キノロン系と整腸剤の併用|クラビットにビオフェルミRはダメ?グレースビット、ジェニナックも注意

キノロン系と整腸剤の併用について確認していきます。

ビオフェルミンRはキノロン系の適応はない

抗生物質、抗菌剤は使用することで、腸内細菌のバランスが崩れることがあるため、下痢(人によっては便秘)になるケースも多い薬剤です。

そのため、一緒に整腸剤が処方されることも多いですが、その際に使われるのが、基本的には抗生物質に耐性のあるビオフェルミンRなどの耐性乳酸菌整腸剤です。

ビオフェルミンRの他にも、エンテロノン-R散などの耐性乳酸菌散10%製剤、ラックビーR散、レベニン普通錠(散)などが耐性乳酸菌製剤に該当します。

しかし、これらの耐性乳酸菌製剤ですが、効能効果に臨床で使われるニューキノロン系の記載はなく、適応がない薬剤となります。(厳密にはナリジクス酸はありますが、一般的なニューキノロンは対象外となります。)

少し探した限りだと、ビオフェルミンRが効かないという明確な文献は見つからなかったものの、ニューキノロンでは耐性乳酸菌にも効果が及ぶということが想定され、使用してもあまり意味がないというのが一般的な見解の様子。

まぁ適応がないので、それだけで十分併用しない理由は成り立ちますね。レセプトも厳しいみたいで、特に医師側では普通に通らないという話をよく耳にします。

ちなみにビオフェルミンRの詳細な適応は以下の通り。他の耐性乳酸菌製剤もほぼ同じですが、ラックビーR散は「テトラサイクリン系」の適応がありません。

下記抗生物質、化学療法剤投与時の腸内菌叢の異常による諸症状の改善
ペニシリン系、セファロスポリン系、
アミノグリコシド系、マクロライド系、
テトラサイクリン系、ナリジクス酸

併用の処方箋がきたら疑義照会するべき

上記のような理由から、ビオフェルミンRなどの耐性乳酸菌製剤とニューキノロン系の薬剤は基本的には併用しても意味がないため、併用の処方箋がきた場合は疑義照会をするべきでしょう。

ニューキノロン系薬剤は具体的には、クラビット(レボフロキサシン)、グレースビット(シタフロキサシン)、ジェニナック(ガレノキサシン)、シプロキサン(シプロフロキサシン)、アベロックス(モキシフロキサシン)、オゼックス(トスフロキサシン)、スオード(プルリフロキサシン)など。

ちなみに、自分の場合は、疑義照会かけても「ビオフェルミンRのままで」という回答をされた経験があります。

その場合は、レセプト用のコメントで、「医師より併用指示あり」としたところ、おそらくレセプトは大丈夫だったと思います。ただ、このようなコメントを入れないとおそらくレセプトは通らないと思います。医師側がレセプト通ったかはわかりませんでした。

ミヤBMとビオスリーなどの酪酸系はキノロンと併用可能

キノロン系と併用できる整腸剤として、ビオフェルミンRの代わりになりうるのが、ミヤBMやビオスリーなどの酪酸菌系を含む整腸剤です。

福岡県薬剤師会のQ&Aでも酪酸菌系の整腸剤では「FQsの影響を受け難く、耐性乳酸菌製剤が臨床的に無効な場合の代替製剤になり得ることが示唆される」という回答があります。

福岡県薬剤師会

このような点から、ビオフェルミンRなどの耐性乳酸菌製剤の代替薬としてはミヤBMもしくはビオスリーを医師に提案するのが良いでしょう。

調剤報酬改定2020は不正請求をしないように

2020年4月から新しい調剤報酬がスタートしますが、対人業務に着眼点がシフトしてきており、今までの調剤報酬と毛色が違ってきている内容もあります。

レセプトも厳しくなってきている中で、曖昧な基準で加算をし、算定要件を満たさないと不正請求とも判断されかねないので、正確な内容の把握が必要です。

新たな調剤報酬の内容の詳細を、わかりやくまとめて確認する場合は、薬剤師のポータルサイトの利用が一般的です。

m3.com:エムスリー株式会社が運営
日経DI:株式会社 日経BPが運営

大手だと上記の2種類ですが、情報の偏りをなくす意味でも複数利用するのが良いでしょう。

なお、いずれも会員登録が必要ですが、無料で使えます

m3.comは業界ニュースの他にも、薬剤師掲示板の機能があり、個々の加算の具体例や、現場の薬剤師が疑問に思うことなどが日々議論されています。

閲覧だけでも勉強になりますが、もちろん自分で質問をして回答をもらうこともできます。

日経DIも業界ニュースが読みやすい形で配信されています。薬剤師掲示板の機能はありませんが、処方薬辞典などこちらも使いやすいコンテンツが無料で使えます。

m3.comで登録する情報>
・好きなログインID、パスワード、氏名、生年月日、性別、メールアドレス
・医療資格(「薬剤師」を選択)
・勤務先名と都道府県

日経DIで登録する情報>
・メールアドレス、パスワード、氏名、生年月日、性別
・医療資格(「薬剤師」を選択)
・勤務先名、住所、連絡先
・国家資格取得年 等

今後は、これらの薬剤師ポータルサイトなどを利用して自分の中でしっかりとした算定基準を持つことをが必要です。レセプトの返礼の嵐なんてことにならないようにしっかり継続学習しましょう。

それぞれの公式登録サイトは以下の通りです。

m3.comの登録ページはこちら

日経DIの登録ページはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする