抗精神病薬の一覧と使い分け、作用機序など|統合失調症の薬について

統合失調症等の治療薬である抗精神病薬について、一覧と使い分け、作用機序などをまとめました。

抗精神病薬の一覧

現在主に使われている抗精神病薬の一覧は以下の通り。

近年はSDA、MARTA、DPAなどの非定型抗精神病薬がメインで使われ、その中でもMARTA、DPAが第一選択になることが多い。

分類 成分名・一般名 主な製品名
フェノチアジン系 クロルプロマジン ウインタミン
コントミン
レボメプロマジン ヒルナミン
レボトミン
プロペリシアジン ニューレプチル
フルフェナジン フルメジン
ペルフェナジン ピーゼットシー
プロクロルペラジン ノバミン
ブチロフェノン系 ピパンペロン プロピタン
スピペロン スピロピタン
チミペロン トロペロン
ピモジド オーラップ
ブロムペリドール インプロメン
ハロペリドール セレネース
イミノジベンジル系 クロカプラミン クロフェクトン
モサプラミン クレミン
ベンザミド系 スルピリド アビリット
ドグマチール
スルトプリド バルネチール
ネモナプリド エミレース
チエピン系 ゾテピン ロドピン
インドール系 オキシペルチン ホーリット
SDA リスペリドン リスパダール
パリペリドン インヴェガ
ペロスピロン ルーラン
ブロナンセリン ロナセン
MARTA クエチアピン セロクエル
オランザピン ジプレキサ
クロザピン クロザリル
アセナピン シクレスト
DPA アリピプラゾール エビリファイ
ブレクスピプラゾール レキサルティ

抗精神病薬の作用機序

定型抗精神病薬は主にドパミンD2受容体遮断作用。

非定型抗精神病薬はSDA(serotonin-dopamine antagonist)、MARTA(multi-acting-receptor-targeted-antipsychotics)、DPAがある。DPA(Dopamine Partial Agonist)はDSS(Dopamine System Stabilizer)とも言われる。

SDAはセロトニン・ドパミン拮抗薬。主な作用機序はドパミンD2遮断作用、セロトニン5HT2遮断作用。

MARTAは多受容体作用抗精神病薬。ドパミン、セロトニン受容体に加え、ヒスタミン受容体等にも作用する。

DPAはドパミン部分作動薬。ドパミンが過剰な状態では拮抗作用、ドパミン減少の場合は部分アゴニストとして作用。

抗精神病薬の使い分け

近年は副作用の少ないSDA、MARTA、DPAなどの非定型抗精神病薬がメインで使われる。

SDAはリスペリドンがよく使われる。剤型の種類が豊富。

パリペリドンは鎮静作用が少ない。

ペロスピロンはリスペリドンより錐体外路障害が少ない。

ブロナンセリンは血糖値上昇、体重増加、プロラクチン上昇が少ない。

MARTAではオランザピンが効果がはっきり出るが副作用や離脱症状もある印象。

クエチアピンはオランザピンよりも効果が落ちるがバランスは良い印象。

クロザピンは治療抵抗性の統合失調症に適応がある。重大な副作用の方向もあるため、要モニタリング。

アセナピンは舌下錠。糖尿病患者に対して禁忌でない。

DPAでは、アリピプラゾールは鎮静効果が少ない特徴がある。適応が幅広く、躁症状やうつ病の適応もある。

ブレクスピプラゾールもアリピプラゾールと同様の特徴だが、アカシジアや体重増加などの副作用がより軽減されている。

陽性症状に対しては現在も定型抗精神病薬が使われることがある。

コントミンは強い鎮静作用、セレネースは抗幻覚・妄想作用などに優れる。ピーゼットシー、ノバミンなんかも合う人には長く使われている印象。

ドグマチールは統合失調症に対してよりも、近年は抗うつで使う方が多い印象。

調剤報酬改定2020は不正請求をしないように

2020年4月から新しい調剤報酬がスタートしますが、対人業務に着眼点がシフトしてきており、今までの調剤報酬と毛色が違ってきている内容もあります。

レセプトも厳しくなってきている中で、曖昧な基準で加算をし、算定要件を満たさないと不正請求とも判断されかねないので、正確な内容の把握が必要です。

新たな調剤報酬の内容の詳細を、わかりやくまとめて確認する場合は、薬剤師のポータルサイトの利用が一般的です。

m3.com:エムスリー株式会社が運営
日経DI:株式会社 日経BPが運営

大手だと上記の2種類ですが、情報の偏りをなくす意味でも複数利用するのが良いでしょう。

なお、いずれも会員登録が必要ですが、無料で使えます

m3.comは業界ニュースの他にも、薬剤師掲示板の機能があり、個々の加算の具体例や、現場の薬剤師が疑問に思うことなどが日々議論されています。

閲覧だけでも勉強になりますが、もちろん自分で質問をして回答をもらうこともできます。

日経DIも業界ニュースが読みやすい形で配信されています。薬剤師掲示板の機能はありませんが、処方薬辞典などこちらも使いやすいコンテンツが無料で使えます。

m3.comで登録する情報>
・好きなログインID、パスワード、氏名、生年月日、性別、メールアドレス
・医療資格(「薬剤師」を選択)
・勤務先名と都道府県

日経DIで登録する情報>
・メールアドレス、パスワード、氏名、生年月日、性別
・医療資格(「薬剤師」を選択)
・勤務先名、住所、連絡先
・国家資格取得年 等

今後は、これらの薬剤師ポータルサイトなどを利用して自分の中でしっかりとした算定基準を持つことをが必要です。レセプトの返礼の嵐なんてことにならないようにしっかり継続学習しましょう。

それぞれの公式登録サイトは以下の通りです。

m3.comの登録ページはこちら

日経DIの登録ページはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする