3. 薬剤・薬理

02 神経

ミラペックスとビシフロールの違いや換算について|プラミペキソール製剤の一般名なども

ミラペックスとビシフロールのプラミペキソール製剤について、その違いや切り替えの換算、一般名などについて確認していきます。 ミラペックスとビシフロールの違い ミラペックスとビシフロールはともにプラミペキソールを成分とする製剤ですね。共にベーリ...
05 消化器

マーズレンの服用量と種類・ジェネリック、顆粒と錠剤の換算など

胃炎、潰瘍治療剤のマーズレンについて、服用量とジェネリック、顆粒と錠剤の変換などについて確認していきます。 マーズレンとジェネリックの種類 まずはマーズレンとそのジェネリックの種類を確認していきましょう。 成分量 製品名 包装の種類 ...
08 内分泌・代謝

チラーヂンの用法が寝る前・起床時の理由|空腹時に使用するのべき?食事の影響は

チラーヂンは就寝前や起床時に用法が設定されているケースが多い薬です。その理由について確認していきます。 チラーヂンの用法|起床時、就寝前、空腹時の指定はない まずはチラーヂンの用法についてです。 チラーヂンの添付文書では以下の通り。 レボ...
12 感染症

ゾフルーザの予防投与の使用はいつからできる?薬局での対応は要注意

ゾフルーザの予防投与について、2019-2020シーズン現在の状況を確認していきましょう。 ゾフルーザの予防投与についてはいつから?2019-20シーズンは承認待ち ゾフルーザのインフルエンザに対する予防投与について、2019年は少し話題に...
02 神経

リボトリールは抗うつや抗不安薬として効果はあるのか?服薬指導はどうする?

抗てんかん薬のリボトリール(クロナゼパム)について、メンタルクリニック・精神科ではてんかん以外でも幅広く使われている印象です。 リボトリールの使用について改めて確認していきましょう。 リボトリールの適応を確認 みなさんもご存知かと思います...
08 内分泌・代謝

ビスホスホネート系薬剤を飲み忘れた時はいつまでに服用するべきか

近年、骨粗鬆症治療のメインとして使われるビスホスホネート系ですが、週1回、月1回のものも発売されており、飲み忘れの際の服用については迷うケースがあります。いつまでなら服用するべきかなどの点をまとめてみました。 ビスホスホネート系の種類を確認...
17 漢方

漢方薬の併用で注意が必要なもの|カンゾウの上限などについて

漢方薬の飲み合わせ、特にカンゾウについて上限なども含め確認していきます。 漢方薬で特に注意が必要なものはカンゾウ|上限は5g? 保険適応のある漢方薬のうち、実に7割以上の処方に含まれているの生薬がカンゾウですね。 漢字で書くと「甘草」。 ...
17 漢方

柴胡加竜骨牡蛎湯でハイリスク薬を算定できるケース

柴胡加竜骨牡蛎湯の特定薬剤管理指導加算(ハイリスク加算)について考察してみます。 柴胡加竜骨牡蛎湯はハイリスク薬? ツムラ柴胡加竜骨牡蛎湯が処方された処方を入力してると、「特定薬剤管理指導加算を算定しますか?」とレセコンに聞かれました。 ...
05 消化器

PPIとタケキャブの違いや使い分けと一覧|H2ブロッカーとの使い分け、併用についても

PPIとタケキャブの違いや使い分けや一覧についてまとめています。 また、H2ブロッカーとの使い分けや併用についても併せて確認していきます。 タケキャブとPPIの一覧 現在使われているPPIとタケキャブを一覧にすると以下の通り。 分類...
14 耳鼻科

ナゾネックスの後発品(ジェネリック)とAG|一般名処方の注意点など

ついにナゾネックスのジェネリックが発売となりましたね。 一般名処方がややこしいという話もある中、ナゾネックスのジェネリックやAGについて確認してきたいと思います。 ナゾネックスのジェネリックは2019年6月14日に発売 ナゾネックスのジェ...
タイトルとURLをコピーしました