ナゾネックスの後発品(ジェネリック)とAG|一般名処方の注意点など

ついにナゾネックスのジェネリックが発売となりましたね。

一般名処方がややこしいという話もある中、ナゾネックスのジェネリックやAGについて確認してきたいと思います。

ナゾネックスのジェネリックは2019年6月14日に発売

ナゾネックスのジェネリックがついに発売されましたね。

薬価収載は2019年6月14日で、収載されているのは以下の2社、4製品の様です。

・モメタゾン点鼻液50μg「杏林」56噴霧用/モメタゾン点鼻液50μg「杏林」112噴霧用

・モメタゾン点鼻液50μg「MYL」56噴霧用/モメタゾン点鼻液50μg「MYL」112噴霧用

点鼻薬や吸入剤はデバイスの問題もあって、なかなかジェネリックが入り込みにくい印象ですが、ナゾネックスも2社だけ、しかも片方はAGなので実質1社だけ、という状況ですね。

ちなみに「杏林」のほうがAG(オーソライズドジェネリック)です。ナゾネックスはMSDが製造販売元で、杏林が発売元ですものね(モメタゾン点鼻液50μg「杏林」56噴霧用・112噴霧用の薬価収載及び発売日について)。

ただし、そのAGよりも先に発売したのが、ファイザーのモメタゾン点鼻液50μg「MYL」です。さすが世界のファイザー。

AGより先に、しかも薬価収載と同時に発売って、、、どんだけ準備良いの。。。

❕付録:薬剤師クイズ 〜疑義照会が必要かも〜❕

70代男性、以下の継続処方あり。

Rp.1)ジャヌビア50mg 1錠
分1 朝食後     30日分
Rp.2)アジレクト1mg 1錠
分1 朝食後     30日分
Rp.3)アミティーザ24μg 2cap
分2 朝夕食後    30日分

主訴)
・便秘はまだ続いている。薬続けて様子みるよ。
・腰も痛い状態が続いてて、整形で痛み止めのカプセルが追加になった。
・最近トイレに起きる回数が多くて。尿が出るのも少し時間がかかるかな。

上記の患者さんで疑義照会が必要な可能性があります。

ナゾネックスのジェネリックの注意点

さて、めでたく発売に至ったナゾネックスのジェネリックですが、ひとつ重要な注意点があります。

モメタゾン点鼻液50μg「MYL」は容量のg数が先発と異なっています。

「MYL」は56噴霧は7gで112噴霧は13g。

一方で先発のナゾネックスは56噴霧は10g、112噴霧は18g。AGの「杏林」は当然ナゾネックスと同じ。

成分の1g中の量は0.5mg、1噴霧50μgというのは共通なのですが、この容量が異なるのはなぜ。。。

そもそも、1gで10回噴霧できる計算なので、理論上は5.6gあれば56噴霧できるはず。もちろん空うちとかも考慮する必要があるが、56噴霧が10g、112噴霧で18gというのはちょっとお得すぎだったのか。。。それをファイザーは合理的な7gと13g(これでもまだ余裕がある)に変えてきたんでしょうかね。

一般名処方と後発品変更

そして今回の一番の論点です。

一般名処方ではどのような記載になるか。

ORCAとかのサイトで見れますが、ナゾネックスとジェネリックの一般名マスタは以下になる様です(日本医師会ORCA管理機構 マスタ更新)。

・1329710Q1 モメタゾン点鼻液50μg10g
・1329710Q2 モメタゾン点鼻液50μg18g
・1329710Q3 モメタゾン点鼻液50μg7g
・1329710Q4 モメタゾン点鼻液50μg13g

あちゃ〜、思いっきりg容量入ってますね。。。これで一般名処方来るってことですよね?

となると、10gできた場合はナゾネックスかAG、7gできたら「MYL」って異なりなりますよね?疑義照会なしで別の方に変更調剤して良いのか、正直わかりません。。。

それと、先発のナゾネックス処方できた場合、疑義照会なしで「MYL」に変えて良いのか。。。これはなんとなく良い気がしますが、これも正直確信が持てない。。。

このサイトよりおそらく権威性があるだろうyakuzaicさんの「くすりの勉強 -薬剤師のブログ-」では、ナゾネックスからの変更調剤はおそらく問題なし、一般名処方は保険請求上はクリアできるだろうけど、疑義照会したほうが良さそうな見解を示されています。

個人的にはこの意見に同意ですね。やはり一般名処方でgが記載されているもので、違うg数のものを出すのは結構抵抗がありますしね。

今の薬局では当面は先発のナゾネックスしか置かない予定ですが、万が一「モメタゾン点鼻液50μg7g」の一般名処方できた場合、どうするべきか考え中です。

より詳しい情報はポータルサイトでも

今回の記事のような、薬剤師の専門情報はネット検索でもなかなか見つからなかったりします。

より詳しくまとまった情報は、薬剤師のポータルサイトを活用するのも選択肢です。

無料で使える大手の薬剤師ポータルサイトだとm3.com日経DIの2種類が有名どころですね。

m3.comは業界ニュースの他にも、薬剤師掲示板の機能があり、通常のネット検索では見つからないような情報、他の薬剤師の考えなども知ることができます。

閲覧だけでも勉強になりますが、もちろん自分で質問をして回答をもらうこともできます。

m3例

上記はm3.comの薬剤師掲示板の一例です。

日経DIも業界ニュースが読みやすい形で配信されています。こちらは薬剤師掲示板の機能はありませんが、処方薬辞典など使いやすいコンテンツがあります。

ちなみに登録完了までは、1〜2分かかるので、正直少し面倒くさいです。勤務先とかも入力する必要があるので。

しかし、今やらないと後ではもっとやる気にならないので、メリットを感じる場合は今、登録しても良いでしょう。

デメリットとしては、ニュースメールとかが来るようになります。登録するメールアドレスはご注意ください。

勤務先情報を登録しますが、勤務先に電話とかがかかってきたり、本人確認が来ることはないでその点は安心してください。

薬剤師掲示板が便利/m3.comの登録ページへ移動する

 

スポンサーリンク
14 耳鼻科
ヤクサキ 薬剤師その先へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました