薬剤師の転職体験談のまとめ|病院、薬局、ドラッグストア、企業(メーカー)など失敗や後悔した点と良かった点

薬剤師の転職に関して、実際の転職した体験談をまとめてみました。

それぞれのパターンに関して、失敗や後悔したことと良かったこと、メリット・デメリットなどをまとめています。

薬剤師の転職の体験談|良かったことと後悔や失敗

薬剤師が転職が活発な業界の一つと言えます。

転職の理由はもちろん様々だと思いますが、転職を引き起こす原因は、以下の3つに集約されるケースが多いです。

①人間関係の問題

②待遇や環境の不満

③将来への不安やスキルアップのため

基本的に上記の理由で8割くらいを占めるでしょう。それ以外の理由として、引っ越しや家族のためなどがありますが、実際には少数派でしょう。

結論を言うと、薬剤師は転職しても上記の3点の理由が必ずしも解消されるとは限りません。

どのような職種でも、どのような職場でも多かれ少なかれ、必ず不満や不安、人間関係の問題は発生してきます。

実際に転職を複数回経験した体験談として、後悔や失敗だったと思うケースもあります。

ただし、現在の職場にとどまり続けても、状況が好転するケースは多くありません。これも体験済みです。

重要なのは、転職する場合は理由と動機をしっかり固めて、納得のいく職場に転職することと、もし転職せず現職にとどまる場合は、今の状況を少しでも改善するために努力すること、と言えるでしょう。

今回の記事では、薬剤師の転職において、幾つかのパターンの転職体験談をまとめています。

転職を検討するにあたって、参考にしていただければと思います。

病院薬剤師から薬局への転職の体験談

病院→薬局への転職パターンについてです。

個人的に病院薬剤師は「かっこいい」というイメージは今でもあります。

病院は薬剤師の中でもエリートな人が集まるイメージ、というか実際にそうでしょう。

しかし、そのエリートの人たちが必ずしも適正な待遇を受けているとは言えない状況です。

具体的には年収は普通の薬局の方が高いケースがほとんどです。

当直がきつかったりと、体力的にも続けるのが難しいと思うこともあるでしょう。

病院から薬局の薬剤師への転職を検討している人は以下の記事を参考にしてください。

病院薬剤師から薬局薬剤師へ転職の体験談|仕事の違う点とメリットとデメリット、良かった点と後悔は

薬局から別の薬局への転職体験談

薬局→別の薬局の転職パターンについてです。

これも最もよくある転職パターンの一つでしょう。

薬局は物理的にも精神的にも狭い空間なので、一度何かがうまく行かなくなると改善するのが難しくなる職場です。

異動などが気軽にできる環境であれば良いですが、それも難しい場合は転職を検討することもあるでしょう。

このパターンでの転職で気をつけることは、転職しても同じような問題に突き当る可能性があることです。それを考慮した上でも転職する方がメリットがあると思えば転職を検討するべきでしょう。

また、もう一つ重要なこととして、転職した後にすぐ成功か失敗かの結論を出さないことです。転職したての頃は、前の職場の方が良かったと思うことはよくあります。自分もそのようなケースを経験済みです。

しかし、少し期間をおいて冷静に考えると、やっぱり転職して良かったと思うことができました。同じ職種だからこそ、転職する際にはよく検討を重ねるのが良いでしょう。

実際の体験談の詳細については、以下の記事を参考にしてください。

薬局から別の薬局への転職体験談|失敗したと思ったこととよかったこと

製薬会社から薬局への転職の体験談

企業→薬局の転職パターンです。

このパターンの転職では、日常が一変します。

日々の仕事でやることが大きく変わり、仕事の考え方も大きく変わります。

企業時代は一つの仕事が大きく、中長期的な視点でじっくり考えることが必要、薬局薬剤師になってからは、一つ一つの仕事を素早く判断していく、という感じです。

ひとつ例えとして、大学入試を挙げます。

薬剤師の免許を持っている人なら大学入試の制度は知っているかと思いますが、薬局薬剤師の仕事は、難しくない問題を数多くこなし、できる限りミスを減らす必要がある「センター試験」です。(今後は「大学入学共通テスト」に名称が変わるそうですね。)

一方で、製薬会社の仕事は難しい問題に対してじっくり時間をかけて解いていく「二次試験」です。全ての問題に対してミスなくこなすというよりは、自分の解ける問題をじっくり解いて、場合によっては途中点を稼いでいく見ないな攻略方法ですね。

うまく例えられているか怪しいですが、製薬会社と薬局とでは仕事の仕方が大きく変わってくることだけは確かです。

その分、転職後のギャップも大きい可能性がある転職パターンですので、以下の転職体験談も参考にしていただき、ギャップをなるべく少なくするようにしましょう。

薬剤師に転職した体験談とメリット・デメリット|製薬会社から薬局に転職したときの良かった点と後悔した点

ドラッグストアから薬局への転職の体験談

ドラッグストア→薬局への転職パターンです。

同じ店舗業という点では、転職後のイメージもしやすいと思います。

しかし、比較的近い職種のため、転職前に抱えていた不満や不安などについて、結局転職後も同じようなことで悩むようになる、なんて可能性も考えられます。

薬局に転職すれば、ドラッグストア時代に抱えていた問題は全て解決されるなどとは、安易に考えず、正しい目的をもって、そして転職後のイメージを具体的に持って転職するのが良いでしょう。

ドラッグストアから薬局への転職した体験談は以下の記事を参考にしてください。

薬剤師の転職体験談|ドラッグから調剤薬局へ転職して良かった点、後悔した点|メリットとデメリット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする