薬剤師の転職における志望動機・転職理由の例文と書き方|病院、製薬、企業、ドラッグ等から薬局

転職する際の志望動機・転職理由は薬剤師においても非常に大事です。

採用側の採否の判断に関わるのはもちろんのこと、好印象であればより良い条件で採用してもらえる可能性も出てきます。したがって、志望動機・転職理由についてはよく考え準備しておくようにしましょう。

薬剤師の志望動機と転職理由の考え方と書き方

志望動機・転職理由は主に2つの点から考えるようにしましょう。

①なぜこの職種を選んだか

②なぜこの会社(職場)を選んだか

①の「なぜこの職種を選んだか」は調剤薬局から別の会社の調剤薬局に転職する場合はある程度省略して良いかもしれませんが、●●の理由でこの職種を続けたい、みたいなことは考えておくようにしましょう。

②の「なぜこの会社(職場)を選んだか」は志望動機・転職理由では必須ですね。数ある調剤薬局のうち、なぜこの会社(職場)を選んだのか、など、採用側の担当者が最も聞きたいところでしょう。

また、上記を考える上で、付随してくるのがなぜ今の職種や会社(職場)じゃダメなのか、という点です。この点は履歴書に書くときや、面接で答えるときには、悪口に聞こえるようにならないようあまり強調しないよう注意が必要です。

最終的には①と②を組み合わせて転職理由・志望動機を考えましょう

なお、履歴書の志望動機・転職理由を書くスペースはそこまで多くないのが一般的です。

まずは、面接で回答する用の志望動機・転職理由を作成して、そのあとに要点だけを抜き出した、履歴書に書く用のコンパクト版の志望動機・転職理由を作りましょう

そのように作成することで、履歴書の内容と矛盾なく、面接のときに志望動機・転職理由の話を広げて話すことができるようになります。

志望動機・転職理由の具体的な内容や例文については、パターン別に紹介していきます。

病院薬剤師から調剤薬局への転職の志望動機・転職理由と例文

調剤薬局薬剤師が病院薬剤師と大きく異なる点は、入院患者以外にも多くの患者さんと触れ合い、さらに患者さんへの服薬指導が業務の大きな割合を占める点です。

詳細なポイントや、例文などについては以下の記事を確認してください。

病院薬剤師から調剤薬局への転職の志望動機・転職理由と例文

調剤薬局から別の調剤薬局への転職の志望動機・転職理由と例文

実際に多いケースですが、同じ職種であるため、志望動機・転職理由をどうするか悩む方も多いと思います。

ポイントは以前の職場の悪い点を挙げるのではなく、前向きな理由を挙げていくことです。

詳細な内容や例文などについては以下の記事を確認してください。

調剤薬局から別の調剤薬局への転職の志望動機・転職理由と例文

製薬会社(メーカー)・一般企業から調剤薬局への転職の志望動機・転職理由と例文

製薬会社(メーカー)や一般企業から調剤薬局へ転職する場合は、業務の内容が大きく異なるため、何を書けば良いか迷うかもしれません。

しかし、大きく業務内容が異なるからこそ、書ける内容も多く、前向きな志望動機が書きやすいという特徴もあります。

詳細は以下の記事を確認してください。

製薬会社(メーカー)・一般企業から調剤薬局への転職の志望動機・転職理由と例文

ドラッグストアから調剤薬局への転職の志望動機・転職理由と例文

ドラッグストアから調剤薬局へ転職する場合は、同じ店舗業であるため、活かせる経験も多いはずです。その辺りをうまくアピールするのが良いでしょう。

詳細な内容や例文は以下の記事を確認してください。

ドラッグストアから調剤薬局への転職の志望動機・転職理由と例文

コメント

タイトルとURLをコピーしました