薬局薬剤師のやりがいや魅力は?サラリーマンとの違いも

薬局薬剤師に転職してから感じる薬剤師のやりがいや魅力、サラリーマンとの違いをまとめます。

薬局薬剤師のやりがいと魅力

薬局薬剤師のやりがいや魅力といえば、以下のような点が挙げられるでしょう。

①患者さんと直接触れ合える
②一人の患者さんに時間をかけて薬の説明をできる
③専門性の高い処方薬に幅広く携わることができる

①は製薬会社や一般企業のサラリーマンではなかなか味わえることがないやりがいです。

②は製薬会社や一般企業のサラリーマンもそうですが、病院の薬剤師においても外来ではなかなか一人の時間がかけられないケースがあるため、薬局薬剤師のやりがいのひとつと言えます。

③は製薬会社では自社の医薬品にしか関われない点、ドラッグストアでは市販薬にさく時間も多くなる点と比較し、薬局薬剤師の魅力となる点と言えます。

薬局薬剤師とドラッグストアや病院の薬剤師との違い

同じ薬剤師でもドラッグストアや病院薬剤師とは少しやりがいが異なります。

ドラッグストアでは一般的にに市販薬や日用雑貨も取り扱うことが多いですが、薬局の薬剤師ではより多くの時間が薬剤師としての知識を活かせる処方薬と携わることになります。この点は薬局薬剤師の魅力の一つです。

病院では注射薬などを取り扱える魅力がありますが、病院の主役となるスタッフはやはり医師や看護師であり、薬剤師は医療従事者メンバーの一人という位置付けになります。

一方薬局は薬剤師がスタッフの主役であり、一人一人の患者さんに薬剤師が時間をかけて薬の説明をすることができるのがやりがいと言えます。また、病院と違い、採用薬が比較的幅広いのも薬局の魅力のひとつです。

薬局薬剤師と企業のサラリーマンの違いは

薬局薬剤師と製薬企業や一般企業のサラリーマンとの違いは、やはり患者さんに直接触れあえる点が挙げられるでしょう。

製薬会社では薬を使う患者さんと直接触れあるケースはほとんどありません。その他のデスクワークを行う一般企業でも同様でしょう。

直接患者さんと触れあることで、当然患者さんから怒られたり、クレームを言われるようなこともあります。しかし、それ以上に感謝されたり、患者さんが元気にある姿を見て、嬉しい気持ちになることの方がはるかに多いです。

この点は非常に大きな薬局薬剤師のやりがい・魅力と言えます。

薬剤師の転職サイトの使い分けと感想|おすすめのサイトは

数ある薬剤師の転職サイトですが、実際に使用するべきサイトは数社に絞られます。

それらの転職サイトについて、それぞれ使用した感想と、大まかな使い分けなどをまとめていますのでこちらの記事も参考にしてください。

すでにどこかしらの転職サイトを利用している人もいるかと思いますが、転職先を確定させる前に、他の転職サイトでも条件のチェックなどをしておくのがおすすめです。

関連記事:薬剤師転職サイトの大手4社を使ってみた結果|リクナビ、マイナビ、薬キャリ、ファルマスタッフの特徴

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました