ゾフルーザの予防投与の使用はいつからできる?薬局での対応は要注意

ゾフルーザの予防投与について、2019-2020シーズン現在の状況を確認していきましょう。

ゾフルーザの予防投与についてはいつから?2019-20シーズンは承認待ち

ゾフルーザのインフルエンザに対する予防投与について、2019年は少し話題にあがりました。

その話題の詳細ですが、ゾフルーザの予防投与が”承認申請された”という内容です。重要なところは”承認された”ではなく、”申請された”というところですね。2019年11月現在、まだ承認されていませんので、予防では使えません。

そしてこの予防投与の申請ですが、どうやら2019-2020シーズンには間に合わない見込みとのこと(参照:ミクスonline)。

というわけで今シーズンは使えません!

おそらく普通に考えれば、2020-2021シーズンには間に合いそうですが、ただ、ゾフルーザって結構耐性とかのところで評判を落としている感じがあるので、審査が長引く可能性も考慮する必要があるかもですね。

というわけで、いつから予防投与に使えるか、という点ですが、最短でも2020-2021シーズン、もしかしたらさらに先延ばしになるかもです。

 

薬局での対応は注意が必要

何となくですが、勘違いして(確信犯で?)ゾフルーザを予防で使う医師がいそうな感じ。

申請したことを承認されたと勘違いしたり、結構申請した時点で話題になっているので、予防ということが刷り込まれている可能性はありますね。

もちろん薬局側では予防かどうかは判断つかない可能性もありますが、自費の処方箋とかきたら、、、微妙ですよね。患者さん本人になぜ自費なのか、聞くべきですかね。いや、聞きたくないような、、、いや、薬剤師としてそれはまずいか。。。

先生か勘違いしてそうな場合はやはり疑義照会ですかね。代替薬もあるのでそこまで難儀ではないでしょう。

問題は先生が確信犯の場合ですね。。。これはもう先生と対決覚悟で疑義をするか。。。もし自費ならレセプト切られる心配もないので、医師の判断ということで投薬せざるをえないケースもでてくるのかも、、、いや、薬剤師としては避けたいですよね。一番問題なのは、保険使った上で、実は予防なんです、と患者さんが言っている場合。これはもう、薬剤師として先生と戦わざるをえないですよね。頼むからこのパターンは来ないでほしい。。。

結論としては、やはり予防として使っていることがもし判明してしまったら、薬局として毅然とした対応をとることが必要ですね。保険を使っている場合は論外、自費の場合でもやはり適応がないので、患者さんの安全性を第一に考えれば、他の抗インフルエンザ薬に変えてもらいましょう。

❕付録:薬剤師クイズ 〜疑義照会が必要かも〜❕

70代男性、以下の継続処方あり。

Rp.1)ジャヌビア50mg 1錠
分1 朝食後     30日分
Rp.2)アジレクト1mg 1錠
分1 朝食後     30日分
Rp.3)アミティーザ24μg 2cap
分2 朝夕食後    30日分

主訴)
・便秘はまだ続いている。薬続けて様子みるよ。
・腰も痛い状態が続いてて、整形で痛み止めのカプセルが追加になった。
・最近トイレに起きる回数が多くて。尿が出るのも少し時間がかかるかな。

上記の患者さんで疑義照会が必要な可能性があります。

予防の場合はタミフル、リレンザ、イナビルで代用を

ゾフルーザ予防投与の代替薬ですが、みなさん既にご存知ですよね。

タミフル、リレンザ、イナビル、全て予防投与いけます。ちなみにタミフル唯一のジェネリックであるオセルタミビル「サワイ」も予防投与できます。

ちなみに注射のラピアクタは予防投与の適応はありません。

一応触れとくと、いつかのときに話題になったアビガン、これも予防は適応ないです(そもそも発売されてないですが)。

アマンタジンは一応予防に使えるようですね。たぶん使う人はいないと思いますが。

というわけで現実的なインフルエンザの予防投与の選択肢はタミフル、リレンザ、イナビルですね。当然、全て自費となります。

ゾフルーザの顆粒は未発売|20kg未満の承認待ち

ゾフルーザの話題だったのでついでに触れておきますが、実はゾフルーザの顆粒も未発売の状態が続いています。

この状態が続いている理由として、顆粒は成人、12歳以上の小児、12歳未満で体重20kg以上の小児に対して承認がありますが、20kg未満の小児でも使われる可能性があるから、ということのようです。

20kg未満の小児に対しても承認申請中のようですが、ここの部分がまだ承認されていないとのこと。

昨今のゾフルーザに対する逆風を考えると、審査が何となく長引きそうですね。。。

より詳しい情報はポータルサイトでも

今回の記事のような、薬剤師の専門情報はネット検索でもなかなか見つからなかったりします。

より詳しくまとまった情報は、薬剤師のポータルサイトを活用するのも選択肢です。

無料で使える大手の薬剤師ポータルサイトだとm3.com日経DIの2種類が有名どころですね。

m3.comは業界ニュースの他にも、薬剤師掲示板の機能があり、通常のネット検索では見つからないような情報、他の薬剤師の考えなども知ることができます。

閲覧だけでも勉強になりますが、もちろん自分で質問をして回答をもらうこともできます。

m3例

上記はm3.comの薬剤師掲示板の一例です。

日経DIも業界ニュースが読みやすい形で配信されています。こちらは薬剤師掲示板の機能はありませんが、処方薬辞典など使いやすいコンテンツがあります。

ちなみに登録完了までは、1〜2分かかるので、正直少し面倒くさいです。勤務先とかも入力する必要があるので。

しかし、今やらないと後ではもっとやる気にならないので、メリットを感じる場合は今、登録しても良いでしょう。

デメリットとしては、ニュースメールとかが来るようになります。登録するメールアドレスはご注意ください。

勤務先情報を登録しますが、勤務先に電話とかがかかってきたり、本人確認が来ることはないでその点は安心してください。

薬剤師掲示板が便利/m3.comの登録ページへ移動する

 

スポンサーリンク
12 感染症
ヤクサキ 薬剤師その先へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました