ペンタサ注腸の使い方と服薬指導のポイントのまとめ

近年は、レクタブルの登場などもあり、一時期よりは使用が減っているペンタサ注腸ですが、潰瘍性大腸炎の活動期などでは今でも使われることがあります。

使い方がやや複雑な注腸剤について、使い方と服薬指導のポイントをまとめました。

ペンタサ注腸の効能効果と用法用量

まずは基本的なところを確認していきます。

効能・効果は「潰瘍性大腸炎(重症を除く)」となっています。

用法用量は「通常、成人には1日1個(メサラジンとして1g)を、直腸内注入する。なお、年齢、症状により適宜減量する。」となっており、原則は1日1個です。

参考:ペンタサ注腸1g 添付文書

ペンタサ注腸の使い方|指導箋から服薬指導のポイントを

本題のペンタサ注腸の使い方です。

まず同封されているものは、以下の5点。

・注腸容器
・ノズル延長用カテーテル
・ストッパー
・ポリ袋
・説明書(指導箋)

ちなみに説明書は1箱7個入りに対して、1枚しか同封されていないので、7個以下で調剤するときは、コピーして使った方が良いかも。

その他の同封されているものとして、メインの注腸容器以外は、無理に使わなくても良いもの。

ノズル延長用カテーテルとストッパーは、肛門に入れるノズルが柔らかくて細い方が良い人用のためであり、注腸容器に付属のノズルで問題なければ無理に使わなくてOK。

ポリ袋は薬液が漏れたとき用のもの。こちらも無理に使う必要はない。

手順としては以下の通り。

①必要に応じて注腸容器の温め
②必要に応じて注腸ノズルやカテーテルへ潤滑油の使用
③必要に応じてカテーテルの装着、ストッパーはメモリ4〜6を目安に
④注腸の懸濁
⑤注腸容器の開栓、360度回転させる
⑥注腸の持ち方確認、ノズルの先端が手首側、直腸が背中側に伸びているイメージ、必要応じてポリ袋を装着
⑦挿入時の体位に、左腰を下にする、S状結腸側に薬が届くように
⑧薬液の注入、ゆっくり慎重に挿入、1分程度を目安に注入、容器を握りしめたまま引き抜き
⑨必要に応じて体位変換、医師の指示どおりに、左下→腹ばい→左下→仰向け→右下を各1分ごとに

服薬指導のポイントして、以下の点も説明すると良いかも。

・薬液をできるだけ長い時間大腸に保持しておくことが重要
・無理せず保持できる液量から開始でOK
・事前に排便を済ませておく
・入浴後や就寝前などに注入するのが一般的
・朝の排便時に残った注腸液が排泄されるのは問題なし
・光の影響を受けるので、使う直前にアルミ袋から出す

参考:ペンタサ注腸1g ご使用にあたって

ペンタサ注腸の禁忌と併用注意

禁忌と併用注意の確認も。

禁忌は重篤な腎障害患者と重篤な肝障害患者。あとはペンタサそのものやサリチル酸エステル類・サリチル酸塩類で過敏症の既往歴の場合。

併用注意は利尿剤、ステロイド剤、アザチオプリン、メルカプトプリン。

ペンタサ注腸自体が局所なので、実際には併用してもそこまで影響がでることは考えにくいと思う。

調剤報酬改定2020の詳細は薬剤師ポータルサイトでも

2020年4月から新しい調剤報酬がスタートとなります。

より詳細な情報を確認したい場合は薬剤師のポータルサイトなどでわかりやすく解説しています。

大手の薬剤師ポータルサイトだと以下の2種類が有名どころです。

m3.com:エムスリー株式会社が運営
日経DI:株式会社 日経BPが運営

どちらも会員登録をすると基本は無料で利用できますので両方に登録するのがおすすめです。

m3.comは業界ニュースの他にも、薬剤師掲示板の機能があり、個々の加算の具体例や、現場の薬剤師が疑問に思うことなどが日々議論されています。

閲覧だけでも勉強になりますが、もちろん自分で質問をして回答をもらうこともできます。

日経DIも業界ニュースが読みやすい形で配信されています。薬剤師掲示板の機能はありませんが、処方薬辞典などこちらも使いやすいコンテンツが無料で使えます。

m3.comで登録する情報>
・好きなログインID、パスワード、氏名、生年月日、性別、メールアドレス
・医療資格(「薬剤師」を選択)
・勤務先名と都道府県

日経DIで登録する情報>
・メールアドレス、パスワード、氏名、生年月日、性別
・医療資格(「薬剤師」を選択)
・勤務先名、住所、連絡先
・国家資格取得年 等

どちらも無料で簡単に登録できるので試してみてください。

m3.comの登録ページはこちら

日経DIの登録ページはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする