薬剤師で仕事に行きたくない場合にまずやること

薬剤師で仕事に行きたくないと感じる場合、やるべきことを整理していきたいと思います。

仕事に行きたくない原因を整理する

仕事に行きたくないと感じる場合は、まずはその原因を整理しましょう。

・職場の人間関係が辛い
・勤務時間が長い、残業が多い、肉体的にきつい
・上司や本部からのノルマや目標がきつい
・患者や関係する医師との関係に問題がある

薬剤師として仕事に行きたくなくなる原因には上記のようなものが多いかと思います。

これらの問題は解決できるのであれば、解決するに越したことはありません。

しかし、おそらくはすぐに解決できるものでない場合の方が多いのではないでしょうか。

考え方を変えるだけで楽になるもの

前述した仕事に行きたくない原因となるものは、考え方を少し変えるだけでも楽になるケースがあります。

薬剤師をやっている方は、全体的に真面目な考えの人が圧倒的に多いです。責任感が強く、勤勉であり、それ故、あらゆることに対して物事を重く受け止めがちです。

職場の人間関係が辛い

職場の人間関係が辛い場合は、一生続く人間関係ではない、真面目に相手にする必要はないと考えるべきでしょう。

実際に職場の人間関係は思っているほど長くは続きません。相手や自分が異動になったり、退職したり、場合によっては相手が亡くなるケースなどもあります。

また、たまには適当に接したり、怒りをぶつけたりした方が、相手も自分に気を使うようになったりします。

勤務時間が長い、残業が多い、肉体的にきつい

勤務時間が長い、残業が多い、肉体的にきついような場合は、まずは有給を積極的に利用することを考えましょう。

半休や1日休をどんどん取るようにすれば体力的にも余裕がでます。そして、肉体的にきついということが、上司や本部にも伝わりやすくなります。

もし、有給が取れないという場合は、残念ながらブラック企業と言えるかもしれません。有給は社員の権利として理由にかかわらず、当然取れるものです。有給が取れないという会社は今後は淘汰される可能性があり、その程度の会社であったということになります。

個人的にはこのような会社である場合は、早めに職場を変える事を考えても良いケースだと思います。

上司や本部からのノルマや目標がきつい

上司や本部からのノルマや目標がきついと感じている場合は、もともと無理な要求であったと考えるようにしましょう。

それで辞めさせられるようなことはまずありえませんし、目標を達成できないことで上司や本部から期待されるなくなるのは、今後は無茶な要求をされにくくなる良い傾向とも言えます。

出世を望んでいる場合は別ですが、上司や本部の要求なんて幻想レベルであると考え、気が向いたときにたまに実践する程度で良いと考えましょう。

患者や関係する医師との関係に問題がある

患者や関係する医師との関係に問題がある場合、それらの関係も長くは続かないものと考えましょう。

職場の人間関係と同様、自分が異動や退職するとそれで関係が終了しますし、相手側にも引越しなどで変わる要素があります。

最悪、関係がこじれて修復不能になった場合でも自分が職場を変われば何の問題もありません。適当に愛想を振りまく程度の考えで接していけば良いでしょう。

これをやっておくと気持ちが楽になる

これをやっておくと気持ちが楽になるということがあります。

それは、転職サイトに登録だけすることです。

転職サイトに登録すると、薬剤師の資格があるだけで、多くの職場から求人があることが理解できます。

自分が退職することになったとしても多くの選択肢があるということがわかります。

いざという時は辞めて別の職場にいけば良いという気持ちになり、仕事に対する考え方も少し変わり、日々の仕事に余裕が生まれます。

まずは今、サイトに登録だけしておくようにしましょう。

いざという時のため求人情報はストックしておく

現時点でやっておくべきこととして、求人情報のストックが挙げられます。

その理由として、大変な状況が続いてしまって、ストレスや疲労がピークに達した状態になると、求人サイトに登録する気力すらも失ってしまうからです。

今すぐに転職をしない場合でも、実際の求人情報を確認して、その情報をストックしておくことで、自分がストレスや過労で倒れてしまう前に、転職という選択肢を持つことができます。

また、転職の選択肢を持っておくと、いつでも転職できるという安心感が生まれ、心の安定剤として作用します。

求人サイトの登録は無料で1分程度でできるので、心の余裕がある今のうちに済ませておくのが良いでしょう。

登録するサイトの選択

薬剤師の転職サイトは数多くありますが、以下の2点から絞りましょう。

①大手で求人数が多い

②勧誘がしつこすぎない

①は当然ですね。やはり求人数が多いと選択肢も多くなるため、最低でも数万件の求人数を持った大手の求人サイトが安心でしょう。

②も重要です。あまりに勧誘がしつこいサイトだと、今すぐは転職したくないという時には煩わしいだけです。

①、②とも満たすサイトのひとつとしてファルマスタッフが挙げられます。

ファルマスタッフは5万件以上の求人が登録されており、日本調剤の系列会社が運営している大手であるため、信頼性も問題ありません。

また、②の勧誘については、個人的に登録した感想ではそこまでしつこくない印象でした。

初回の電話面談以降、メールでの連絡のみにして欲しい点と、転職を進めるのは一旦保留にしたい旨を連絡したところ、良い求人情報のみを定期的に送ってくるだけの状態にしてもらえました。

登録するデメリット

他のサイトと同様に初回の電話面談は必須ですので、その点は少し仕方ないでしょう。

個人的に懸念していた、日本調剤の求人を積極的に勧められたりすることはありませんでした。

その他は他のサイトと比べても特にデメリットと感じる点はありませんでした。勧誘の勢いも割と穏やかなので、とりあえず登録だけして求人情報をストックしておきたいという目的には向いているサイトと感じました。

登録だけしておきたい場合にぜひ利用してみてください。

ファルマスタッフ公式登録サイト→薬剤師の求人・転職のことならファルマスタッフ

より詳しい情報はポータルサイトでも

今回の記事のような、薬剤師の専門情報はネット検索でもなかなか見つからなかったりします。

より詳しくまとまった情報は、薬剤師のポータルサイトを活用するのも選択肢です。

無料で使える大手の薬剤師ポータルサイトだとm3.com日経DIの2種類が有名どころですね。

m3.comは業界ニュースの他にも、薬剤師掲示板の機能があり、通常のネット検索では見つからないような情報、他の薬剤師の考えなども知ることができます。

閲覧だけでも勉強になりますが、もちろん自分で質問をして回答をもらうこともできます。

m3例

上記はm3.comの薬剤師掲示板の一例です。

日経DIも業界ニュースが読みやすい形で配信されています。こちらは薬剤師掲示板の機能はありませんが、処方薬辞典など使いやすいコンテンツがあります。

ちなみに登録完了までは、1〜2分かかるので、正直少し面倒くさいです。勤務先とかも入力する必要があるので。

しかし、今やらないと後ではもっとやる気にならないので、メリットを感じる場合は今、登録しても良いでしょう。

デメリットとしては、ニュースメールとかが来るようになります。登録するメールアドレスはご注意ください。

勤務先情報を登録しますが、勤務先に電話とかがかかってきたり、本人確認が来ることはないでその点は安心してください。

薬剤師掲示板が便利/m3.comの登録ページへ移動する

 

❕付録2:薬剤師クイズ 〜疑義照会は3箇所?〜❕

60代男性、上気道炎の処方。

Rp.1)PL配合顆粒 3g
分3 毎食後 5日分

Rp.2)クラリス錠200 2錠
分2 朝夕食後 5日分

Rp.3)メジコン錠15mg 3錠
分3 毎食後 5日分

Rp.4)アレロック錠5 2錠
分2 朝食後・就寝前 5日分

主訴)
・風邪をこじらせてしまった。他のクリニックで葛根湯とアレグラ、フラベリックっていう薬をもらってたけど治らなかった。
・風邪とは別だけど、最近トイレに起きる回数が多くて。尿が出るのも少し時間がかかるかな。先生からはとりあえず薬なしで様子見るよう言われた。

併用薬)
整形外科:サインバルタ20mg(1cap朝食後)、トラムセット(2T朝夕食後)
内科:ネキシウム20mg(1cap夕食後)、ベルソムラ15mg(1T就寝前)

疑義照会するべき事項が3つ程度あります。皆さんはいくつわかりますか?

1. 転職・職場
ヤクサキ 薬剤師その先へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました