漸増・漸減投与の調剤料、レセプト請求について

漸増投与、漸減投与の際の調剤料、レセプトについて注意点をまとめました。

同じ成分であれば1剤として計算

平成28年4月より、同一成分であっても同一剤型が複数ある場合は「その数にかかわらず1剤として算定する」とされています。

したがって、漸増投与、漸減投与の場合は同一成分の薬の服用量もしくは服用時点が変わるだけであるため、1剤として計算するのが正しいカウント方法と言えます。

❕付録:薬剤師クイズ 〜疑義照会が必要かも〜❕

70代男性、以下の継続処方あり。

Rp.1)ジャヌビア50mg 1錠
分1 朝食後     30日分
Rp.2)アジレクト1mg 1錠
分1 朝食後     30日分
Rp.3)アミティーザ24μg 2cap
分2 朝夕食後    30日分

主訴)
・便秘はまだ続いている。薬続けて様子みるよ。
・腰も痛い状態が続いてて、整形で痛み止めのカプセルが追加になった。
・最近トイレに起きる回数が多くて。尿が出るのも少し時間がかかるかな。

上記の患者さんで疑義照会が必要な可能性があります。

投与日数は全てを合わせた日数で

漸増投与、漸減投与は服用量、服用時点が変わっても同じ成分であれば前述のとおり1剤としてカウントしますが、その際の投与日数は全ての日数をたした合計となります。

用法は例外の1剤としてカウントする

漸増投与、漸減投与のうち、服用回数が途中で変わるようなケースでは、例外的な1剤として、調剤料を算定できると考えられます。

最初は朝夕食後で1週間使用し、その次の週は朝食後だけで服用する、などのケースでは朝食後、朝夕食後の服用方法薬剤といずれも別の1剤として算定できると考えらえます。

上記の根拠として、保険調剤Q&A(平成30年度版 発行:株式会社 じほう)のQ45において、リウマトレックスの例があげられており、漸減投与・漸増投与の服用回数が途中で変わる場合も同じ解釈ができると考えられるためです。

 

 

より詳しい情報はポータルサイトでも

今回の記事のような、薬剤師の専門情報はネット検索でもなかなか見つからなかったりします。

より詳しくまとまった情報は、薬剤師のポータルサイトを活用するのも選択肢です。

無料で使える大手の薬剤師ポータルサイトだとm3.com日経DIの2種類が有名どころですね。

m3.comは業界ニュースの他にも、薬剤師掲示板の機能があり、通常のネット検索では見つからないような情報、他の薬剤師の考えなども知ることができます。

閲覧だけでも勉強になりますが、もちろん自分で質問をして回答をもらうこともできます。

m3例

上記はm3.comの薬剤師掲示板の一例です。

日経DIも業界ニュースが読みやすい形で配信されています。こちらは薬剤師掲示板の機能はありませんが、処方薬辞典など使いやすいコンテンツがあります。

ちなみに登録完了までは、1〜2分かかるので、正直少し面倒くさいです。勤務先とかも入力する必要があるので。

しかし、今やらないと後ではもっとやる気にならないので、メリットを感じる場合は今、登録しても良いでしょう。

デメリットとしては、ニュースメールとかが来るようになります。登録するメールアドレスはご注意ください。

勤務先情報を登録しますが、勤務先に電話とかがかかってきたり、本人確認が来ることはないでその点は安心してください。

薬剤師掲示板が便利/m3.comの登録ページへ移動する

 

スポンサーリンク
02 事務・調剤報酬・レセプト
ヤクサキ 薬剤師その先へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました