スローケーから他のカリウム製剤への切り替え|換算量は?

スローケーの販売中止がメーカーから報告されました。おそらく採算が取れないためなのでしょうが、近年のケナログといい、外資は本当に思い切ってきますね。今回はスローケーの代替品と、変更するときの注意点をみていきたいと思います。

スローケーの代替品の候補

注射とか原末とかを除くと、主な代替品は以下の通り。

一般名・成分名 製品名 mEq
塩化カリウム ケーサプライ錠600mg 8mEq/錠
L-アスパラギン酸カリウム アスパラカリウム錠300mg
アスケート錠300mg
1.8mEq/錠
グルコン酸カリウム グルコンサンK錠5mEq、2.5mEq 5mEq/錠、2.5mEq/錠

ケーサプライはスローケーのジェネリックなので何も考えずに変更しても問題なさそう。

アスパラカリウム錠とグルコンサンK錠に変えるときは少し注意が必要となる。

mEq数だけで用量は決められない

カリウム製剤を変更する際には製剤のmg数じゃなくて、mEq数で変更するのが大事!

というのは、薬剤師なら誰でも気づくと思いますが、単純に同mEq数にすれば良いと考えるは不正解となります。

まず、スローケートと前述した製剤の用法の確認。

一般名(製品名) 1錠あたりのカリウムmEq 用法
塩化カリウム
(スローケー錠600mg)
(ケーサプライ錠600mg)
8mEq 通常成人には1回2錠を1日2回食後経口投与する。
→32mEq
L-アスパラギン酸カリウム
(アスパラカリウム錠300mg)
(アスケート錠300mg)
1.8mEq 通常成人1日0.9〜2.7g(錠:3〜9錠、散:1.8〜5.4g)を3回
→5.4〜16.2mEq
グルコン酸カリウム
(グルコンサンK錠5mEq、2.5mEq)
5mEq、2.5mEq 1回カリウム10mEq相当量を1日3〜4回経口投与
→30〜40mEq

上記の通り、スローケーとアスパラカリウム錠は用法からすると1日のmEq数に結構開きがある。

これ、結構定番のヒヤリハットのようで、スローケーからアスパラカリウムに変更する際に単純にmEq数だけ見ながらやると、アスパラカリウムでは過量投与になる恐れがあるとのこと。

この理由は、両者の組織移行性に違いがあるためであり、アスパラカリウム錠はスローケーよりも移行性が高いため、すくないmEq数でも効果が高いと考えられる。

この事例についての詳細は以下の資料がわかりやすい。P.79参照。

広島県薬剤師会誌 No.272

アスパラカリウム錠などのL-アスパラギン酸カリウム製剤は、スローケーなどの塩化カリウム製剤の1/4〜1/2量以下で治療効果が発揮されるとのこと。グルコン酸カリウム製剤は、3種類の中でももっとも組織移行性は高いということだが、カリウムのmEq量はなぜか塩化カリウム製剤と同程度とか。この理由はよくわからなかった。

まとめると、スローケーからケーサプライに変えるときは、ただのジェネリック変更なのであまり問題ない。

スローケーからグルコンサンK錠に変えるときは、多少効果が変わるかもしれないが、同mEq数になればさほど問題ない。スローケー1錠(8mEq)に対してグルコンサンK錠5mEqを1.5錠(7.5mEq)くらい。

スローケーからアスパラカリウム錠やアスケート錠に変えるとときは特に注意が必要。スローケー1錠(8mEq)に対してアスパラカリウム錠1〜2錠(1.8〜3.6mEq)くらいが妥当か。アスパラカリウム散でも同様の注意が必要。

用量に注意が必要なことだけでも覚えておく

さて、前述のように、スローケーから他の製剤への代替について(その他のパターンも含めて)、単純なmEq数だけでは決めれらないことを確認していきましたが、詳細な内容まで覚えておくのはなかなか難しいでしょう。

したがって、最低限、カリウム製剤の成分変更をした際には、用量設定には十分注意が必要、ということだけを覚えておいて、実際の量を計算するのは、確実な資料を見比べて、というのが現実的でしょう。

無難なのは、スローケーからの変更はジェネリックのケーサプライへの変更。ただし、少し納入しにくい状況も続いているようですね。

グルコンサンKやアスパラカリウムへの変更処方である場合は十分注意するようにしましょう。

調剤報酬改定2020の詳細は薬剤師ポータルサイトでも

2020年4月から新しい調剤報酬がスタートとなります。

より詳細な情報を確認したい場合は薬剤師のポータルサイトなどでわかりやすく解説しています。

大手の薬剤師ポータルサイトだと以下の2種類が有名どころです。

m3.com:エムスリー株式会社が運営
日経DI:株式会社 日経BPが運営

どちらも会員登録をすると基本は無料で利用できますので両方に登録するのがおすすめです。

m3.comは業界ニュースの他にも、薬剤師掲示板の機能があり、個々の加算の具体例や、現場の薬剤師が疑問に思うことなどが日々議論されています。

閲覧だけでも勉強になりますが、もちろん自分で質問をして回答をもらうこともできます。

日経DIも業界ニュースが読みやすい形で配信されています。薬剤師掲示板の機能はありませんが、処方薬辞典などこちらも使いやすいコンテンツが無料で使えます。

m3.comで登録する情報>
・好きなログインID、パスワード、氏名、生年月日、性別、メールアドレス
・医療資格(「薬剤師」を選択)
・勤務先名と都道府県

日経DIで登録する情報>
・メールアドレス、パスワード、氏名、生年月日、性別
・医療資格(「薬剤師」を選択)
・勤務先名、住所、連絡先
・国家資格取得年 等

どちらも無料で簡単に登録できるので試してみてください。

m3.comの登録ページはこちら

日経DIの登録ページはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする