特定薬剤管理指導加算の算定要件と点数、薬歴の記載、対象薬剤など|ハイリスク薬の加算、デパスなど注意

特定薬剤管理指導加算について確認していきます。

特定薬剤管理指導加算の算定要件と点数

特定薬剤(ハイリスク薬)管理指導加算は特別なリスクがある特定の薬剤に関して、必要な指導を行った時に加算されるものであり、点数として10点の加算となります。

主な算定要件として以下の通りです。

第2節 薬学管理料
区分10 薬剤服用歴管理指導料

特に安全管理が必要な医薬品として別に厚生労働大臣が定めるものを調剤した場合であって、当該医薬品の服用に関し、その服用状況、副作用の有無等について患者に確認し、必要な薬学的管理及び指導を行ったときには、特定薬剤管理指導加算として、10点を所定点数に加算する。

平成30年3月5日 保医発0305第1号

 

(29)特定薬剤管理指導加算
ア 「注5」の特定薬剤管理指導加算は、薬剤服用歴管理指導料を算定するに当たって行った薬剤の管理及び指導等に加えて、患者又はその家族等に当該薬剤が特に安全管理が必要な医薬品である旨を伝え、当該薬剤についてこれまでの指導内容等も踏まえ適切な指導を行った場合に算定する。
なお、「薬局におけるハイリスク薬の薬学的管理指導に関する業務ガイドライン」(日本薬剤師会)等を参照し、特に安全管理が必要な医薬品に関して薬学的管理及び指導等を行う上で必要な情報については事前に情報を収集することが望ましいが、薬局では得ることが困難な診療上の情報の収集については必ずしも必要とはしない。
イ 特に安全管理が必要な医薬品とは、抗悪性腫瘍剤、免疫抑制剤、不整脈用剤、抗てんかん剤、血液凝固阻止剤(内服薬に限る。)、ジギタリス製剤、テオフィリン製剤、カリウム製剤(注射薬に限る。)、精神神経用剤、糖尿病用剤、膵臓ホルモン剤及び抗HIV薬をいう。
なお、具体的な対象薬剤については、その一覧を厚生労働省のホームページに掲載している。
ウ 特に安全管理が必要な医薬品が複数処方されている場合には、その全てについて必要な薬学的管理及び指導を行うこと。ただし、処方箋の受付1回につき1回に限り算定するものであること。
エ 対象となる医薬品に関して患者又はその家族等に対して確認した内容及び行った指導の要点について、薬剤服用歴の記録に記載すること。なお、従来と同一の処方内容にもかかわらず当該加算を継続して算定する場合には、特に指導が必要な内容を重点的に行い、その内容を薬剤服用歴の記録に記載すること。

平成30年3月5日 保医発0305第1号

要件の注意点としてかいつまんで見ると、まずは当然、該当薬剤が処方されている点、それについての服薬状況、副作用の有無等を確認する点、それをうけて必要な指導をする点、それを薬歴に記載する点などがあります。

前提として、薬剤服用歴管理指導料を算定している患者に限ります。また、複数のハイリスク薬が処方されている場合、服薬状況の確認、指導については処方されているハイリスク薬全てに対して行う必要がありますが、算定できるのは複数薬剤あっても10点だけです。

参照するように言われている「ハイリスク薬の薬学的管理指導に関する業務ガイドライン」は日本薬剤師会のサイトで公開されています。

❕付録:薬剤師クイズ 〜疑義照会が必要かも〜❕

70代男性、以下の継続処方あり。

Rp.1)ジャヌビア50mg 1錠
分1 朝食後     30日分
Rp.2)アジレクト1mg 1錠
分1 朝食後     30日分
Rp.3)アミティーザ24μg 2cap
分2 朝夕食後    30日分

主訴)
・便秘はまだ続いている。薬続けて様子みるよ。
・腰も痛い状態が続いてて、整形で痛み止めのカプセルが追加になった。
・最近トイレに起きる回数が多くて。尿が出るのも少し時間がかかるかな。

上記の患者さんで疑義照会が必要な可能性があります。

特定薬剤管理指導加算の対象薬剤の一覧

特定薬剤管理指導加算の対象となるハイリスク薬の一覧は厚生労働省が運用しているサイト「診療報酬情報提供サービス」に掲載されています。

特定薬剤管理指導加算の薬歴の記載

特定薬剤管理指導加算を算定した際には薬歴の記載が必要となります。

該当薬剤の服薬状況、副作用の有無、そして指導内容等を薬歴に残すようにしましょう。

糖尿病薬はよくある事例の一つであり、食前投与の場合などは特に用法を遵守出来ているか、低血糖症状が起きてないか、低血糖が起きた時の対処法を再確認するなど、継続薬の場合でも確認すべき点は多くあり、薬歴に記載するようにしましょう。

また、抗凝固薬(ワーファリン等)や抗血小板薬(チクロピジン等)も多くある事例と言えます。あざや出血等がないかを確認したり、休薬が必要な手術などを控えてないか等も確認し、記載することが必要です。

より詳しい内容は、薬剤師会のハイリスク薬の薬学的管理指導に関する業務ガイドラインを参考にしてもらうのが良いでしょう。

特定薬剤管理指導加算で注意が必要な薬剤|デパス

特定薬剤管理指導加算を算定する上で注意が必要な薬剤の代表例がデパスです。

デパスは特定薬剤管理指導加算の対象となる「精神神経用剤」に該当しますが、デパスには不眠に対する効能効果があり、こちらを目的に処方された場合は特定薬剤管理指導加算の対象外となります。患者さんからの聴取の中でも判断できますが、一般的に就寝前の処方となっている場合は、まず不眠に対して処方されていると考えてまちがいないでしょう。この場合は加算を取らないようにします。

その他、分2朝夕などで出てる場合は厳密には神経症用法と異なっているが、これは体感的にですが、加算とってもレセプト通る可能性が高い。ただし、明らかに腰痛とかで使っているようであれば加算しない方が良いでしょう。

特定薬剤管理指導加算で注意が必要な薬剤|抗不整脈薬

抗不整脈薬も特定薬剤管理指導加算を算定するか迷う薬剤の代表例と言えます。

というのも不整脈で使っている場合は算定できるが、降圧剤などとして用いている場合は算定できない。体感的にこれは結構レセプト返戻がきます。どうやって判断しているだろうと思うことも多々。

したがって、抗不整脈薬で特に不整脈以外の適応があるものに関しては、確実に不整脈に対して用いられていることが確認できない限りは算定しないのが安全と言えます。

より詳しい情報はポータルサイトでも

今回の記事のような、薬剤師の専門情報はネット検索でもなかなか見つからなかったりします。

より詳しくまとまった情報は、薬剤師のポータルサイトを活用するのも選択肢です。

無料で使える大手の薬剤師ポータルサイトだとm3.com日経DIの2種類が有名どころですね。

m3.comは業界ニュースの他にも、薬剤師掲示板の機能があり、通常のネット検索では見つからないような情報、他の薬剤師の考えなども知ることができます。

閲覧だけでも勉強になりますが、もちろん自分で質問をして回答をもらうこともできます。

m3例

上記はm3.comの薬剤師掲示板の一例です。

日経DIも業界ニュースが読みやすい形で配信されています。こちらは薬剤師掲示板の機能はありませんが、処方薬辞典など使いやすいコンテンツがあります。

ちなみに登録完了までは、1〜2分かかるので、正直少し面倒くさいです。勤務先とかも入力する必要があるので。

しかし、今やらないと後ではもっとやる気にならないので、メリットを感じる場合は今、登録しても良いでしょう。

デメリットとしては、ニュースメールとかが来るようになります。登録するメールアドレスはご注意ください。

勤務先情報を登録しますが、勤務先に電話とかがかかってきたり、本人確認が来ることはないでその点は安心してください。

薬剤師掲示板が便利/m3.comの登録ページへ移動する

 

スポンサーリンク
02 事務・調剤報酬・レセプト
ヤクサキ 薬剤師その先へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました