ゾフルーザと抗凝固薬は併用できるのか|ワーファリン、プラザキサ、イグザレルト、エリキュース、リクシアナとの相互作用

ゾフルーザとワーファリン、プラザキサ、イグザレルト、エリキュース、リクシアナなどの抗凝固薬との併用について調べてみました。

ゾフルーザはPT-INRを延長する?

前提としてゾフルーザは併用注意薬、併用禁忌薬はありません。(ゾフルーザ 添付文書参照。)

しかし、添付文書を読み進めると、、、ん?

【使用上の注意】の「9.その他の注意」において、「ラットにおいて本薬投与によりプロトロンビン時間(PT)及び活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)の延長が認められたが,ビタミン K との併用時には PT 及び APTT の延長は認められなかったとの報告がある。」

との記載があります。

これはどう解釈すれば良いのだろう。。。

普通に考えると、ワーファリンの他、プラザキサ、イグザレルト、エリキュース、リクシアナなどの抗凝固薬を使っている患者さんについては少し注意が必要な気がしますが。

しかし、併用注意、併用禁忌でないから、併用は特に問題ないということかなぁ。。。

❕付録:薬剤師クイズ 〜疑義照会が必要かも〜❕

70代男性、以下の継続処方あり。

Rp.1)ジャヌビア50mg 1錠
分1 朝食後     30日分
Rp.2)アジレクト1mg 1錠
分1 朝食後     30日分
Rp.3)アミティーザ24μg 2cap
分2 朝夕食後    30日分

主訴)
・便秘はまだ続いている。薬続けて様子みるよ。
・腰も痛い状態が続いてて、整形で痛み止めのカプセルが追加になった。
・最近トイレに起きる回数が多くて。尿が出るのも少し時間がかかるかな。

上記の患者さんで疑義照会が必要な可能性があります。

インタビューフォームでもゾフルーザのPTヘの影響について詳細はなし

というわけでまぁ、普通の薬剤師ならこの流れでインタビューフォームみますよね。

で、問題のところ。

(解説)
ラットにおいて,ビタミン K の摂取が不足する摂餌条件下で本薬を反復経口投与した場合に,ビタミン K 不足に起因すると考えられる PT 及び APTT の延長が認められた。ただし,ビタミン K の必要量は,ヒト(1.4 ~ 4.0 μg/kg/日)と比較してラット(50 μg/kg/日)では多量であり,ヒトの場合には食事から十分なビタミン K が摂取可能であることから,ヒトへの
外挿性は不明である。

との記載。

はっ?

結論は不明なの?それで承認されるのか!!!

まぁ、冷静に読めば、普通の人間は食事からそれなりにビタミンKをとるから、ゾフルーザ飲んでもPTとかにはおそらく影響ないよ、というわけで抗凝固薬との併用も特に問題ないよ、ということなんでしょう。

明確な危険性も確認されていないので、併用注意や併用禁忌の注意喚起もないので、現状では抗凝固薬との併用が確認された場合でも疑義照会などは不要でしょう。

薬剤師として一応頭には入れておくべきか

ご存知のとおり、ゾフルーザは新薬なので、まだわかっていない安全性面もありうるかもしれません。耐性ウイルスがすでに数パーセントいるという報道もありましたしね。

いずれにしても薬剤師であれば、このPTやAPTTを延長されるという基礎実験の結果は頭の片隅には置いといても良い情報かもしれませんね。

PT-INRなどの凝固系の検査値は結構デリケートであり、ワーファリンの量を0.5mg半錠増やしたり、減らしたりするだけでも結構値が変わってくると言いますもんね。

ちなみに結構新し目のレセコンの場合、併用薬チェック機能とかで、ゾフルーザとワーファリンとかはチェックに引っかかる可能性があると思います。その理由はおそらくこのPT、APTTへの影響によるものだ思われます。

現状はゾフルーザとワーファリン、プラザキサ、イグザレルト、エリキュース、リクシアナの併用は薬剤師の中で注意

というわけで、疑義照会もしないし、患者さんに不必要に伝える必要もないが、薬剤師の中では併用例をみたら少し心に止めておく、次回来局時に出血傾向がなかったかをさりげなく確認する、程度のことはしても良いかもですね。

 

より詳しい情報はポータルサイトでも

今回の記事のような、薬剤師の専門情報はネット検索でもなかなか見つからなかったりします。

より詳しくまとまった情報は、薬剤師のポータルサイトを活用するのも選択肢です。

無料で使える大手の薬剤師ポータルサイトだとm3.com日経DIの2種類が有名どころですね。

m3.comは業界ニュースの他にも、薬剤師掲示板の機能があり、通常のネット検索では見つからないような情報、他の薬剤師の考えなども知ることができます。

閲覧だけでも勉強になりますが、もちろん自分で質問をして回答をもらうこともできます。

m3例

上記はm3.comの薬剤師掲示板の一例です。

日経DIも業界ニュースが読みやすい形で配信されています。こちらは薬剤師掲示板の機能はありませんが、処方薬辞典など使いやすいコンテンツがあります。

ちなみに登録完了までは、1〜2分かかるので、正直少し面倒くさいです。勤務先とかも入力する必要があるので。

しかし、今やらないと後ではもっとやる気にならないので、メリットを感じる場合は今、登録しても良いでしょう。

デメリットとしては、ニュースメールとかが来るようになります。登録するメールアドレスはご注意ください。

勤務先情報を登録しますが、勤務先に電話とかがかかってきたり、本人確認が来ることはないでその点は安心してください。

薬剤師掲示板が便利/m3.comの登録ページへ移動する

 

スポンサーリンク
12 感染症
ヤクサキ 薬剤師その先へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました