PPIとタケキャブの違いや使い分けと一覧|H2ブロッカーとの使い分け、併用についても

PPIとタケキャブの違いや使い分けや一覧についてまとめています。

また、H2ブロッカーとの使い分けや併用についても併せて確認していきます。

タケキャブとPPIの一覧

現在使われているPPIとタケキャブを一覧にすると以下の通り。

分類 一般名(成分名) 主な製品名
PPI オメプラゾール オメプラール、オメプラゾン
ランソプラゾール タケプロン
ラベプラゾール パリエット
エソメプラゾール ネキシウム
P-CAB ボノプラザン タケキャブ

PPIとタケキャブの使い分け

タケキャブとPPIの使い分けは、一般的にタケキャブの方が酸分泌抑制作用が強いとされ、遺伝子多型による影響も少ないとされている。

PPIの中の使い分けでは、オメプラゾールは第一選択にはならなくなってきている。改良製品と言えるエソメプラゾールが発売されたのと、遺伝子多型のより個人差が大きいとされている。ただし、ジェネリックが販売されており、その薬価がやすいという点はメリットのひとつ。

エソメプラゾールはオメプラゾールの単一光学異性体であり、遺伝子多型による個人が少ないのと、小児の適応、顆粒がある点が特徴と言える。

ランソプラゾールはOD錠があるため、製剤のメリットから嚥下困難などので使われるケースもある。作用としては、オメプラゾールとさほど変わらない印象。こちらもジェネリックが安価で販売れているため、その点は有用。

ラベプラゾールはランソプラゾールよりも酸分泌抑制作用が強いと考えられている。分2の用法を持っている唯一のPPIであり特徴と言える。ジェネリックも販売されているが、オメプラゾール、ランソプラゾールよりもやや高額に設定されている印象。

PPI・タケキャブとH2ブロッカーの使い分け

近年は第一選択はまずPPI・タケキャブ。効果もこちらの方が強い。

ただし、以下のような場合はH2ブロッカーが選択されることも多い。

・副作用でPPI、タケキャブが使用できない時
→PPI、タケキャブで副作用を経験している場合は、H2ブロッカーを使用することがある。

・PPI、タケキャブの投薬期間を超えた場合
→PPI、タケキャブは対象疾患に応じて4週、6週、8週など投与期間の制限が設けられている。この期間を超える場合、H2ブロッカーで維持をするケースがある。

・肝機能障害時
→PPIは肝機能障害で代謝の影響が大きいため、H2ブロッカーを用いるケースがある。

・ピロリ除菌判定を行う場合
→PPIは除菌判定で偽陰性を生じさせる可能性があるため、この間はPPIでなく、H2ブロッカーを使う、というケースがある。

・夜間の酸分泌亢進を抑制したい場合
→夜間はプロトンポンプの活性が抑えられるため、H2ブロッカーの方が向いているケースがある。

PPI・タケキャブとH2ブロッカーの併用

PPI・タケキャブとH2ブロッカーの併用は、近年は原則不可になったと言って良い。

社会保険診療報酬支払基金より、保険請求の審査では、H2ブロッカーとプロトンポンプ阻害薬(PPI)の併用投与は原則として認めないことなどを明示しており(m3.com H2ブロッカーとPPIの併用不可に)、おそらくレセプトが切られてしまう可能性が高い。

消化器専門の先生の中には、PPIの夜間効果減弱を補うため、H2ブロッカーを併用するというケースもあるが、前述の引用文の中に、これについてもダメという記載がある。

もし、併用の処方を見た場合は、、、疑義の上、どうしてもそのままということなら医師からの指示という内容のレセプトコメントつけて請求するしかないかもですが。。。

異なる病院、クリニックでそれぞれPPI、H2ブロッカーが出ているケースもよく見る。基本はどちらか片方にしてもらうべきだが、これもそれぞれの先生が譲らないケースや、併用して良いという医師判断も中にはあるため、一辺倒に併用しないよう患者に指導するのではなく、医師の指示や意向を確認した上で、患者さんに伝える必要があるかも。

調剤報酬改定2020は不正請求をしないように

2020年4月から新しい調剤報酬がスタートしますが、対人業務に着眼点がシフトしてきており、今までの調剤報酬と毛色が違ってきている内容もあります。

レセプトも厳しくなってきている中で、曖昧な基準で加算をし、算定要件を満たさないと不正請求とも判断されかねないので、正確な内容の把握が必要です。

新たな調剤報酬の内容の詳細を、わかりやくまとめて確認する場合は、薬剤師のポータルサイトの利用が一般的です。

m3.com:エムスリー株式会社が運営
日経DI:株式会社 日経BPが運営

大手だと上記の2種類ですが、情報の偏りをなくす意味でも複数利用するのが良いでしょう。

なお、いずれも会員登録が必要ですが、無料で使えます

m3.comは業界ニュースの他にも、薬剤師掲示板の機能があり、個々の加算の具体例や、現場の薬剤師が疑問に思うことなどが日々議論されています。

閲覧だけでも勉強になりますが、もちろん自分で質問をして回答をもらうこともできます。

日経DIも業界ニュースが読みやすい形で配信されています。薬剤師掲示板の機能はありませんが、処方薬辞典などこちらも使いやすいコンテンツが無料で使えます。

m3.comで登録する情報>
・好きなログインID、パスワード、氏名、生年月日、性別、メールアドレス
・医療資格(「薬剤師」を選択)
・勤務先名と都道府県

日経DIで登録する情報>
・メールアドレス、パスワード、氏名、生年月日、性別
・医療資格(「薬剤師」を選択)
・勤務先名、住所、連絡先
・国家資格取得年 等

今後は、これらの薬剤師ポータルサイトなどを利用して自分の中でしっかりとした算定基準を持つことをが必要です。レセプトの返礼の嵐なんてことにならないようにしっかり継続学習しましょう。

それぞれの公式登録サイトは以下の通りです。

m3.comの登録ページはこちら

日経DIの登録ページはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする