整腸剤の種類と一覧、作用機序や使い分け

処方薬の整腸剤について、種類と一覧、作用機序、使い分けなどをまとめました。

整腸剤の種類と一覧

主に使われる処方薬の整腸剤は以下の通り。

成分名・一般名 代表的な製品名
ビフィズス菌 ラックビー
ビオフェルミン錠
ラクトミン(乳酸菌)+糖化菌 ビオフェルミン配合散
カゼイ菌 ビオラクチス
ビフィズス菌・ラクトミン配合剤 ビオスミン
耐性乳酸菌 エンテロノンR
ビオフェルミンR
酪酸菌 ミヤBM
ラクトミン+酪酸菌+糖化菌 ビオスリー

整腸剤の作用機序

乳酸菌系であるラクトミン、ビフィズス菌、カゼイ菌は主に乳酸を産生して腸内のpHを下げて整腸作用を示す。

耐性乳酸菌製剤も同様だが、抗菌剤があっても産生できる特徴がある。

酢酸菌系は、腸管内で増殖して、酪酸を産生して整腸作用を示す。

整腸剤の使い分け

耐性乳酸菌は抗生剤と併せて処方されるケースが多い。ただし、キノロン系は効能効果として認められていない(ナジリクス酸はある)。

乳酸菌系では、ビオラクチスは生きたまま腸へ到達しやすいとされてますが、実際にはあまり処方がない。ヨーグルトとかにも含まれる。冷所保存。

ビフィズス菌はビオフェルミン、ラックビーが多い。同じビフィズス菌でも少し菌種が異なるため、薬局で変更とかはできない。ビオフェルミンとラックビーの使い分けは正直、好みの部分が大きいと思う。

ラクトミンも乳酸を酸性するが、ビフィズス菌の方が効果的という意見が多いかも。ビフィズス菌は酢酸とかも産生。

酪酸系はミヤBMが割と独壇場。キノロン系併用できも効果あると言われている。芽胞を形成のため、抗菌剤抵抗性。

ビオスリーも酪酸を含むがミヤBMとは少し菌種が異なる。その他にラクトミン、糖化菌を含むが、ビオスリーが最強!と一概に言えないのが面白いところ。

慢性的な腸疾患の場合は、使い分けというよりはローテーションで回すケースも見られる。

整腸剤のジェネリック変更は注意が必要

整腸剤は安易にジェネリック変更できないので注意が必要。

耐性乳酸菌ではエンテロノン-R散はジェネリックがあるが、ビオフェルミンRは若干異なる。ラックビーR、レベニンも別物。耐性乳酸菌散10%の「JG」と「トーワ」はエンテロノン-Rのジェネリックで他は独立ものと考えるのが良いかも。

ビフィズス菌もラックビー、ビオフェルミン、ビフィスゲンが別物。 ビオスミン配合散はレベニンS配合散がジェネリックに該当する。レベニンSも配合錠になると単独のもの。

ビオラクチスは固有。

酪酸菌系もミヤBM、ビオスリーがいずれの剤型も固有の製剤。

調剤報酬改定2020は不正請求をしないように

2020年4月から新しい調剤報酬がスタートしますが、対人業務に着眼点がシフトしてきており、今までの調剤報酬と毛色が違ってきている内容もあります。

レセプトも厳しくなってきている中で、曖昧な基準で加算をし、算定要件を満たさないと不正請求とも判断されかねないので、正確な内容の把握が必要です。

新たな調剤報酬の内容の詳細を、わかりやくまとめて確認する場合は、薬剤師のポータルサイトの利用が一般的です。

m3.com:エムスリー株式会社が運営
日経DI:株式会社 日経BPが運営

大手だと上記の2種類ですが、情報の偏りをなくす意味でも複数利用するのが良いでしょう。

なお、いずれも会員登録が必要ですが、無料で使えます

m3.comは業界ニュースの他にも、薬剤師掲示板の機能があり、個々の加算の具体例や、現場の薬剤師が疑問に思うことなどが日々議論されています。

閲覧だけでも勉強になりますが、もちろん自分で質問をして回答をもらうこともできます。

日経DIも業界ニュースが読みやすい形で配信されています。薬剤師掲示板の機能はありませんが、処方薬辞典などこちらも使いやすいコンテンツが無料で使えます。

m3.comで登録する情報>
・好きなログインID、パスワード、氏名、生年月日、性別、メールアドレス
・医療資格(「薬剤師」を選択)
・勤務先名と都道府県

日経DIで登録する情報>
・メールアドレス、パスワード、氏名、生年月日、性別
・医療資格(「薬剤師」を選択)
・勤務先名、住所、連絡先
・国家資格取得年 等

今後は、これらの薬剤師ポータルサイトなどを利用して自分の中でしっかりとした算定基準を持つことをが必要です。レセプトの返礼の嵐なんてことにならないようにしっかり継続学習しましょう。

それぞれの公式登録サイトは以下の通りです。

m3.comの登録ページはこちら

日経DIの登録ページはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする