ユリスが発売|新規の尿酸再吸収阻害薬の特徴や薬価など

新規の尿酸再吸収阻害薬として、ユリス(一般名:ドチヌラド)が発売となります。

ユリスの特徴などについて確認しています。

ユリスの特徴|ユリノームなどとの違いは

ユリス(一般名:ドチヌラド)は尿酸再吸収阻害薬に分類されます。

効能又は効果は「痛風、高尿酸血症」。

近年はフェブリクやトピロリックなど、尿酸生成抑制薬の方がメジャーだった感じがあるので、排泄促進薬の方で新しく出てくるのは少し画期的ですね。

具体的な作用機序は、腎臓における尿酸の再吸収に関与するトランスポーターであるURAT1を選択的に阻害することにより、糸球体でろ過された尿酸の尿中排泄を促進し、血中尿酸値を低下させる、とのこと。

つまり、尿酸の再吸収を抑制して、尿中に出すってことですね。当然尿は酸性に傾くので、結石とかは注意。酸性になる場合はアルカリ化を図ることと、「重要な基本的注意」に記載あり。まぁ、ウラリットあたりが適当ですかね。

ユリノーム(ベンズブロマロン)との違いですが、基本的な作用であるURAT1の阻害という面では同じ作用機序。細かいその他の部分に違いがあるみたいですね。ちなみにベネシッドとは再吸収の部位が違う。まぁベネシッドは今やほぼ使われないので、一回おいときます。

ユリノームとの細かな違いですが、まずは、CYP2C9の阻害ですかね。ユリスはワルファリンとの併用注意がないので、この点使いやすい点です。ユリスもCYP2C9の阻害があるみたいですが、程度が異なる様子。

あとは、警告・禁忌に関して、劇症肝炎の警告、および肝障害、腎結石・高度の腎機能障害、妊婦などの禁忌はなし。

用法も少し違いがある。ユリノームは1日1〜3回。ユリスは1日1回。ただし、ユリスは漸増が必要。この辺が処方拡大に影響は有りそうな感じ。

ユリスの承認と発売日は

ユリスは2020年1月に承認(承認日:1月23日)されています。

製造販売が富士薬品、販売が持田製薬となっています。

発売は通常、何もなければ承認から2、3ヶ月が多いですが、現時点で薬価も未収載なので、少し遅れている様子ですかね。2020年4月、5月あたりが濃厚でしょうか。

投与日数制限と長期処方の解禁日

新しい成分であるため、ユリスは発売日からから1年は14日投与制限となりますね

長期処方の1年後から解禁となるので、2021年の4月、5月とかですかね。

ユリスの薬価

ユリスは現時点では薬価未収載です。

同じ作用機序のユリノームが基準の一つになると考えられますが、だいぶ古い薬なので、かなり安いんんですね。ユリノーム錠25mgが12.6円。ユリノーム錠50mgが18.8円。

もしかしたら系統が変わりますが、フェブリクあたりの方が基準になるのかも。フェブリク錠10mgが32.1円。

フェブリクは一応、維持量が40mgなので、フェブリク錠40mgの110.1円が、ユリスの維持量である2mg錠と同じくらいになる可能性もあるかも。。。

ユリスの用法用量

開始が0.5mgを1日1回。

尿酸値見ながら徐々に増量。添付文書上の維持量は2mg。最大が4mg。使い方はユリノームというよりは、フェブリクとかに似ている感じ。

用法及び用量
用法及び用量に関する説明
通常、成人にはドチヌラドとして1日0.5mgより開始し、1日1回経口投与する。その後は血中尿酸値を確認しながら必要に応じて徐々に増量する。維持量は通常1日1回2mgで、患者の状態に応じて適宜増減するが、最大投与量は1日1回4mgとする。

用法及び用量に関連する注意
尿酸降下薬による治療初期には、血中尿酸値の急激な低下により痛風関節炎(痛風発作)が誘発されることがあるので、本剤の投与は0.5mg1日1回から開始し、投与開始から2週間以降に1mg1日1回、投与開始から6週間以降に2mg1日1回投与とするなど、徐々に増量すること。なお、増量後は経過を十分に観察すること。

余談ですが、薬局に在庫する規格が悩ましいですね。

規格はユリス錠0.5mg、ユリス錠1mg、ユリス錠2mgの3種類。

フェブリクの現実をみると、案外最小規格の10mgで継続しているケースが少なくない。20mgで止まるケースも多く、40mgまでいく人は結構少数派なんですよね。

と考えると、まずは0.5mgと1mgだけで良いのかもしれない。。。

ユリスの服薬指導

ユリスの服薬指導はそこまで複雑じゃないですね。

1日1回、0.5mgから開始。特に食後の縛りなどもなし。もちろん発作がある場合は開始せず、服用中に発作が出た場合は用量変えずに継続。尿の酸性化に注意が必要なので、下半身の痛みなどは注意喚起。積極的な水分摂取をすすめる。

調剤報酬改定2020は不正請求をしないように

2020年4月から新しい調剤報酬がスタートしますが、対人業務に着眼点がシフトしてきており、今までの調剤報酬と毛色が違ってきている内容もあります。

レセプトも厳しくなってきている中で、曖昧な基準で加算をし、算定要件を満たさないと不正請求とも判断されかねないので、正確な内容の把握が必要です。

新たな調剤報酬の内容の詳細を、わかりやくまとめて確認する場合は、薬剤師のポータルサイトの利用が一般的です。

m3.com:エムスリー株式会社が運営
日経DI:株式会社 日経BPが運営

大手だと上記の2種類ですが、情報の偏りをなくす意味でも複数利用するのが良いでしょう。

なお、いずれも会員登録が必要ですが、無料で使えます

m3.comは業界ニュースの他にも、薬剤師掲示板の機能があり、個々の加算の具体例や、現場の薬剤師が疑問に思うことなどが日々議論されています。

閲覧だけでも勉強になりますが、もちろん自分で質問をして回答をもらうこともできます。

日経DIも業界ニュースが読みやすい形で配信されています。薬剤師掲示板の機能はありませんが、処方薬辞典などこちらも使いやすいコンテンツが無料で使えます。

m3.comで登録する情報>
・好きなログインID、パスワード、氏名、生年月日、性別、メールアドレス
・医療資格(「薬剤師」を選択)
・勤務先名と都道府県

日経DIで登録する情報>
・メールアドレス、パスワード、氏名、生年月日、性別
・医療資格(「薬剤師」を選択)
・勤務先名、住所、連絡先
・国家資格取得年 等

今後は、これらの薬剤師ポータルサイトなどを利用して自分の中でしっかりとした算定基準を持つことをが必要です。レセプトの返礼の嵐なんてことにならないようにしっかり継続学習しましょう。

それぞれの公式登録サイトは以下の通りです。

m3.comの登録ページはこちら

日経DIの登録ページはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする