夜間休日等加算の要件とレセプトの内容、時間外加算等との区別など

夜間休日等加算について、算定の要件やレセプトの内容、時間外加算等との違いについて確認していきます。

夜間休日等加算の要件と点数

夜間休日等加算の要件は午後7時以降(土曜日は1時以降)から午前8時までの間に調剤を行った場合に40点を加算するものです。

告示の定義は以下の通り。

午後7時(土曜日にあっては午後1時)から午前8時までの間(深夜及び休日 を除く。)、休日又は深夜であって、当該保険薬局が表示する開局時間内の時間において調剤を行った場合は、夜間・休日等加算として、処方箋受付1回につき40点を所定点数に加算する。ただし、注4のただし書に規定する場合にあっては、この限りでない。

診療報酬の算定方法の一部を改正する件(告示)
平成30年厚生労働省告示第43号

また、実施上の留意事項についての通知では、薬局の開局時間をわかりやすい場所に表示する旨、夜間・休日等加算の対象となる日、時間帯を掲示することが明記されています。

(10) 調剤料の夜間・休日等加算
ア 夜間・休日等加算は、午後7時(土曜日にあっては午後1時)から午前8時までの間(休日加算の対象となる休日を除く。)又は休日加算の対象となる休日であって、保険薬局が表示する開局時間内の時間において調剤を行った場合に、処方箋の受付1回につき、調剤料の加算として算定する。ただし、時間外加算等の要件を満たす場合には、夜間・休日等加算ではなく、時間外加算等を算定する。

イ 夜間・休日等加算を算定する保険薬局は開局時間を当該保険薬局の内側及び外側の分かりやすい場所に表示するとともに、夜間・休日等加算の対象となる日及び受付時間帯を薬局内の分かりやすい場所に掲示する。また、平日又は土曜日に夜間・休日等加算を算定する患者については、処方箋の受付時間を当該患者の薬剤服用歴の記録又は調剤録に記載する。

診療報酬の算定方法の一部改正に伴う実施上の留意事項について(通知)
平成30年3月5日保医発0305第1号

夜間休日等加算のレセプトの記載

夜間休日等加算については、受付の時間についてレセプトに記載する必要はありません。

この点は、株式会社じほうの書籍、「保険調剤Q&A」においても、明記されています(平成30年度版ではQ103にて記載)。

ただし、前述の通知にも記載がある通り、薬歴と調剤録には受付時間を記載する必要があります。

夜間休日等加算と時間外加算、休日加算、深夜加算の違い

時間外加算は概ね午前8時前と午後6時以降の薬局時間外に調剤を行った場合。夜間休日等加算との違いは、開局時間内であるかどうかという点。

しかし、薬局の業務が終わらないという理由などで臨時で開局を延長しているような場合は、時間外加算でなく、夜間休日等加算を取るのが一般的。シャッターを閉めてもう一回開けたような場合は、時間外加算の対象となると考えられますね。

時間外のうち、深夜(午後10時から午前6時までの間)の場合で、もともとの開局時間でない場合は、時間外じゃなく深夜加算を取れる。夜間休日等加算との兼ね合いは、時間外加算と一緒だと思われる。

休日加算は、日曜日及び国民の祝日、1月2日、3日、12月29日、30日、31日が該当するが、地域の輪番制などの当番の場合が該当するものであり、勝手に開局している場合は休日加算の対象にならない。また、営業日として毎週日曜開局している場合も当然対象外。休日加算に該当しない場合でも、該当の日であれば夜間休日等加算は算定できる。

調剤報酬改定2020は不正請求をしないように

2020年4月から新しい調剤報酬がスタートしますが、対人業務に着眼点がシフトしてきており、今までの調剤報酬と毛色が違ってきている内容もあります。

レセプトも厳しくなってきている中で、曖昧な基準で加算をし、算定要件を満たさないと不正請求とも判断されかねないので、正確な内容の把握が必要です。

新たな調剤報酬の内容の詳細を、わかりやくまとめて確認する場合は、薬剤師のポータルサイトの利用が一般的です。

m3.com:エムスリー株式会社が運営
日経DI:株式会社 日経BPが運営

大手だと上記の2種類ですが、情報の偏りをなくす意味でも複数利用するのが良いでしょう。

なお、いずれも会員登録が必要ですが、無料で使えます

m3.comは業界ニュースの他にも、薬剤師掲示板の機能があり、個々の加算の具体例や、現場の薬剤師が疑問に思うことなどが日々議論されています。

閲覧だけでも勉強になりますが、もちろん自分で質問をして回答をもらうこともできます。

日経DIも業界ニュースが読みやすい形で配信されています。薬剤師掲示板の機能はありませんが、処方薬辞典などこちらも使いやすいコンテンツが無料で使えます。

m3.comで登録する情報>
・好きなログインID、パスワード、氏名、生年月日、性別、メールアドレス
・医療資格(「薬剤師」を選択)
・勤務先名と都道府県

日経DIで登録する情報>
・メールアドレス、パスワード、氏名、生年月日、性別
・医療資格(「薬剤師」を選択)
・勤務先名、住所、連絡先
・国家資格取得年 等

今後は、これらの薬剤師ポータルサイトなどを利用して自分の中でしっかりとした算定基準を持つことをが必要です。レセプトの返礼の嵐なんてことにならないようにしっかり継続学習しましょう。

それぞれの公式登録サイトは以下の通りです。

m3.comの登録ページはこちら

日経DIの登録ページはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする