職を考えるに至りました。

また、現在の職場では実際の薬のそのものを扱うことはほとんどなく、薬剤師として実際の薬を手にとって患者さんの役に立てるようになるであろうことも今回の転職の動機の一つです。

他にも製薬会社時代は自社製品のことばかりを考えてしまうのが必然となってしまう面がありましたが、薬剤師として働ければどこのメーカーかという点にかかわらず多くの医薬品に触れることができ、医師に処方提案などをする機会にも、多くの選択肢から患者さんに最適な薬を提案することができると考えております。

製薬会社時代に得られた自社製品や疾患に対する知識や医師との対話を通じて得たコミュニケーション能力、さらには組織の中で培ったチームワークを大事にする経験を活かしつつ、薬剤師として新たな知識や能力を身につけていきたいと思います。

薬剤師を未経験の場合はむしろ志望動機・転職理由を書きやすい

例文をあげてみましたが、薬剤師未経験の場合、志望動機・転職理由で何を書けば良いかわからないという意見もよく聞きます。

しかし、個人的には薬剤師を未経験の方が、志望動機・転職理由は書きやすいとすら思っています。

薬剤師が未経験というケースは大半の場合が患者さんと実際に触れ合う機会が少ない企業などからの転職であると思われます。

この場合は薬剤師として患者さんと触れ合う機会を増やしたいという内容や、実際の薬を手にとって医療に貢献したいという内容などの非常に前向きな志望動機・転職理由が書きやすいからです。

前職が同じ薬剤師である場合は、その他の志望動機・転職理由が求められるわけであり、薬剤師が未経験というのは志望動機・転職理由の記載においてはむしろ武器にすらなりうると思っておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました