ホクナリンテープの疑問と患者さんに聞かれること|切って投薬はあり?途中ではがれた、お風呂は良い?

ホクナリンテープとそのジェネリック、ツロブテロールテープについての疑問と患者さんによく聞かれることをまとめました。

ホクナリンテープは切って調剤するのはアリ?

できればナシ。の方が良いと思う。

マイランのサイトだと、オススメしてないとのこと。

ただし、テープに成分が均ーに含まれてるため、主薬含量は面積に比例、分割したらその分の効果が得られると考えられるよう。しかし、はがれやすくなるとかの懸念点から推奨してないとのこと。

貼付について | FAQ | 医療関係者向けホクナリンテープ
ホクナリンテープについて、医療関係者向けのFAQページ(貼付について)です。ホクナリンテープを理解し、正しくご使用ください。【ホクナリンテープ】はマイランEPD 合同会社が提供する医療用医薬品です。

うーん、上記の情報をを元にすると本当に緊急の時とかは、最悪切って調剤するのも有りかもしれない。ただ、レセプトは通るのか、、、昔はいけた気がしますが、最近は経験がないのでわからない。

いずれにしても切るのは最後の手段として、可能な限り適した規格のものを調剤するのが良いでしょう。

❕付録:薬剤師クイズ 〜疑義照会が必要かも〜❕

70代男性、以下の継続処方あり。

Rp.1)ジャヌビア50mg 1錠
分1 朝食後     30日分
Rp.2)アジレクト1mg 1錠
分1 朝食後     30日分
Rp.3)アミティーザ24μg 2cap
分2 朝夕食後    30日分

主訴)
・便秘はまだ続いている。薬続けて様子みるよ。
・腰も痛い状態が続いてて、整形で痛み止めのカプセルが追加になった。
・最近トイレに起きる回数が多くて。尿が出るのも少し時間がかかるかな。

上記の患者さんで疑義照会が必要な可能性があります。

ホクナリンテープが途中ではがれました。どうする?

貼付12時間後に約74%の薬物が皮膚へ移行していることが報告されているとのこと。

貼付について | FAQ | 医療関係者向けホクナリンテープ
ホクナリンテープについて、医療関係者向けのFAQページ(貼付について)です。ホクナリンテープを理解し、正しくご使用ください。【ホクナリンテープ】はマイランEPD 合同会社が提供する医療用医薬品です。

ここから考えると、12時間たっていればあえて貼り直す必要はなし。

12時間以内の場合は、同じテープを貼りなおせるなら貼り直す。貼っていたものがどっかいっちゃって新しいのを貼り直すかは、ちょっとケースバイケース。はがれてからの時間、現在の症状、残りの枚数、次の受診予定、そのあたりを勘案して回答するしかないかも。

ただ、再貼付した場合でも経口剤より最高血中濃度が高くなることはない、とのことなので、枚数に余裕があれば新しいテープを貼り直す方向で良いかも。医師の意見を聞けるならそれがベスト。

ホクナリンテープ貼ってお風呂はいって良いですか

薬の吸収には影響がないみたいなので、ダメではない。

貼付について | FAQ | 医療関係者向けホクナリンテープ
ホクナリンテープについて、医療関係者向けのFAQページ(貼付について)です。ホクナリンテープを理解し、正しくご使用ください。【ホクナリンテープ】はマイランEPD 合同会社が提供する医療用医薬品です。

でも、個人的には遠慮してもらうのが良いと思う。理由として間違いなくはがれやすくなる。剥がれると前述のはがれた場合はどうする?の疑問に繋がってくので、はがることを未然に防いだ方が良い。ならば、貼ったままお風呂やプールは避けた方がよい。どうしてもの場合は頑丈に補強するか。。。

そもそもですが、ホクナリンを貼るタイミングを最初からお風呂上りとかにしておくのが良い気ががする。

もちろん処方の時点で時間が決められている場合はその通りに従ってもらうが、特に指定がない場合は、軽く風呂上りを勧めるのが良いかも。

ところでホクナリンテープって風邪で使っていいの?

普通の風邪じゃダメでしょう。感冒の適応はない。ただし、急性気管支炎が適応に含まれるので、喘息や肺気腫持ってない人で、風邪っぽい人が処方されているのもあったりする。

ホクナリンテープの適応は気管支喘息,急性気管支炎,慢性気管支炎,肺気腫の症状に対して。

患者さん本人が風邪と言い張っても、医師はちゃんと気管支炎などで適応を通していると思うので、薬局側ではあまり神経質にならなくても良いのかも。

ただ、振戦とか心悸亢進とかの副作用も少なくなくないので、患者さんにはあまり気軽に使ってほしくない面もありますね。少なくとも余ったものを自己判断で使ってほしくはないので、急性疾患で処方された場合は使い切ってもらうのが安心かも。

より詳しい情報はポータルサイトでも

今回の記事のような、薬剤師の専門情報はネット検索でもなかなか見つからなかったりします。

より詳しくまとまった情報は、薬剤師のポータルサイトを活用するのも選択肢です。

無料で使える大手の薬剤師ポータルサイトだとm3.com日経DIの2種類が有名どころですね。

m3.comは業界ニュースの他にも、薬剤師掲示板の機能があり、通常のネット検索では見つからないような情報、他の薬剤師の考えなども知ることができます。

閲覧だけでも勉強になりますが、もちろん自分で質問をして回答をもらうこともできます。

m3例

上記はm3.comの薬剤師掲示板の一例です。

日経DIも業界ニュースが読みやすい形で配信されています。こちらは薬剤師掲示板の機能はありませんが、処方薬辞典など使いやすいコンテンツがあります。

ちなみに登録完了までは、1〜2分かかるので、正直少し面倒くさいです。勤務先とかも入力する必要があるので。

しかし、今やらないと後ではもっとやる気にならないので、メリットを感じる場合は今、登録しても良いでしょう。

デメリットとしては、ニュースメールとかが来るようになります。登録するメールアドレスはご注意ください。

勤務先情報を登録しますが、勤務先に電話とかがかかってきたり、本人確認が来ることはないでその点は安心してください。

薬剤師掲示板が便利/m3.comの登録ページへ移動する

 

スポンサーリンク
04 呼吸器
ヤクサキ 薬剤師その先へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました