リボトリールは抗うつや抗不安薬として効果はあるのか?服薬指導はどうする?

抗てんかん薬のリボトリール(クロナゼパム)について、メンタルクリニック・精神科ではてんかん以外でも幅広く使われている印象です。

リボトリールの使用について改めて確認していきましょう。

リボトリールの適応を確認

みなさんもご存知かと思いますが、リボトリールは抗てんかん薬に分類されますね。

添付文書の効能効果は以下の通り。

小型(運動)発作[ミオクロニー発作、失立(無動)発作、点頭てんかん(幼児けい縮発作、BNSけいれん等)]
精神運動発作
自律神経発作

リボトリール 添付文書

まぁてんかんの薬ですよね。

これを見る限りてんかん以外に使う余地はないように見えますが、実際は。。。

ついでに作用機序も確認していきましょう。

抑制性のGABAニューロンのシナプス後膜に存在するベンゾジアゼピン受容体にアゴニストとして高い親和性で結合し、GABA親和性を増大させることにより、GABAニューロンの作用を特異的に増強すると考えられている。

リボトリール 添付文書

まぁ典型的なベンゾジアゼピンの作用機序ですかね。

抗てんかん薬になるか、抗不安薬になるか、睡眠導入剤になるか、正直学術の深いとこは謎ですね。

いずれにしてもぱっと見、リボトリールは抗てんかん薬であるということをおさらいしました。

てんかん薬として使ってないというケース多くないですか

さて、本題ですが、近年の傾向として、リボトリールがてんかん以外の目的で使われているだろうケースです。

一応、リボトリールの適応外として、「レム(REM)睡眠行動異常症」が認められているようですが、これもちょっと違うかな感(岐阜県薬剤師会 医薬品の適応外使用が認められる事例)。

ずばり、明らかにうつとか抗不安の目的で使われているんじゃないかという事例。

この辺はクリニックの先生のサイトやブログで結構ぶっちゃけてくれている印象があります。

例えば、広島県の明神館クリニックさん。「うつ、不安障害、皮膚感覚異常症、疼痛、耳鳴り、レム睡眠行動障害の治療薬」という記載もあり、結構わかりやすく解説してくれています(明神館クリニック 脳過敏症の治療とは)。

あとは、おそらく島根県の西川病院さんの先生が書かれているサイトで、リボトリールについて「精神科領域では最も強力な抗不安薬として広く使用されている」として触れていますね(精神科診療のポイント 参照6:パニック発作と薬物療法)。

正直、このようなサイトの方がそこらの参考書よりかなり勉強になりますね。

しかし、レセプトはどうやって通しているんだろうと気にもなりますが。

いずれにしてもリボトリール処方=てんかんでないことはこのようなサイトからも明らかであり、添付文書や教科書以外からも情報の収集の必要性が良くわかりますね。

リボトリールはどのように服薬指導するべきか

では、何となくてんかんに対する処方でない気がする場合に、リボトリールをどのように服薬指導するべきか、、、ですが、なかなか難しいですよね。

近年のレセコンだと、お薬手帳シールや、薬袋、薬情に簡単な適応が印字され、てんかんに効くとか、けいれんに効くとか書かれることも。。。

個人的には脳のリラックスする部分に作用して、けいれんの症状を抑えたり、気分を落ち着けたりする効果が期待できる、、、くらいの説明が良いのかな、と最近は考えています。まぁ気分うんぬんは結局適応ないですけどね。

リボトリールはハイリスクを取るべき?

てんかんに対して使われているならもちろん取ってしかるべきでしょう。

しかし、今回のテーマのように、てんかんに対してじゃないような可能性がある場合、やはり取らない方が無難でしょうね。

適応がてんかんしかないのだから、てんかん以外の使用なのでハイリスクが切られる=そもそも適応外なのでレセプト自体が切られる、ような気もしますが、実際問題、リボトリールで処方自体の返戻はきたケースがないですね。ほんと、先生方はレセプトどうしているんだろ、、、謎です。

個別指導でも自分はリボトリールをきわどい使用していうケースに当たったことがないので、何か指摘される可能性があるのか、わかりませんが、何れにしてもハイリスクはてんかんの確証がない場合は取らない方が良さそうですね。

調剤報酬改定2020は不正請求をしないように

2020年4月から新しい調剤報酬がスタートしますが、対人業務に着眼点がシフトしてきており、今までの調剤報酬と毛色が違ってきている内容もあります。

レセプトも厳しくなってきている中で、曖昧な基準で加算をし、算定要件を満たさないと不正請求とも判断されかねないので、正確な内容の把握が必要です。

新たな調剤報酬の内容の詳細を、わかりやくまとめて確認する場合は、薬剤師のポータルサイトの利用が一般的です。

m3.com:エムスリー株式会社が運営
日経DI:株式会社 日経BPが運営

大手だと上記の2種類ですが、情報の偏りをなくす意味でも複数利用するのが良いでしょう。

なお、いずれも会員登録が必要ですが、無料で使えます

m3.comは業界ニュースの他にも、薬剤師掲示板の機能があり、個々の加算の具体例や、現場の薬剤師が疑問に思うことなどが日々議論されています。

閲覧だけでも勉強になりますが、もちろん自分で質問をして回答をもらうこともできます。

日経DIも業界ニュースが読みやすい形で配信されています。薬剤師掲示板の機能はありませんが、処方薬辞典などこちらも使いやすいコンテンツが無料で使えます。

m3.comで登録する情報>
・好きなログインID、パスワード、氏名、生年月日、性別、メールアドレス
・医療資格(「薬剤師」を選択)
・勤務先名と都道府県

日経DIで登録する情報>
・メールアドレス、パスワード、氏名、生年月日、性別
・医療資格(「薬剤師」を選択)
・勤務先名、住所、連絡先
・国家資格取得年 等

今後は、これらの薬剤師ポータルサイトなどを利用して自分の中でしっかりとした算定基準を持つことをが必要です。レセプトの返礼の嵐なんてことにならないようにしっかり継続学習しましょう。

それぞれの公式登録サイトは以下の通りです。

m3.comの登録ページはこちら

日経DIの登録ページはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする