タリージェの特徴と作用機序、リリカとの違い|発売日と薬価についても

リリカに続く末梢性神経障害性疼痛薬として、タリージェが登場しました。

作用機序などの特徴、リリカとの違いなどを見てきます。

タリージェの特徴

一般名はミロガバリン。この時点でリリカ(プレガバリン)の類薬ということがわかる。

用量を徐々にあげてくという特徴もリリカと同様。ただし、到達点は15mgなので、初回用量の3倍。この点はリリカよりも到達点が高い。

1日2回という点もリリカと同様ですね。

タリージェ錠の用法用量

通常、成人には、ミロガバリンとして初期用量1回5mgを1日2回経口投与し、その後1回用量として5mgずつ1週間以上の間隔をあけて漸増し、1回15mgを1日2回経口投与する。なお、年齢、症状により1回10mgから15mgの範囲で適宜増減し、1日2回投与する。

ちなみに適応は「末梢性神経障害性疼痛」のみ。

リリカは「神経障害性疼痛、線維筋痛症に伴う疼痛」なので、リリカの方が中枢性の疼痛、線維筋痛症に使えるというメリットがある。

でも、多分タリージェも後に「末梢性」だけでなくなって、中枢性もいけるようになる可能性は結構あると思う。

タリージェ錠…規格多くない?

ちなみに、タリージェ錠の規格多すぎです。

2.5mg、5mg、10mg、15mgのいきなり4種展開。

薬局困るでしょこれ。勘弁してくだせい。

まぁ5mgさえあれば全部いけるので、5mg必須ですかね。割線もあるし。

ちなみに個人的な心配ですが、将来、OD錠でたりしないよね?いや、大抵こうゆう心配すると発売される。もうパニックですわ。。。

タリージェ錠の作用機序

シナプス前終末におけるα2δユニットに対して結合し、カルシウムイオンの流入を抑制することで、興奮性神経伝達物質の放出を抑制する、とのこと。インタビューフォーム参照。

というわけで、大まかな作用機序はリリカと一緒。

ただ、タリージェは神経障害性疼痛に特に関連が高いα2δ-1サブユニットに対して特異性が高い特徴があるようであり、ここら辺がリリカとの差別化のキーになるのかも。

タリージェの副作用

5%以上が傾眠、めまい、浮腫。

傾眠、めまいは予想通りとして、浮腫の頻度が高いのはリリカと違う気がする。

あとは、リリカで出る視力障害は今のところ記載なし。今後追記される可能性はある気がする。

タリージェ錠の発売日と長期処方制限、解禁は

タリージェの発売日はまだ未定。

ただし、薬価はすでに2019.02.26に収載されている。

通常、薬価収載されれば1〜2ヶ月に発売することが多いので、2019年4月〜5月には発売されるでしょう。

2019.5.12追記

タリージェの発売日は2019年4月15日となりましたね。

当然、新成分なので1年間は14日処方までです。

長期処方の解禁はルール通りに行くと、2020年5月1日になりそうです。

タリージェ錠の薬価

タリージェの薬価は以下の通り。

規格 薬価
タリージェ錠2.5mg 78.0
タリージェ錠5mg 107.7
タリージェ錠10mg 148.7
タリージェ錠15mg 179.6

リリカは以下の通り

規格 薬価
リリカ25mg 66.9
リリカ75mg 111.5
リリカ150mg 153.4

標準の維持量を一番安い薬価で比較すると、タリージェは15mgを2錠なので359.2円、リリカは150mgを2錠(カプセル)なので、306.8円。

まぁ薬価設定のルールからして、類薬なのでそんなに変わんないよね。

調剤報酬改定2020は不正請求をしないように

2020年4月から新しい調剤報酬がスタートしますが、対人業務に着眼点がシフトしてきており、今までの調剤報酬と毛色が違ってきている内容もあります。

レセプトも厳しくなってきている中で、曖昧な基準で加算をし、算定要件を満たさないと不正請求とも判断されかねないので、正確な内容の把握が必要です。

新たな調剤報酬の内容の詳細を、わかりやくまとめて確認する場合は、薬剤師のポータルサイトの利用が一般的です。

m3.com:エムスリー株式会社が運営
日経DI:株式会社 日経BPが運営

大手だと上記の2種類ですが、情報の偏りをなくす意味でも複数利用するのが良いでしょう。

なお、いずれも会員登録が必要ですが、無料で使えます

m3.comは業界ニュースの他にも、薬剤師掲示板の機能があり、個々の加算の具体例や、現場の薬剤師が疑問に思うことなどが日々議論されています。

閲覧だけでも勉強になりますが、もちろん自分で質問をして回答をもらうこともできます。

日経DIも業界ニュースが読みやすい形で配信されています。薬剤師掲示板の機能はありませんが、処方薬辞典などこちらも使いやすいコンテンツが無料で使えます。

m3.comで登録する情報>
・好きなログインID、パスワード、氏名、生年月日、性別、メールアドレス
・医療資格(「薬剤師」を選択)
・勤務先名と都道府県

日経DIで登録する情報>
・メールアドレス、パスワード、氏名、生年月日、性別
・医療資格(「薬剤師」を選択)
・勤務先名、住所、連絡先
・国家資格取得年 等

今後は、これらの薬剤師ポータルサイトなどを利用して自分の中でしっかりとした算定基準を持つことをが必要です。レセプトの返礼の嵐なんてことにならないようにしっかり継続学習しましょう。

それぞれの公式登録サイトは以下の通りです。

m3.comの登録ページはこちら

日経DIの登録ページはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする