調剤薬局から別の調剤薬局への転職の志望動機・転職理由と例文

志望動機・転職理由の例のうち、調剤薬局から別の調剤薬局へ転職するケースです。

実際にはこのケースが最も多いのではないでしょうか。同じ職種であるため、志望動機・転職理由をどうするか悩む方も多いでしょう。

現在の職場、以前の職場のマイナス点も必要に応じてあげても良いですが、やはり前向きな志望動機・転職理由があったほうが印象も良いでしょう。

門前薬局から面薬局の場合の志望動機・転職理由の例文

クリニックや病院の門前薬局から面で受ける薬局への転職の場合は、いろいろな医療機関からの処方箋を受け付けられる点がメリットと言えます。

国が求める形の薬局でもあるため、そのあたりもアピールポイントと言えるでしょう。

門前薬局から面薬局への志望動機・転職理由の例は以下の通りです。

現在の職場はいわゆる門前薬局であり、特定の医療機関からの処方箋を受けておりましたが、薬剤師としてのより多くの知識や経験を得たいと考え、面薬局の薬剤師として地域の医療に貢献したいと考える様になりました。

国も期待している面薬局という形の薬剤師として、多くの医療機関からの患者さんに対して、現在の職場で得た経験も活かしつつ、服薬指導等を通じて薬や健康に関する情報を提供し、患者さんの健康維持に貢献できたらと思います。

転職候補先が不安な場合

転職候補先に不安がある場合は、念のため、客観的な意見も聞くのが良いでしょう。

もし特定の転職サイトを使って、転職候補先を見つけている場合、その転職サイトの担当者だと、デメリットの部分を説明してくれていない可能性も有ります。

そのような中で客観的な意見を聞く方法は、別の転職サイトの担当者に、現在の転職候補先の職場の待遇が業界の水準とずれてないか、その会社の悪い噂などがないかを確認する方法です。

例を挙げると、調剤の転職先で意見を聞くとしたら、調剤の登録件数が多いファルマスタッフがおすすめです。→ファルマスタッフ

正直、面倒くさい方法ですが、転職先を決めてから後悔するよりは、先にやっておいたほうが安心して転職を進めることもできるため、少しでも不安がある場合はおすすめです。

面薬局から門前薬局の場合の志望動機・転職理由の例文

面薬局から門前薬局の場合は、国が求める形からやや逆行している感がありますが、メリットをあげると、門前のクリニックや病院の医師と密な連携を取れる可能性がある点が挙げられます。

ひとつの病院やクリニックの処方に対して継続した経験を積みたい、といったようなことを挙げるのも選択肢と言えるでしょう。

面薬局から門前薬局への志望動機・転職理由の例は以下の通りです。

私は医療従事者の一人として、医師をはじめとした医療スタッフと従来よりも密に連携をとりながら薬剤師としての業務を進めていきたいと考えております。現在の職場では多くの医療機関からの処方を受け取る反面、各医療機関との連携が密にとることができず、医師や医療スタッフとはなかなかコミュニケーションをとる機会がありませんでした。こちらの職場では特定の医療機関と適切な連携をとり、薬剤師の知識を活かしながらいずれは処方提案等もできれば良いと考えています。

大手チェーンから中小規模チェーン、個人薬局への場合の志望動機・転職理由の例文

大手チェーンから中小規模のチェーン薬局もしくは個人薬局への転職の場合は、異動が少なく一つの薬局に腰を据えて長く留まれる、マニュアルや本部の方針に縛られることが少ないため、個人の裁量でできることが多いなどのメリットが考えられます。

大手チェーンから中小規模チェーン、個人薬局への志望動機・転職理由の例は以下の通りです。

現在の会社では、一つの薬局に留まる期間が短かかったため、新たな職場では一つの薬局で腰を据えて長い期間努めることができれば考えております。また現在の職場では採用薬や業務の範囲がマニュアルに沿った内容に限られておりましたが、こちらの薬局で採用頂いた暁には、今までの経験を活かしながら、自分の考えでいろいろなことにチャレンジしていきたいと考えております。

大規模な薬局から規模が小さい薬局への場合の志望動機・転職理由の例文

店舗の規模が大きい薬局から少し小さい薬局への転職の場合は、患者さんの数が必然的に少なくなるため、一人の患者さんに対して、継続して投薬するケースも多くなるでしょう。

また、薬剤師の人数が少なくなることから、一人でやる役割も必然的に増えるでしょう。そのあたりもアピールして良いかもしれません。

大規模な薬局から規模が小さい薬局への志望動機・志望理由の例は以下の通りです。

私は一人の患者さんを継続的にフォローしたいという考え、さらには薬局に関わるより多くの業務をこなしたいと考え今回の転職を決意しました。現在の職場では規模が大きために、患者さんの数も多く、一人の患者さんを継続的にフォローできる機会が多くありません。また、業務も細分化されており、一人あたりに割り振られる業務が限られています。新しい職場ではなるべく個々のの患者さんの健康状態や服薬状況などを継続的にフォローしながら、薬局内での多くの業務を臨機応変にこなしていきたいと考えております。

在宅に力を入れている薬局への転職の場合の志望動機・転職理由の例文

在宅は今後、さらにニーズが増してくる分野と言えます。この点は非常にアピールしやすい点と言えるでしょう。

在宅に力を入れている薬局への志望動機・転職理由の例は以下の通りです。

私自身、自分の祖父母らと触れ合っている経験もあり、今後はより在宅での服薬管理が重要となってくると考えております。現在の職場ではなかなか在宅の患者さんに触れる機会が少なく、在宅に力を入れている薬局で働きたいと思い、今回志望いたしました。今までの経験を活かしつつ、在宅の分野や積極的に関わっていきたいと考えております。

薬局の特徴はあまり変わりない転職の場合における志望動機・転職理由の例文

上記の様なパターンいずれも該当せず、あまり特徴に変わり映えがない薬局同士の転職の場合はなかなか悩ましい点です。

この場合は新しい職場のウェブサイトやパンフレットなどをみて、その薬局の特徴を掴んで志望動機・転職理由にするのが良いでしょう。その薬局に実際に来局してみるのも良いかもしれません。

例として、企業理念などで患者さんとの対話を重要視しており、実際の店舗では、患者さんのプライバシーを大事にする様な投薬台にしている様な薬局を想定して、志望動機・転職理由の例を挙げてみます。

私は医療の中で最も重要なことの一つが、患者さんとのコミュニケーションであると考えており、貴社の患者さんとの対話を重視する企業理念に共感しまして今回の志望させていただきました。こちらの薬局におかれましても、プライバシーを重要視する投薬台を設けており、患者さんにとって、話しやすい薬局であると感じています。今までの薬剤師としての経験を活かしつつ、より密な服薬指導ができるよう努力していきたいと考えております。

いずれのケースでもアピールできるポイント

いくつかケース別に志望動機の例を紹介しましたが、いずれのケースにおいても、自分が今よりも成長したいという気持ちを伝えると、アピールになります。

冒頭でも記載した通り、転職の理由は前向きなものほど好印象を受けます。

仮に二人の入社候補者がいた際に、一人はポジティブな転職理由、もう一人はネガティブな転職理由であった場合、間違いなくポジティブな理由の人の方が有利でしょう。

実際の転職理由がネガティブな場合(前職の人間関係や職場環境など)でも、今より成長したいという前向きな理由を作って、転職に臨むようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました