ブドウ糖の処方箋はレセプトが通らない?

低血糖の対処としてブドウ糖が処方されるケースがありますが、このレセプト対応について確認していきたいと思います。

ブドウ糖が処方されるケース

糖尿病治療薬を使っている患者さんで、低血糖の対処用にブドウ糖を欲しがる患者さんがいたり、医師主導で患者さんにブドウ糖を渡すよう依頼があるケースもある。

昔はメーカーからブドウ糖を無料でもらえたりしたが、近年はもうそれもほとんどなくなっており、薬価収載されているブドウ糖を分包して渡すのが一般的になっている。

そして、たまにブドウ糖が糖尿病治療薬と一緒に処方される処方箋を見かける。

このブドウ糖、果たしてレセプトはどうするのが正解なのか。

ブドウ糖の適応

糖尿病治療薬と一緒にブドウ糖を処方される場合、まず低血糖の対処用と考えて間違い無いだろう。

そこでブドウ糖の効能効果を確認。

(経口)
・経口的栄養補給
・ブドウ糖負荷試験

(注射)
・脱水症特に水欠乏時の水補給,薬物・毒物中毒,肝疾患
・循環虚脱,低血糖時の糖質補給,高カリウム血症,心疾患(GIK療法),その他非経口的に水・エネルギー補給を必要とする場合
・注射剤の溶解希釈剤

ブドウ糖「日医工」 添付文書

お、「低血糖時の糖質補給」とありますね。

しかし、よく見ると、「注射」だけなんですよね。経口でこそ、患者さんがいつでも使えるのに。。。なぜ?

まぁ理由はともかく、経口の場合は「低血糖時の糖質補給」は適応となっていません。

ブドウ糖は薬剤料だけ請求するのが正解

ブドウ糖は薬剤料だけ請求する、おそらくこれが正解です。今の所、これで返戻の経験はなし。

前の記事で書いた、検査薬の処方せんと同じ対処法ですね。

検査薬の処方箋はレセプトが通らない?

管理薬剤師.comさんでもブドウ糖のレセプトに関して同じ結論が書かれているので、多分正解だと思う。

しかし、薬剤料以外の請求を避けたほうが良い理由は、前述のように適応が無いからなのか、それとも検査薬とかと同じ扱いだからなのか、その辺りは自分の中でもはっきり整理できていません。すみません。

調剤料とかも請求したら通ったという話も聞いたことがありますが、個人的にはあまりおすすめできないですね。たまたま見逃されたとか、今後は通らなくなる可能性とかも十分あると思うので。

調剤報酬改定2020は不正請求をしないように

2020年4月から新しい調剤報酬がスタートしますが、対人業務に着眼点がシフトしてきており、今までの調剤報酬と毛色が違ってきている内容もあります。

レセプトも厳しくなってきている中で、曖昧な基準で加算をし、算定要件を満たさないと不正請求とも判断されかねないので、正確な内容の把握が必要です。

新たな調剤報酬の内容の詳細を、わかりやくまとめて確認する場合は、薬剤師のポータルサイトの利用が一般的です。

m3.com:エムスリー株式会社が運営
日経DI:株式会社 日経BPが運営

大手だと上記の2種類ですが、情報の偏りをなくす意味でも複数利用するのが良いでしょう。

なお、いずれも会員登録が必要ですが、無料で使えます

m3.comは業界ニュースの他にも、薬剤師掲示板の機能があり、個々の加算の具体例や、現場の薬剤師が疑問に思うことなどが日々議論されています。

閲覧だけでも勉強になりますが、もちろん自分で質問をして回答をもらうこともできます。

日経DIも業界ニュースが読みやすい形で配信されています。薬剤師掲示板の機能はありませんが、処方薬辞典などこちらも使いやすいコンテンツが無料で使えます。

m3.comで登録する情報>
・好きなログインID、パスワード、氏名、生年月日、性別、メールアドレス
・医療資格(「薬剤師」を選択)
・勤務先名と都道府県

日経DIで登録する情報>
・メールアドレス、パスワード、氏名、生年月日、性別
・医療資格(「薬剤師」を選択)
・勤務先名、住所、連絡先
・国家資格取得年 等

今後は、これらの薬剤師ポータルサイトなどを利用して自分の中でしっかりとした算定基準を持つことをが必要です。レセプトの返礼の嵐なんてことにならないようにしっかり継続学習しましょう。

それぞれの公式登録サイトは以下の通りです。

m3.comの登録ページはこちら

日経DIの登録ページはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする