薬剤師の配置基準の見直しと一人あたり40枚の根拠の省令は

日経DIなどによれば、厚生労働省医薬・生活衛生局長の宮本真司氏が40枚という薬剤師の配置基準に関して、見直しの考えを明らかにしているそう。この件について。

薬剤師の必要な人数は40枚に一人|どの省令に書いてある?

まずはここを整理。薬局並びに店舗販売業及び配置販売業の業務を行う体制を定める省令にこの40枚という記載がある。

ちなみに旧薬事法に基づいた省令なので、現在では薬機法に紐づくことになる。

記載の部分が第一条の第2項。

当該薬局において、調剤に従事する薬剤師の員数が当該薬局における一日平均取扱処方箋数(前年における総取扱処方箋数(前年において取り扱つた眼科、耳鼻咽喉科及び歯科の処方箋の数にそれぞれ三分の二を乗じた数とその他の診療科の処方箋の数との合計数をいう。)を前年において業務を行つた日数で除して得た数とする。ただし、前年において業務を行つた期間がないか、又は三箇月未満である場合においては、推定によるものとする。)を四十で除して得た数(その数が一に満たないときは一とし、その数に一に満たない端数が生じたときは、その端数は一とする。)以上であること。

簡単にいうと、薬剤師の人数が1日平均枚数を40で割った数字より多くなきゃダメ。ただし、眼科、耳鼻咽喉科、歯科は2/3をかけるので、本当に眼科しかこない薬局とかなら60枚までいけることになる。

しかし、昭和三十九年二月三日の省令とは、、、ずいぶん古いですね。よく今もこれを基準にしているなぁーというのが正直な感想。

40枚に1人という基準の抜け道的なものが多い件

たいていの薬剤師さんは気づいていると思いますが、この基準は抜け道的なものが多すぎる。

まず、半日しか営業していない土曜日とかも1日カウントなんですよね?であれば忙しさは変わらないけど、処方箋枚数としては半分くらいの枚数しかこない日がでてくる。

あとは、薬剤師の人数はそもそも保健所に届け出ている薬剤師全員ということですよね?

週に1日でも出勤するパートの薬剤師さんがいっぱいいれば書類上の薬剤師人数は増える。

他にも管理薬剤師のさらに上の立場の人で、エリアマネージャーとかブロック長とか、むしろ社長とか。要はたまに来て指示を出していったりするけど、実務はそんなにしないような人も、登録だけはしておくみたいなケースは多いと思う。他にもヘルプ要員の薬剤師とか。

結局こうゆう薬剤師がいれば、登録上の薬剤師人数は増えるわけで、40枚に1人とかは余裕でクリアできたりもする。

上記のような点から、現状そこまで大きな意味をなしていない基準だと個人的には思う。

日経DIの見解についても少し考察

日経DIの見解だと、「40枚がいきなり80枚とか100枚までとか、逆に30枚とか20枚までなどと、取扱枚数を大きく変えることはないでしょう。」と考察していますが、この点については確かにそうかと。

一律に処方箋の枚数をいじるというよりは、むしろ薬剤師のカウントの仕方を整備してくる可能性もあるんじゃないかと個人的には思っています。

前述のように薬剤師のカウントの方法がなにも決まってなさすぎて、正直どうにでもなる点が多いのかと。

例えば、週に40時間で薬剤師一人分で計算とか。そうするとパートさん3人で1人分みたいなことになるのかも。ただ、それにしても誰が何時間勤務しているとかの真意は行政側は把握できないかもしれないですが。

「「処方の軽重」によってカウントを変えるという可能性」というのも結構ありうるかなーと思いました。

ただ、これが本当に実施されたらレセコンでやるにしてもだいぶ計算が複雑になるので、なんとなく計算しながら薬剤師の人数を決めるというのは少し難しくなりますね。

調剤報酬改定2020の詳細は薬剤師ポータルサイトでも

2020年4月から新しい調剤報酬がスタートとなります。

より詳細な情報を確認したい場合は薬剤師のポータルサイトなどでわかりやすく解説しています。

大手の薬剤師ポータルサイトだと以下の2種類が有名どころです。

m3.com:エムスリー株式会社が運営
日経DI:株式会社 日経BPが運営

どちらも会員登録をすると基本は無料で利用できますので両方に登録するのがおすすめです。

m3.comは業界ニュースの他にも、薬剤師掲示板の機能があり、個々の加算の具体例や、現場の薬剤師が疑問に思うことなどが日々議論されています。

閲覧だけでも勉強になりますが、もちろん自分で質問をして回答をもらうこともできます。

日経DIも業界ニュースが読みやすい形で配信されています。薬剤師掲示板の機能はありませんが、処方薬辞典などこちらも使いやすいコンテンツが無料で使えます。

m3.comで登録する情報>
・好きなログインID、パスワード、氏名、生年月日、性別、メールアドレス
・医療資格(「薬剤師」を選択)
・勤務先名と都道府県

日経DIで登録する情報>
・メールアドレス、パスワード、氏名、生年月日、性別
・医療資格(「薬剤師」を選択)
・勤務先名、住所、連絡先
・国家資格取得年 等

どちらも無料で簡単に登録できるので試してみてください。

m3.comの登録ページはこちら

日経DIの登録ページはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする