薬剤師が企業へ転職するメリットとデメリットは?

薬剤師の転職において、製薬会社などの企業へ転職するメリット、デメリットを考察していきます。

薬剤師が企業に転職するメリット

薬剤師が製薬会社などの企業に転職するメリットとして以下の様な点が挙げられます。

①ルーチンワーク以外の新しい仕事ができる

②自分のペースで仕事ができる

③有給が取りやすい

①ルーチンワーク以外の新しい仕事ができる

これを望んで企業への転職を考えている薬剤師の人も多いかと思います。

企業の仕事は、薬局やドラッグストアとのいわゆる接客業とは全く仕事が異なり、ルーチンワークじゃない仕事も多くあります。

ルーチンワークに飽き飽きしてしまってる場合は、非常に魅力的なメリットと言えます。

ただし、企業の仕事の中でもお客様相談室のオペレーターなどは、一般の方を相手にするケースもあり、ルーチン業務に近い仕事内容になり得ます。薬局やドラッグストアの経験を活かしやすい職種ですが、ルーチン業務や一般の方への接客じゃない仕事をやりたいという理由で転職する場合は、お客様相談室の仕事は避けたほうが良いかもしれません。

②自分のペースで仕事ができる

企業の仕事は自分のペースで仕事をできるものが多くあります。

薬局やドラッグストアで患者さんのペースに合わせて仕事をするのが合わなかった、という人にとっては大きなメリットと言えます。

職場の環境などにもよりますが、日によっては早く帰って家のことをしたり、逆に仕事を進めたい日は少し残業をするなど、自分でペースを考えながら仕事をできるのも薬局やドラッグストアの薬剤師にはなかなかできないことであり、魅力的な点でしょう。

③有給が取りやすい

職種にもよりますが、企業勤めであれば、有給は比較的取りやすいと言えます。

薬局やドラッグストアでは有給を取る場合、事前に申請してヘルプを依頼するなど、手続きが面倒であったり、同僚に気を使うケースも多いです。また、当日急に休むというのは薬剤師ではなかなか難しい場合も多いです。

一方で企業の場合は、重要な外出や会議がない場合など、当日の急な用事や体調不良でも気軽に休めるというケースも少なくありません。

中には工場の企業薬剤師で代わりになる人がいないなどの場合は、やはり有給はなかなか急に取れない場合もありますが、職種を選べば有給を取りやすい職場も多くあります。

薬剤師が企業に転職するデメリットは

続いては、薬剤師が製薬会社などの企業に転職するデメリットについてです。

おおよそ以下のデメリットが考えられます。

①勤務地が限られる

②上司の意向を確認したり、根回しの作業が必要になるケースがある

③自社製品や担当の製品ばかりの仕事となる

①勤務地が限られる

薬局やドラッグストアなど店舗業とは異なり、企業は事業所の数がそこまで多くありません。

自宅から通う場合に、店舗に出勤するのとは異なり、多くの時間がかかることも多いでしょう。

②上司の意向を確認したり、根回しの作業が必要になるケースがある

企業で働くのは、店舗業と異なり、組織で働く意味合いが強くなります。

自分の意思だけでなく、上司の意向を確認してコンセンサスを得たり、各部署や関係会社と調整をしたり、時には根回しの様な作業が必要になるケースも多くあります。

これらの作業は店舗で働いている時にはなかなか経験できないことかもしれませんが、これらの調整作業が企業の中では非常に重要であり、また、多くの時間を費やすことは予め理解しておく必要があるでしょう。

③自社製品や担当の製品ばかりの仕事となる

製薬会社などの企業では、当然ですが自社の製品のみを扱うことになります。

したがって、薬局やドラッグストアのように幅広い製品に関わることができなくなります。

今まで学んだ知識も自社の製品と異なるものに関してはあまり役立たないこともありますが、自社の製品に関してはより深い知識を身につけられるというメリットもあるでしょう。

企業に向いているのはこんな人

上記のようなメリット、デメリットがある企業への転職ですが、向いているのは以下の様な人と言えます。

①ルーチンワークが飽きてしまい、他の仕事もやってみたい

②大きな組織の中で仕事をしたい

③薬の専門性をより発揮したい

①については、ルーチンワークの仕事から新しい仕事をしたいという意思がある人は企業の転職に向いているでしょう。時にはクリエイティブな仕事もあり、刺激のある毎日になるかもしれませんね。

②は組織の中で仕事をするということをやってみたいという人です。組織で仕事をすると、一つの仕事が何千、何万という患者さんに影響を与えるケースもあります。これは薬局やドラッグストアでの店舗業ではできない仕事と言えます。

③は企業に転職すると、自社製品について深いところまで知識を得ることができるため、薬剤師の薬の専門性をより発揮できる可能性があります。薬局やドラッグストアでは数多くの品目に関わりますが、企業ではいくつかの品目に対してより深く関わることができる職種と言えます。

企業への転職を狙うならマイナビ薬剤師

企業への転職を狙う場合は、転職サイトとしてマイナビ薬剤師を利用するのが良いでしょう。

その理由として、以下の点があげられます。

①経営母体が圧倒的な大手企業であり高い信頼感がある

②薬剤師の企業求人が多い

①については、あまり説明は必要ないでしょう。マイナビを知らない人の方が少なく、高い信頼感があり、利用する上で心配することはあまりありません。リクナビも同じくらい知名度がありますが、内定辞退の件があったので、今はマイナビの方が良いでしょう。

そして、②が特に重要であり、薬剤師が企業に転職する上で利用するべき転職サイトは、薬局やドラッグストア以外の企業の求人が多いサイトです。

どんなに素晴らしい転職サイトでも企業の求人が少なければ、企業に転職できる可能性は低くなってしまいます。

その点、マイナビ薬剤師は、ほぼ全ての職種の求人を扱っているマイナビが母体の会社です。薬局やドラッグストア以外の求人も多く集まってくる転職サイトであり、企業に転職したい薬剤師には最も向いている薬剤師求人サイトと言えるでしょう。

人気求人は非公開のケースが多い|登録は今すぐしておく

薬剤師から企業に転職したいという希望者は意外と多いです。

したがって企業の求人は人気が高いのですが、この様な人気求人は非公開求人としてるケースも多く、転職サイトに登録しないと知ることができないようになっています。

また、非公開求人は人気が殺到するため、すぐに埋まってしまう傾向があります。

企業の非公開求人となると、求人数も多くないため、早めに登録をしておいて、求人が出されたタイミングですぐに申込める状態にしておく必要があります。

仮に今すぐの転職を希望しない場合でも、登録だけはしておいて、希望の求人がいつきても良い様に備えておきましょう。

マイナビ薬剤師公式登録サイト→マイナビ薬剤師

コメント

タイトルとURLをコピーしました