シムビコートのジェネリックであるブデホルについて|発売日はいつ?薬価や使い方は

04 呼吸器

シムビコートのジェネリックであるブデホルがついに発売となりました。ブデホルについて発売日や薬価、発売しているメーカーなどについて確認していきます。

シムビコートのジェネリックの名称はブデホル|発売は2019年の12月

気管支喘息、COPDの吸入治療薬であるシムビコートのジェネリックがついに発売となりましたね。

個人的には吸入のデバイスはジェネリックで再現するのが難しいのかなという印象だったので、ナゾネックスのジェネリック発売に次いでなかなかインパクトが大きいです。

製品の名称はブデホル吸入粉末剤とのこと。タービュヘイラーの名称はやっぱ使えないんですかね。

ブデホルの名称の由来は成分のブデソニドとホルモテロールですよね。調べてないけど。。。きっとそう。

発売は2019年12月に第一弾。具体的な発売日は12月13日で日本ジェネリックのブデホル吸入粉末剤「JG」が30吸入と60吸入で発売。薬価収載日の12月13日と同日発売ですね。気合が入っとる。

❕付録:薬剤師クイズ 〜疑義照会が必要かも〜❕

70代男性、以下の継続処方あり。

Rp.1)ジャヌビア50mg 1錠
分1 朝食後     30日分
Rp.2)アジレクト1mg 1錠
分1 朝食後     30日分
Rp.3)アミティーザ24μg 2cap
分2 朝夕食後    30日分

主訴)
・便秘はまだ続いている。薬続けて様子みるよ。
・腰も痛い状態が続いてて、整形で痛み止めのカプセルが追加になった。
・最近トイレに起きる回数が多くて。尿が出るのも少し時間がかかるかな。

上記の患者さんで疑義照会が必要な可能性があります。

シムビコートのジェネリック|ブデホルのメーカー|日本ジェネリック(JG)、東亜薬品、ニプロは?

ブデホルは承認自体は2019年の2月15日に取得済み。ちょっともめているみたいな話もありましたが発売までに10ヶ月と結構かかりましたね。

ちなみに承認の時点では3社であり、日本ジェネリック(JP)、東亜薬品、ニプロ。

で、今回の薬価収載は日本ジェネリック(JP)、東亜薬品の2社。ニプロはいずこへ。。。

そして発売となったのは日本ジェネリック(JP)の1製品のみですね。

東亜薬品の製品は薬価収載済みなのでおそらく近いうちに発売されるのでしょう。

ニプロの製品はどうなったのか、公式サイトでも特に言及されてないようですね。今後薬価収載そして発売の予定はあるのか。謎です。

まぁデバイスが再現するのが難しいとか、いろいろあるんですかね。でも承認とっている時点でデバイスの問題はクリアしていると考えるのが妥当ですよね。

シムビコートのジェネリック|ブデホルの薬価は先発の40%

ブデホルの薬価はセンパツの40%とのこと(ミクスonline)。

2019年12月時点の薬価だと、シムビコートタービュヘイラー60吸入が5935.3円で、ブデホル吸入粉末剤60吸入「JG」 が2348.4円なのでだいぶ安いですね。

これはシムビコートを継続している人は結構ありがたいはず。

ブデホルの使い方は

ブデホルの使い方について。

まず大前提の用法用量については、先発とジェネリックで全く同じです。

1. 気管支喘息
通常、成人には、維持療法として1回1吸入(ブデソニドとして160μg、ホルモテロールフマル酸塩水和物として4.5μg)を1日2回吸入投与する。なお、症状に応じて増減するが、維持療法としての1日の最高量は1回4吸入1日2回(合計8吸入:ブデソニドとして1280μg、ホルモテロールフマル酸塩水和物として36μg)までとする。
維持療法として1回1吸入あるいは2吸入を1日2回投与している患者は、発作発現時に本剤の頓用吸入を追加で行うことができる。本剤を維持療法に加えて頓用吸入する場合は、発作発現時に1吸入する。数分経過しても発作が持続する場合には、さらに追加で1吸入する。必要に応じてこれを繰り返すが、1回の発作発現につき、最大6吸入までとする。
維持療法と頓用吸入を合計した本剤の1日の最高量は、通常8吸入までとするが、一時的に1日合計12吸入(ブデソニドとして1920μg、ホルモテロールフマル酸塩水和物として54μg)まで増量可能である。

2. 慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎・肺気腫)の諸症状の緩解
通常、成人には、1回2吸入(ブデソニドとして320μg、ホルモテロールフマル酸塩水和物として9μg)を1日2回吸入投与する。

シムビコートタービュヘイラー 添付文書

 

1. 気管支喘息
通常、成人には、維持療法として1回1吸入(ブデソニドとして160μg、ホルモテロールフマル酸塩水和物として4.5μg)を1日2回吸入投与する。なお、症状に応じて増減するが、維持療法としての1日の最高量は1回4吸入1日2回(合計8吸入:ブデソニドとして1280μg、ホルモテロールフマル酸塩水和物として36μg)までとする。
維持療法として1回1吸入あるいは2吸入を1日2回投与している患者は、発作発現時に本剤の頓用吸入を追加で行うことができる。本剤を維持療法に加えて頓用吸入する場合は、発作発現時に1吸入する。数分経過しても発作が持続する場合には、さらに追加で1吸入する。必要に応じてこれを繰り返すが、1回の発作発現につき、最大6吸入までとする。
維持療法と頓用吸入を合計した本剤の1日の最高量は、通常8吸入までとするが、一時的に1日合計12吸入(ブデソニドとして1920μg、ホルモテロールフマル酸塩水和物として54μg)まで増量可能である。

2. 慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎・肺気腫)の諸症状の緩解
通常、成人には、1回2吸入(ブデソニドとして320μg、ホルモテロールフマル酸塩水和物として9μg)を1日2回吸入投与する。

ブデホル吸入粉末剤「JG」添付文書

基本は1回1、2吸入程度を1日2回ですね。そしてシムビコートの最大の特徴でもある、頓用吸入ができる点は、ジェネリックでも引き継がれていますね。

手技的な使い方の話をすると、ブデホルのJGではわかりやすい指導せんがあるのでこれを参考にするのがおすすめ(ブデホル「JG」患者指導箋)。

ブデホルのデバイスの使い方も基本的にシムビコートと同じですね。個人的にはよく再現されているなぁという印象。患者さんにも説明しやすいです。

動画で見たい場合はタービュヘイラーの動画でわかりますかね(成人編吸入動画 タービュヘイラー 環境再生保全機構公式動画チャンネル)。

より詳しい情報はポータルサイトでも

今回の記事のような、薬剤師の専門情報はネット検索でもなかなか見つからなかったりします。

より詳しくまとまった情報は、薬剤師のポータルサイトを活用するのも選択肢です。

無料で使える大手の薬剤師ポータルサイトだとm3.com日経DIの2種類が有名どころですね。

m3.comは業界ニュースの他にも、薬剤師掲示板の機能があり、通常のネット検索では見つからないような情報、他の薬剤師の考えなども知ることができます。

閲覧だけでも勉強になりますが、もちろん自分で質問をして回答をもらうこともできます。

m3例

上記はm3.comの薬剤師掲示板の一例です。

日経DIも業界ニュースが読みやすい形で配信されています。こちらは薬剤師掲示板の機能はありませんが、処方薬辞典など使いやすいコンテンツがあります。

ちなみに登録完了までは、1〜2分かかるので、正直少し面倒くさいです。勤務先とかも入力する必要があるので。

しかし、今やらないと後ではもっとやる気にならないので、メリットを感じる場合は今、登録しても良いでしょう。

デメリットとしては、ニュースメールとかが来るようになります。登録するメールアドレスはご注意ください。

勤務先情報を登録しますが、勤務先に電話とかがかかってきたり、本人確認が来ることはないでその点は安心してください。

薬剤師掲示板が便利/m3.comの登録ページへ移動する

 

スポンサーリンク
04 呼吸器
ヤクサキ 薬剤師その先へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました