ビスホスホネート系薬剤を飲み忘れた時はいつまでに服用するべきか

近年、骨粗鬆症治療のメインとして使われるビスホスホネート系ですが、週1回、月1回のものも発売されており、飲み忘れの際の服用については迷うケースがあります。いつまでなら服用するべきかなどの点をまとめてみました。

ビスホスホネート系の種類を確認

まずはビスホスホネート系の種類をおさらいしてみましょう。

ビスホスホネートの経口では以下のような種類(+これらのジェネリック)があります。

一般名・成分名 製品名 用法
アレンドロン フォサマック錠5 連日
フォサマック錠35mg 1週間に1回
ボナロン錠5mg 連日
ボナロン錠35mg、ゼリー 1週間に1回
エチドロン ダイドロネル錠200 周期的間歇投与
リセドロン アクトネル錠2.5mg 連日
アクトネル錠17.5mg 1週間に1回
アクトネル錠75mg 月1回
ベネット錠2.5mg 連日
ベネット錠17.5mg 1週間に1回
ベネット錠75mg 月1回
ミノドロン ボノテオ錠1mg 連日
ボノテオ錠50mg 4週に1回
リカルボン錠1mg 連日
リカルボン錠50mg 4週に1回
イバンドロン ボンビバ錠100mg 1カ月に1回

ビスホスホネート系を飲み忘れた場合はいつまでに飲むか

それでは今回の記事の本題で、ビスホスホネート系を飲み忘れた場合はいつまでに飲むか、という点です。

まず、ダイドロネル(エチドロン)は少し特殊なので今回は置いてきましょう(あまり使われてないですしね。。。)

そして、連日投与のものについては、比較的対応は簡単です。飲み忘れに気づいた時点で、水以外の飲食がなければ服用可、それ以外であれば翌日服用ですね。

続いて、1週に1回使用のビスホスホネートです。ここが少し複雑ですね。

基本は気づいた日の翌日の起床時に服用、次からは予め決められた曜日で使用する、ですね(鹿児島市医師会病院)。

では飲み忘れがいつまでなら服用して良いかという点ですが、結論としては、「次の服用予定日の前日までであれば、気付いた翌日の起床時に1回分服用」で問題なさそうです(ファルマスタッフ アクトネルの飲み忘れ、どう対応すればいい)。

例として、毎週月曜日に服用するとしておくと、月から土曜日に気付いた際には翌日に服用可能ということ(調剤薬局ウィーズグループブログ)。

個人的には、週1回の薬を、飲み忘れたからといって連日で服用するのはどうなのかな?と思いますが、上記の例であれば、日曜日に飲み忘れの分を服用して、翌日に予定通りの月曜日分を服用するということになりますが、これでOKのようですね。

ただし、同日に2錠は絶対ダメなので、日曜日に飲み忘れに気づいたら、月曜日はもともとの予定通りの分1錠だけを服用ということになります。

4週に1回、月1回のものの飲み忘れはいつまでに飲む

そしてちょっと複雑なのが4週に1回、もしくは月1回服用のビスホスホネートです。

基本は気づいた日の翌日起床時に服用となりますが、いつまでなら服用して良いかという点が、薬剤ごとに異なってきます。

ベネット75mg、アクトネル75mgについては、気づいた日が次回予定日の1週間以内であればその分は飛ばして、次回予定通り服用となります(ファルマスタッフ アクトネルの飲み忘れ、どう対応すればいい)。

ボノテオ50mg、リカルボン50mgの場合は、次回予定日までの間隔が3週間以上空いていれば気づいた時点で服用しても問題ない、ということになります(鹿児島市医師会病院)。

ボンビバ100mgについては、飲み忘れた場合は、翌日に服用し、以後、その服用を基点とし、1カ月間隔で服用となります。(ボンビバ錠100mg 添付文書)。他と対応が少し違うので注意が必要ですね。

患者さんの理解度に応じて説明を変える必要があるかも

前述の通り、1週間に1回のものと、4週に1回、月1回のものについては、飲み忘れの対応が結構複雑だったりします。

理解度の高い患者さんであれば、予め説明しておくのも良いですが、理解度に少し不安があるような患者さんの場合は、飲み忘れたら対応を聞いてください、と言っておいて、状況を確認してから対応を伝えるようにしたほうが安心かもしれませんね。

調剤報酬改定2020は不正請求をしないように

2020年4月から新しい調剤報酬がスタートしますが、対人業務に着眼点がシフトしてきており、今までの調剤報酬と毛色が違ってきている内容もあります。

レセプトも厳しくなってきている中で、曖昧な基準で加算をし、算定要件を満たさないと不正請求とも判断されかねないので、正確な内容の把握が必要です。

新たな調剤報酬の内容の詳細を、わかりやくまとめて確認する場合は、薬剤師のポータルサイトの利用が一般的です。

m3.com:エムスリー株式会社が運営
日経DI:株式会社 日経BPが運営

大手だと上記の2種類ですが、情報の偏りをなくす意味でも複数利用するのが良いでしょう。

なお、いずれも会員登録が必要ですが、無料で使えます

m3.comは業界ニュースの他にも、薬剤師掲示板の機能があり、個々の加算の具体例や、現場の薬剤師が疑問に思うことなどが日々議論されています。

閲覧だけでも勉強になりますが、もちろん自分で質問をして回答をもらうこともできます。

日経DIも業界ニュースが読みやすい形で配信されています。薬剤師掲示板の機能はありませんが、処方薬辞典などこちらも使いやすいコンテンツが無料で使えます。

m3.comで登録する情報>
・好きなログインID、パスワード、氏名、生年月日、性別、メールアドレス
・医療資格(「薬剤師」を選択)
・勤務先名と都道府県

日経DIで登録する情報>
・メールアドレス、パスワード、氏名、生年月日、性別
・医療資格(「薬剤師」を選択)
・勤務先名、住所、連絡先
・国家資格取得年 等

今後は、これらの薬剤師ポータルサイトなどを利用して自分の中でしっかりとした算定基準を持つことをが必要です。レセプトの返礼の嵐なんてことにならないようにしっかり継続学習しましょう。

それぞれの公式登録サイトは以下の通りです。

m3.comの登録ページはこちら

日経DIの登録ページはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする