トリンテリックスの特徴まとめ|新発売の抗うつ剤の効果、副作用、薬価など

新たに登場した新規機序のトリンテリックスの特徴について、発売日、薬価、効果、副作用などまとめました。

トリンテリックスの特徴

トリンテリックス(成分名:ボルチオキセチン)は2019年の11月に新たに発売となった抗うつ剤です。

SNRI、SSRI、NaSSA、いずれにも属さない新作用機序であり、セロトニン再取り込み阻害・ セロトニン受容体調節剤とされています(トリンテリックス錠10mg/トリンテリックス錠20mg 添付文書)。

抗うつ剤にまた新しい選択肢が登場した感じですね。

トリンテリックスの発売は2019年11月27日

トリンテリックスは2019年9月20日に承認、2019年11月19日に薬価収載、2019年11月27日発売となりました。

薬価収載から発売までかなりのスピード対応ですね。メーカー側が結構力を入れている製品なのかもしれませんね。

ちなみに製造販売のメーカーは天下の武田薬品工業株式会社です。ということはスズケンからは買えないのかな。。。

14日の投与日数制限2020年11月まで|2020年12月から長期処方が解禁

いわゆるピカ新なので、トリンテリックスは例のごとく14日の日数処方制限があります。

発売から1年なので、2020年の11月までが14日処方。2020年12月から晴れて長期処方が解禁となりますね。

トリンテリックスの薬価

トリンテリックスの薬価は、トリンテリックス錠10mgが1錠168.9円、トリンテリックス錠20mg が1錠253.4円となっています。

この薬価は比較的新しめの薬価と比較しても高すぎず、低すぎずですかね。

参考までに、リフレックス・レメロン、イフェクサー、レクサプロあたりと比べてみました。

薬剤名 規格 薬価
トリンテリックス 10mg 168.9
20mg 253.4
リフレックス/レメロン 15mg 154.8/154.2
30mg 256.2/255.1
イフェクサー 37.5mg 142.9
75mg 240.3
レクサプロ 10mg 196.0
20mg 294.1

トリンテリックスの効果や作用機序、副作用など

トリンテリックスの効能効果は「うつ状態・うつ病」のみ。

用法用量は基本が10mgで最大20mgに増量。漸増とか初期用量うんぬんとかはなくて、割と使いやすいですね。

通常、成人にはボルチオキセチンとして10mgを1日1回経口投与する。なお、患者の状態により1日20mgを超えない範囲で適宜増減するが、増量は1週間以上の間隔をあけて行うこと。

トリンテリックス錠10mg/トリンテリックス錠20mg 添付文書

トリンテリックスの作用機序

トリンテリックスは新規作用機序の薬ですね。インタビューフォームとかでもSSRI、SNRI、NaSSAと異なる、とわざわざ明記しているくらいです。

まずは、セロトニン再取り込み阻害作用。これは抗うつ剤だとおなじみの作用機序ですね。

続いて、セロトニン受容体調節作用。これがトリンテリックスの特徴ですね。5-HT3、5-HT7及び 5-HT1D受容体アンタゴニスト作用、5-HT1B受容体部分アゴニスト作用、5-HT1A受容体アゴニスト作用とのこと。

セロトニン受容体は結構奥が深いですよね。。。微妙なさじ加減で作用が随分と変わってくるので難しいところですが、上記のように複数のセロトニン受容体に作用するため、セロトニン受容体作用調節と命名されているみたいですね。

トリンテリックスの副作用

副作用の内容については、従来の抗うつ剤とさほどプロファイルは変わらない感じ。

頻度上位は悪心200例(19.0%)、傾眠63例(6.0%)及び頭痛60例(5.7%)。

トリンテリックスの服薬指導の注意点

トリンテリックスを実際投薬することになった場合、従来の抗うつ剤とさほど服薬指導の内容は変わらない印象。

まず、用法は食後の縛りはなし。就寝前の用法できても疑義は必要なさそう。

併用禁忌はMAO阻害剤。具体的には従来から要注意のエフピーと、最近登場してきた要注意人物のアジレクト。他の抗鬱剤と同様にこれらとは禁忌。パーキンソン持っている人は注意ですね。

CYP2D6が割と代謝に関係してそうなので、これらの阻害剤は併用注意。禁忌ではない。

とまぁ、そこまで注意を要する感じではありませんが、あとは市販直後調査とかで何か新しい副作用とかが出てこないか、とかは注視したいところですね。なんせ新規作用機序なので。

調剤報酬改定2020は不正請求をしないように

2020年4月から新しい調剤報酬がスタートしますが、対人業務に着眼点がシフトしてきており、今までの調剤報酬と毛色が違ってきている内容もあります。

レセプトも厳しくなってきている中で、曖昧な基準で加算をし、算定要件を満たさないと不正請求とも判断されかねないので、正確な内容の把握が必要です。

新たな調剤報酬の内容の詳細を、わかりやくまとめて確認する場合は、薬剤師のポータルサイトの利用が一般的です。

m3.com:エムスリー株式会社が運営
日経DI:株式会社 日経BPが運営

大手だと上記の2種類ですが、情報の偏りをなくす意味でも複数利用するのが良いでしょう。

なお、いずれも会員登録が必要ですが、無料で使えます

m3.comは業界ニュースの他にも、薬剤師掲示板の機能があり、個々の加算の具体例や、現場の薬剤師が疑問に思うことなどが日々議論されています。

閲覧だけでも勉強になりますが、もちろん自分で質問をして回答をもらうこともできます。

日経DIも業界ニュースが読みやすい形で配信されています。薬剤師掲示板の機能はありませんが、処方薬辞典などこちらも使いやすいコンテンツが無料で使えます。

m3.comで登録する情報>
・好きなログインID、パスワード、氏名、生年月日、性別、メールアドレス
・医療資格(「薬剤師」を選択)
・勤務先名と都道府県

日経DIで登録する情報>
・メールアドレス、パスワード、氏名、生年月日、性別
・医療資格(「薬剤師」を選択)
・勤務先名、住所、連絡先
・国家資格取得年 等

今後は、これらの薬剤師ポータルサイトなどを利用して自分の中でしっかりとした算定基準を持つことをが必要です。レセプトの返礼の嵐なんてことにならないようにしっかり継続学習しましょう。

それぞれの公式登録サイトは以下の通りです。

m3.comの登録ページはこちら

日経DIの登録ページはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする